高効率給湯器は全国にどのくらい設置されているか

高効率給湯器は全国にどのくらい設置されているか

お財布にも、地球環境にも優しい高効率給湯器ですが、全国にどのくらい設置されているのか、調査してみました。
総務省統計局の全国消費実態調査から、高効率給湯器に関するデータのみを抽出し、グラフ化してみました。(縦軸は世帯数、横軸は世帯主の年齢です。)

高効率給湯器の設置数

高効率給湯器の世代別設置率

2014年のデータですので、3年前のデータということで、少し古いですが、高効率給湯器の設置率を調査するには、良いデータです。

グラフの数字から計算してみますと、

高効率給湯器が設置されている世帯の割合は、

全体 31.5%
40歳未満 38.2%
40歳~49歳 34.3%
50歳~59歳 30.7%
60歳~69歳 32.1%
70歳以上 25.8%

高効率給湯器の設置率は、全世代の平均が約31.5%で、全体の傾向では、世帯主の年齢が低いほど設置率が高く、世帯主の年齢が高いほど設置率が低くなっています。

40歳未満で、高効率給湯器の設置率が高いのは、やはり、月々のガス料金が安くなるという、経済的な理由が大きいと推測できます。

60歳~69歳の世代でも、高効率給湯器の設置率が少し上がっていますが、こちらは、経済的理由よりは、環境への配慮という側面が大きいかもしれません。

このグラフを見ますと、その他に、40歳未満の世帯数が、非常に少ないことが分かります。
60歳~69歳の世帯数と比較しますと、約55%の世帯数です。
40歳未満の世帯数が、全世帯数に占める割合も、約14%しかありません。

日本ではすでに、65歳以上の人口が、全人口の25%(4分の1)を超えてしまっていますが、このグラフからも、高齢化が進んでいることが分かります。

この調査は、5年に1回の調査なので、次回の調査は、2019年になりますが、現在の高効率給湯器の市場での売れ行きから判断しますと、その頃には、高効率給湯器の設置率が、50%を超える程度まで高くなっているのではないかと、期待します。