投稿

賃貸住宅で給湯器が故障した場合の対応

賃貸住宅で給湯器が故障した場合の対応

賃貸住宅で給湯器が故障した場合は、まず、お住いの賃貸住宅の管理会社、または、大家さんに連絡を入れてください。

賃貸住宅の場合、給湯器は元々「備品」として設置されていますので、借主が故意に壊したり、勝手に改造したりしなければ、基本的に貸主が修理や交換の費用を負担することになっています。

誤って、借主が直接、給湯器メーカーや給湯器修理・交換業者などに連絡し、修理・交換依頼をしてしまうと、修理・交換費用が自己負担になってしまう場合もありますので、ご注意ください。

賃貸住宅に設置されている給湯器は「備品」ですので、経年劣化による故障に対しては、貸主が修理・交換する義務を負いますが、同時に、借主が勝手に修理・交換して良いものでもありません。

給湯器が使用できない状態が長く続きますと、生活にも不便が生じると思います。
給湯器が故障した場合は、まず、お住いの賃貸住宅の管理会社、または、大家さんに連絡を入れ、早めに修理・交換していただくのが良いと思います。

ほとんどの賃貸住宅の管理会社では、提携している給湯器の修理・交換業者がいると思いますので、迅速に対応していただけると思います。

給湯器が故障したとき、修理よりも交換をおすすめする理由

給湯器が故障したとき、修理よりも交換をおすすめする理由

保証期間が過ぎた従来型の給湯器が故障したとき、給湯器の使用期間がよほど短くなければ、私たちも含めた多くの給湯器の販売・工事業者は、修理よりも交換をおすすめすると思います。

これは、業者が自社の利益のために、新しい給湯器をできるだけ多く販売したい、という理由もあるかもしれませんが、今回ご説明させていただくのは、それとは別の理由です。

まず、給湯器の交換にかかる費用を考えてみます。
最近は、給湯器の販売・工事業者間の競争が激しく、給湯器の交換にかかる費用は、かなり安くなっています。

新品の給湯能力20号のエコジョーズガスふろ給湯器でも、工事費込みで150,000円以内で交換できると思います。

さらに、給湯器の性能は、従来型の給湯器と比較して、かなり高くなっており、従来型の給湯器を修理して使用し続けるよりも、新品のエコジョーズ給湯器に交換したほうが、月々のガス料金もかなり安くなります。

それに対し、修理する場合はといいますと、まず、修理に必要な部品は、ほぼ定価で買わなければなりませんし、修理スタッフの出張費・技術料もかかります。
修理全体にかかる費用は、壊れた箇所や状況にもよりますが、15,000~60,000円と、かなりの金額になります。

例えば、「故障した従来型給湯器を40,000円で修理をして、修理後2年間使用できた場合」と、「故障した従来型給湯器を新品のエコジョーズ給湯器に交換した場合」を比較してみます。

比較の条件は、次のように仮定します。

  • 故障した従来型給湯器とエコジョーズ給湯器では、年間のガス料金は、エコジョーズ給湯器のほうが、15,000円安いと仮定します。
  • エコジョーズ給湯器の耐用年数は10年とし、交換費用は総額150,000円と仮定します。
  • 従来型給湯器は、10年前に200,000円で設置したと仮定します。

上記の条件を基に計算しますと、

エコジョーズ給湯器への交換費用を使用年数で割って、1年間にかかる費用を出すと…

150,000円 ÷ 10年 = 15,000円

エコジョーズ給湯器は、従来型給湯器より、年間のガス料金が15,000円安いので、エコジョーズ給湯器への交換費用は相殺されて…

15,000円 – 15,000円 = 0円

従来型給湯の修理には、40,000円かかり、修理後2年間使用できたので、240,000円の従来型給湯器を、12年間使用できたことになり、その費用を使用年数で割って、1年間にかかった費用を出すと…

