ガス給湯器の凍結には要注意

ガス給湯器の凍結には要注意

今回は、ガス給湯器の凍結に関する記事を書きたいと思います。

冬になると、普段は温暖な地域でも、寒波の襲来で、気温は氷点下になり、雪が降ることもあると思います。
もともと寒い地域であれば、寒冷地用のガス給湯器を設置し、凍結防止策も採られていると思いますが、そうでない地域では、想定外の気温の低下で、ガス給湯器の凍結のトラブルが発生することがあります。

夜間に気温が下がって、ガス給湯器が凍結してしまっても、日中に気温が上昇し、凍結が解消されるのであれば、何とかなりますが、寒い日が何日も続くと、凍結が解消されず、配管の破裂による水漏れなどの危険が増してしまいます。

凍結によるガス給湯器の破損は、保証期間内であっても、有料での修理になってしまいますので、あらかじめ、凍結予防の対策をきちんと採っておくことが、大切になってきます。

防止策1 / 凍結予防ヒーターと自動ポンプ運転による方法

多くのガス給湯器には、外気温が低下すると、自動的にガス給湯器内を保温するヒーターが組み込まれており、ガス給湯器の凍結を防止します。
また、追いだき機能付きのガス給湯器では、外気温が低下すると、ガス給湯器に内蔵されているポンプで、浴槽水を自動的に循環し、追いだき配管を含めた凍結を防止します。
(これらの機能を利用する場合は、ガス給湯器の電源プラグが入っていること、浴槽の循環アダプターより10cm以上高くなるまで水を張っていることが必要です。)

防止策2 / 配管内の水を常に動かし、配管内の水が凍らないようにする方法

寒冷地に行くと、よく目にする光景ですが、蛇口を完全に閉めずに、細く水を流し続けることで、配管内の水を常に動かし、配管内の水が凍らないようにします。

防止策3 / 配管内から水を完全に抜いて、凍る水をなくしてしまう方法

お手軽な方法ではないですし、配管内から水を抜くことで、その間ガス給湯器が使用できなくなってしまいますが、ほぼ確実に凍結を防止できる方法です。
水抜きの方法は、ガス給湯器のメーカーや機種により異なることがありますので、取扱説明書を確認しながら行うのが良いと思います。