エコジョーズとエコキュートはどちらがお得?

エコジョーズとエコキュートはどちらがお得?

マイホームを新築される方は、給湯システムとして、エコジョーズ(ガス)を選ぶか、エコキュート(電気)を選ぶかで、迷われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

結論から言いますと、オール電化でなければ、エコジョーズのほうがメリットが大きいと思います。

エコジョーズとエコキュートのメリット・デメリットを、下の表にまとめましたので、参考にしてください。

お湯切れの心配

エコジョーズ エコキュート
なし
エコジョーズの燃料はガスなので、必要なときに必要な量だけ、瞬間的にお湯を沸かすことができ、お湯切れの心配がありません。
あり
エコキュートは、安い深夜電力を使用して沸かしたお湯を、タンクに貯めておくシステムのため、親戚や友人が家に遊びに来て、いつもよりお風呂のお湯を多く使う状態になると、タンクのお湯を使い切ってしまうことがあります。

騒音

エコジョーズ エコキュート
燃焼音のみ発生
お湯を沸かすときに、わずかに燃焼音が発生するだけです。
低周波騒音が発生
お湯を沸かすときに、低周波の騒音が発生します。
しかも、深夜電力を使用する時間が長いので、深夜に低周波の騒音が発生する場合が多いです。

飲用水

エコジョーズ エコキュート
飲用できる
瞬間的に沸騰させたお湯なので、飲用ができます。
飲用できない
タンクに長時間貯められた水は、水質が変わっていたり、水垢を含んでいる可能性があるため、飲用ができません。

エネルギー効率

エコジョーズ エコキュート
高い
エコジョーズは、ガスを直接燃焼してお湯を沸かすので、エネルギー効率が高いです。
低い
エコキュートは、電気でお湯を沸かすので、発電所でのエネルギーロスや、送電ロスが大きく、エネルギー効率は、ガスほど高くありません。

設置場所

エコジョーズ エコキュート
狭い場所にも設置できる
本体が小さいので、狭い場所にも設置でき、設置工事にかかる時間も短いです。
広い場所がないと設置できない
本体が大きいので、広い場所がないと設置できず、設置工事にかかる時間も長いです。

本体費用・設置費用

エコジョーズ エコキュート
安い
機器本体が小さく安いです。
機器本体が小さいため、設置費用も安いです。
4人家族で使用できる機器で、平均15~35万円程度かかります。
高い
機器本体が大きく高いです。
機器本体が大きいため、設置費用も高いです。
4人家族で使用できる機器で、平均45~75万円程度かかります。

運転費用

エコジョーズ エコキュート
高い
お湯を沸かすためのガス代は、深夜電力を使用する場合より高くなります。
4人家族で、平均6~8万円程度です。
安い
安い深夜電力を使用してお湯を沸かすので、ガス代より安くなります。
4人家族で、平均4~6万円程度です。

このように比較しますと、総合的に見て、エコジョーズのほうが、エコキュートよりもメリットは大きいと思います。

エコジョーズは、使いたい時に、使いたい量だけお湯を沸かせますが、エコキュートは、「日中の電気料金が高い時間帯には、できるだけお湯を沸かさない」「お湯切れしないように、考えながらお湯を使う」など、不便を感じるところがあると思います。

費用の面から言いますと、10年間使用して、エコジョーズとエコキュートのトータルの費用は同じくらいになります。
10年以上使用すれば、コスト面ではエコキュートのほうがお得になるのですが、機器自体が10年程度で故障する場合が多いので、オール電化でなければ、やはり、エコジョーズのほうをお勧めします。