ガス給湯器エラーコード140・エラーコード14の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード140・エラーコード14の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード140、または、エラーコード14の内容は、給湯器メーカー各社で、多少表記が異なりますが、「過熱防止装置、温度ヒューズ作動」「過熱防止装置作動」「壁面火災安全装置(温度ヒューズ)作動」など、ガス給湯器内部が異常過熱した場合に、温度ヒューズ(過熱防止装置)が溶断することにより、発生するエラーです。

ガス給湯器内部が異常過熱する原因には、

  • 排気不良で、排気熱がガス給湯器内にこもる。
  • 炎検出器や制御弁の動作不良で、正常時よりも、炎が大きくなったり、ガス供給量が多くなったりする。

などが考えられます。

エラーコード140、または、エラーコード14が表示されたとき、使用者側でできる対処方法は、ほとんどありません。

修理、あるいは、買い替えが必要となりますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者など、専門業者にご相談ください。