業務用給湯器のメンテナンスにIoTを利用

業務用給湯器のメンテナンスにIoTを利用

ここ数年、情報家電をはじめとした家電製品に、IoT(Internet of Things・モノのインターネット)が利用されはじめています。

IoTとは、様々な「モノ」をインターネットに接続し、インターネットを通じて、その「モノ」のデータを収集し、様々な用途に利用する技術です。

現時点で、IoTでやりとりされているデータには、

「モノ」自体や周囲の環境データ
温度、湿度、気圧、照度、騒音

「モノ」の動作データ
衝撃、振動、傾斜、転倒、落下、移動

「モノ」の位置データ
存在検知、近接検知、通過検知

「モノ」の開閉データ
ドア・窓・戸棚・引き出しの開閉

などがあります。

具体的な利用例としては、

  • バスの到着案内をリアルタイムで通知
  • スマートフォンでタクシーの配車サービス
  • 自販機の稼働状況を自動収集
  • 気温・湿度・土壌の状態などのデータを基に農業に活用
  • 着用型ウェアラブル端末による自身の健康状態の記録・管理・医師との共有

などがあります。
上記はほんの一例で、今後IoTは、ますます利用されていくことになると思われます。

そんなIoTの波は、給湯器業界にもやって来ました。
安川情報システムが提供するIoTサービスを、給湯器メーカーのリンナイが自社の業務用給湯器の遠隔保守システムに採用したそうです。

業務用給湯器は、病院・高齢者向け施設・ホテル・工場などで多く使用されており、給湯器が故障することで、業務に大きな影響を与えます。
そこで、給湯器に遠隔監視ユニットを搭載し、給湯器の使用状況を把握することで、適切な保守を適宜実施できるようにしたそうです。

今後は、収集した使用状況のビッグデータを、機械学習や人工知能を利用して、故障予知などに活用していく方向とのことです。

どんどん便利な世の中になっていきますね。