世界の給湯器事情

世界の給湯器事情

日本では浴槽にお湯を貯めて、冷めたら沸かし直たり、たし湯をして家族で使いまわすのが一般的なお風呂のイメージだと思います。
実はこれは日本独特の文化で、給湯器のガラパゴス化とも言えます。
海外の多くは浴室にシャワーとトイレ、洗面化粧台があり、浴槽もあったり、なかったりです。
給湯器の機能も至ってシンプルで、給湯専用か暖房機能付きの給湯専用が主流です。
設置場所は屋外壁掛けか屋内設置(FF式、FE式)など、日本との違いはありません。

海外に行った時に給湯器で驚いたことは、低層階のマンションのベランダに設置されているガス給湯器が鋼鉄の檻で囲んであったことです。
理由を聞いてみると、給湯器が盗まれる恐れがあるため、鋼鉄の檻で防衛しているとのことでした。
日本だと家の外壁などに普通に設置してあるガス給湯器が盗まれるという事件はそうそう無いと思いますが、海外では意外にポピュラーな事件なのかも知れません。

日本では安全性から一部の豪雪地帯を除き、ほぼ屋外設置に推奨しています。
海外では盗難や高層集合住宅など諸事情により、意外に都市圏でも屋内設置のガス給湯器が主流のようです。

リフォームコールセンターでは屋外設置型ガス給湯器はもちろん、屋内強制給排気型(FF型)ガス給湯器や屋内強制排気型(FE型)ガス給湯器を取り扱っております。
ガス給湯器の調子が悪くなってきたら、迷わず遠慮なく、リフォームコールセンターまでお問い合わせください。
フリーダイヤル:0120-05-7549、E-mail: