「ヨコハマネイビーブルー」のガスふろ給湯器が発売される

「ヨコハマネイビーブルー」のガスふろ給湯器が発売される

相模鉄道9000系のリニューアル車両の運行を記念して、車両と同じ「ヨコハマネイビーブルー」に塗装されたガスふろ給湯器が、2016年11月14日に、相鉄リフォーム(横浜市泉区)とガスター(神奈川県大和市)から発売されます。

「ヨコハマネイビーブルー」のガスふろ給湯器が発売される

発売されるガスふろ給湯器は、リンナイ製の「RUF-E2405AW」を、「ヨコハマネイビーブルー」に塗装したもので、一般に販売されている給湯器には無い塗装色ですが、ヨコハマをイメージした濃紺色からは、高級感のある印象を受けます。

今回の発売は、相模鉄道を中核とする相鉄グループが、2017年12月に創立100周年を迎えることから、相模鉄道沿線の企業とタイアップして、沿線活性化と認知度向上を図るための取り組みとのことです。

リンナイ製のガスふろ給湯器が使われている理由は、発売元であるガス機器メーカーのガスターが、リンナイのグループ会社であるためです。