240,000円 ÷ 12年 = 20,000円

従来型給湯器を修理せずに、10年間使用した後、エコジョーズ給湯器と交換した場合、従来型給湯器の設置費用を使用年数で割って、1年間にかかった費用を出すと…

200,000円 ÷ 10年 = 20,000円

上記の条件では、従来型給湯器を修理して12年間使用した場合と、10年間使用した後、修理せずにエコジョーズ給湯器に交換した場合とでは…

20,000円 – 20,000円 = 0円

となり、結果、費用の面ではどちらも同じになります。

費用が同じになりますので、敢えて修理を薦める業者もいない、ということです。

愛知県名古屋市天白区でガスふろ給湯器の交換をしました

愛知県名古屋市天白区でガスふろ給湯器の交換をしました

昨日は名古屋市天白区でガスふろ給湯器の緊急工事をしました。
設置されていたガスふろ給湯器は、ノーリツ製のGT-2028SAWX(2007年製)で、自動湯はりができなくなっていました。

使用年数も10年で、まだ給湯機能は使えましたので、修理という選択肢もありましたが、お客様のご要望で、交換する事になりました。

ガスふろ給湯器の修理の場合、部品代と出張費、技術料を合わせると、平均で2~3万円は必要になりますし、修理して故障箇所が直っても、経年劣化していますので、他の箇所がいつ故障してもおかしくありません。

完全に故障してから交換するよりは、まだ使用できるうちに交換する方が、商品や取替業者、価格など余裕をもって比較ができます。

今どき、見積もりは無料が当たり前ですし、見積もりを取ったからと言って、必ず交換する必要はありませんので、給湯器の調子が悪くなったら、まずお見積もりを取ることをお勧めいたします。
もちろん、複数の業者でお見積もりを取って、価格を比較してください。

さて、今回はリンナイ製のRUF-A2005SAW(A)に交換することになりました。
ガスふろ給湯器のメーカーを、ノーリツからリンナイに変更した決め手は、ノーリツのメーカー保証が2年であるのに対し、リンナイは、本体同梱の所有者登録のはがきを郵送することで、メーカー保証が2年から3年に延長されるところでした。

ガスふろ給湯器は、メーカーが異なっても、給湯・追いだき・自動湯はりなど、機能的には差がありませんので、特殊な機種、設置状況でなければ、メーカー不問で交換できます。

交換工事は、約2時間で完了しました。
テスト運転とお客様への説明も含めて、思いのほか早く終わったので、お客様にも喜んでいただけました。

施工前:ノーリツ製ガスふろ給湯器 GT-2028SAWX

ガスふろ給湯器施工前GT-2028SAWX

施工後:リンナイ製ガスふろ給湯器 RUF-A2005SAW(A)

ガスふろ給湯器施工後RUF-A2005SAWA

リフォームコールセンターでは、どこよりも早く、どこよりも安くを目指して、日々営業いたしております。
ガス給湯器、ビルトインコンロ、レンジフード、トイレなど、住宅に関することなら何でもご相談ください。

リフォームコールセンターでは、屋外設置型ガス給湯器はもちろん、屋内強制吸排気型(FF型)ガス給湯器や、屋内強制排気型(FE型)ガス給湯器も取り扱っております。

ガス給湯器の調子が悪くなってきたら『迷わず、気にせず、遠慮せず』リフォームコールセンターまでお問い合わせください。

フリーダイヤル:0120-05-7549

耐塩害仕様ガス給湯器

耐塩害仕様ガス給湯器

今回は、耐塩害仕様のガス給湯器について紹介させていただきます。
海から300メートル未満の場所にお住まいの方は、ガス給湯器を取付・交換されるとき、標準仕様のガス給湯器ではなく、耐塩害仕様のガス給湯器をお選びください。

海から近く潮風があたる地域で、標準仕様のガス給湯器をご使用になりますと、腐食が進行し、思わぬ事故につながる場合があり、非常に危険です。

【塩害により腐食したガス給湯器】
塩害により腐食したガス給湯器

耐塩害仕様のガス給湯器には、標準仕様のガス給湯器にはない以下の耐塩害対策が施されています。

  • 耐熱・耐酸コーティングが施された排気ダクト
  • 耐塩害塗装が施された前板・本体
  • 排気口・金具類には、腐食しにくいSUS304ステンレスを使用
  • 外観ビスにも、腐食しにくいSUSステンレスを使用

