電気温水器や石油給湯器からガス給湯器への切り替え

電気温水器や石油給湯器からガス給湯器への切り替え

今回はガス給湯器以外の温水機器からガス給湯器への切り替えについてです。

現在お使いの温水機器が電気温水器(エコキュートを含む)や石油給湯器の方へのご提案になります。

まずはそれぞれの温水機器の特徴、メリット、デメリットについてです。

電気温水器

深夜電力を利用し温水を本体に貯湯するタイプが一般的です。メリットとしてはオール電化など電気料金プランによっては光熱費を押さえることができる場合があります。デメリットとしては貯湯式のためタンク内の温水を使い切ると貯まるまでに時間がかかり家族構成によっては不便な場合があります。また長期の海外旅行や出張で電源を落として出かけると帰宅した時にすぐにお湯が使えないなど事が挙げられます。また、本体が大きい為、1人での作業や搬入・搬出・運搬が困難な場合が多く必然的に交換に伴う工事費は他の温水機器に比べて高くなりがちです。ランニングコストは電気料金のプラン次第ですがイニシャルコストは高めということになります。

石油給湯器

灯油を燃料にしてお湯を沸かします。貯湯式と直圧式があります。メリットとしてはガスに比べて灯油の単価が安いためランニングコストを押さえることができます。デメリットとしては灯油の補充が必要なこと、灯油の単価が以前に比べて高止まりしていること、メーカーや機種が限定されるため本体の価格が崩れていないためイニシャルコストは高めになります。また石油給湯器は流通量の関係で都市部の販売店や施工店ではあまり在庫を持っていないため急な故障などの際には当日の交換が難しい場合があります。

ガス給湯器

都市ガス、プロパンガスなどを燃料にしてお湯を沸かします。現行モデルは全て瞬間式のため蛇口を捻ればすぐにお湯が使えます。メリットとしては都市部では流通量が圧倒的に多いため価格もメーカー希望小売価格に対して割引率が大きい場合が多いです。デメリットは特にありませんがガス供給業者などのガスショップと一般の工務店、ネット専門店との価格差が大きいため、全く同じ商品の価格差が5万円以上ある場合があります。また、ガス会社ブランド(東京ガス、東邦ガス、大阪ガスなど)の商品もあり、選択肢が多い分、専門知識がない一般の方が業者に勧められるままにオーバースペックの商品を設置されて無駄な費用を支払っている場合があります。

電気温水器からガス給湯器への切り替えをご希望のお客様

台所のコンロはガスを使用し、温水は電気温水器をご利用のお客様は比較的簡単にガス給湯器へ交換ができます。特に元々ガス給湯器を使用していた場合は電気温水器の付近までガス配管が生きている場合があります。もともと電気温水器の場合でも台所でガスを使用している場合、敷地内にガスメーター、ガス配管がありますのでそこから分岐してガス給湯器まで配管を延長することができます。水道管や給湯管、追焚管はそのまま利用できます。オール電化での新築の場合は都市ガスを敷地内に引き込むか、プロパン供給業者に依頼してプロパンのガスボンベとガスメーターを設置し配管をする必要があります。プロパンの場合は長期間の使用を条件にお値打ちにガス配管の設備工事をしてくれる供給業者があります。もちろん弊社でも良心的なプロパン供給業者をご案内できる場合がありますので気になる場合はお気軽にお電話下さい(ガス給湯器、電気温水器、石油給湯器、住宅設備のことならリフォームコールセンター 0120-05-7549

石油給湯器からガス給湯器への切り替え工事も電気温水器と同じで、台所でガスを使用している場合は比較的安価にガス給湯器へ交換ができます。石油給湯器のデメリットでも記載しましたが、本体価格の値段が崩れていないため石油給湯器から石油給湯器への交換よりも石油給湯器からガス給湯器へ交換したほうがトータルの金額が安くなる場合が多いです。一度、両方の見積りを取って比較することをお勧めします。(ガス給湯器、電気温水器、石油給湯器、住宅設備のことならリフォームコールセンター 0120-05-7549