耐塩害仕様ガス給湯器

また、耐塩害仕様のガス給湯器は、腐食しにくい処理は施されていますが、全く腐食しないというわけではありませんので、ガス給湯器の設置場所は、潮風が直接あたらない建物の風下に設置します。
やむを得ず、海岸面に設置する場合は、ガス給湯器に潮風が直接あたらないような防風処理を行う必要があります。

耐塩害仕様ガス給湯器の設置場所

各ガス給湯器メーカーとも、耐塩害仕様のガス給湯器を製造・販売していますが、受注生産となるため、1ヶ月程度の時間がかかります。
そのため、海から300メートル未満の場所にお住まいの方は、ガス給湯器の故障の前兆が見られた時点での、お早めのご対応をお薦めいたします。
また、塩害による故障・損傷での修理は、耐塩害仕様・標準仕様を問わず、保証期間内でも有料となりますので、注意が必要です。

バランス釜から壁貫通型給湯器へ交換

公営住宅(県営住宅・市営住宅)で、バランス釜から壁貫通型給湯器へ交換

今回は、県営住宅・市営住宅などの公営住宅でよく使用されているバランス釜(バランス式風呂釜)から、「ホールインワン」と呼ばれている壁貫通型給湯器への交換について、ご紹介させていただきます。(「ホールインワン」といっても、ゴルフではなく、壁貫通型給湯器のお話です。)

壁貫通型給湯器は、公営住宅向けとして普及したバランス釜の代替として開発され、最近は特に、バランス釜から交換される方が多くいらっしゃいます。

壁貫通型給湯器の良いところは、浴室内に浴槽と並べて設置されるバランス釜とは異なり、給湯器本体のサイズが小さく、本体のほとんどが、壁の穴に収まるところです。
そのため、バランス釜と比較して、浴室内により広い浴槽を設置することができます。
浴室が狭い公営住宅が多い中で、広い浴槽を設置することができるのは、大きなメリットとなります。

言葉での説明だけでは分かりにくいと思います。
以下の写真を見ていただければ、ご理解いただきやすいのではないかと思います。

カベピタ設置前

壁貫通型給湯器を設置する前の状態です。
浴室内に、バランス釜の設置スペースが必要なため、その分、浴槽のサイズを小さくしなければなりません。

カベピタ設置後

壁貫通型給湯器を設置した後の状態です。
浴室内に、バランス釜の設置スペースが必要ないため、その分、浴槽のサイズを大きくすることができます。
壁貫通型給湯器は、壁に空けられた穴にスッポリと収まっています。
バランス釜のときに使用していた壁の穴を、そのまま利用して設置できますので、新たに壁に穴を開ける必要もありません。

壁貫通型給湯器の種類

壁貫通型給湯器の種類は、他の一般的な給湯器と同様で、給湯専用タイプ、追いだき付きタイプ(オート、フルオート、マニュアル)、浴室暖房付きタイプがあります。
さらに、省エネのエコジョーズタイプもあります。
壁貫通型給湯器の給湯能力は、8~8.5号と16号の2種類があります。

壁貫通型給湯器のメーカー

壁貫通型給湯器は、現在のところ、ハウステック、リンナイ、ノーリツの3社が販売しています。
このうち、ハウステックは、「カベピタ」というシリーズ名で、壁貫通型給湯器本体と壁貫通型給湯器専用の浴槽・リモコン・水栓も販売しており、壁貫通型給湯器と浴槽・リモコン・水栓のセットで、非常にお値打ちに購入することができるので、バランス釜からの交換工事の件数も多く、壁貫通型給湯器といえば「カベピタ」というイメージも定着しています。

ガス給湯器の「リース」と「購入」では、どちらがお得なのか?

ガス給湯器の「リース」と「購入」では、どちらがお得なのか?

今年の梅雨は、梅雨らしくなく晴天が続きますね。
近所に植わっているアジサイの花も、暑さのせいで、心なしかお疲れ気味な気がします。

さて、今回は、ガス給湯器を取り付けるとき、交換するとき、「リース」と「購入」では、どちらがお得なのかについて、書いてみたいと思います。
まずは、「リース」と「購入」のそれぞれのメリットとデメリットをまとめてみます。

リース のメリットとデメリット

メリット

  • 月々の支払いだけで、ガス給湯器が利用できる。(標準工事費用も月々の料金に含まれているので、購入資金が不要。)
  • リース期間中の故障に関しては、修理費用がかからない。

デメリット

  • 標準工事費以外の、配管工事費・電気工事費・部材費・既設機器処分費などがかかる。
  • リース期間が終了すると、再リースもできるが、再リース期間中の修理に関しては、有料となる。
  • 契約終了後の選択肢は、「再リース」「新規リース」「使用中のガス給湯器を買い取る」「使用中のガス給湯器を取り外し、契約終了」のいずれかとなりますが、取り外して契約終了する場合も、取り外し費用は、お客様の負担になる。
  • 中途解約のとき、リース料金や取り外し費用をまとめて支払わなければならない。
  • 金利がかかる。
  • 割高になる。

購入 のメリットとデメリット

メリット

  • 最終的に、ガス給湯器が手元に残る。
  • 金利がかからない。
  • 安い。

デメリット

  • 購入のための初期費用が必要
  • 延長有料保証に加入していないと、メーカー無料保証終了後に故障した場合、修理費用がかかる。

リース購入のそれぞれのメリットとデメリットを書き出したところで、結局どちらがお得なのか、という問題に戻りますが、購入のための初期費用が出せる場合、あるいは、購入のためにリフォームローンが組める場合は、圧倒的に「購入」のほうがお得になります。

某ガス会社のリース契約で必要な費用と、弊社で購入される場合に必要となる費用を比較してみたいと思います。
下記は、24号 エコジョーズ 追いだき・暖房機能付き フルオートタイプ ガスふろ給湯器を設置した場合の10年間での比較です。

リースの場合
月々のリース料金 約4,300円 × 12ヶ月 × 10年 = 約516,000円

購入の場合
購入価格 約220,000円 + 10年延長保証 約15,000円 = 約235,000円

リースした場合と、購入した場合では、実に倍以上の金額の差があります。
1台リースすることで、2台以上が購入できる計算になります。
もちろん、受けられるサービスは同じです。

初期費用を抑えるためにリースをするということであれば、10年のリフォームローンを組んだほうが、圧倒的にお得になります。

また、某ガス会社のリース対象商品には、全て暖房機能がついています。
つまり、ご自宅に浴室暖房乾燥機や床暖房などの暖房機器が設置されていなければ、この暖房機能は、完全に不要な機能ですし、暖房機能が付いていることにより、月々のリース料金も高くなっています。

ご自宅に浴室暖房乾燥機や床暖房などの暖房機器が設置されていなければ、24号 エコジョーズ 追いだき付き フルオートタイプ ガスふろ給湯器でも、工事費・10年延長保証込みで、15万円程度の金額で購入できます。

上記のような理由から、結論としては、

ガス給湯器に関して、購入のほうが、リースより、圧倒的にお得! ということになります。

ガス給湯器を交換する際の注意点

ガス給湯器を交換する際の注意点

今回はガス給湯器の交換をする前に注意することをまとめてみました。

ガス給湯器の交換と見積りのタイミングについて

ガス給湯器の寿命は平均で12年前後と言われています。
ガス給湯器メーカーの設計年数も概ね10年を想定しています。
実際にお問合せのお客さまの多くが『12,3年使用していて急に壊れた』『2年前に修理したけど、設置して15年近くなるから交換をしたい』といった話が多いです。
ガス給湯器は屋外に設置されている場合が多いため故障するまであまり気にかける方はいないと思います。
ガス給湯器の故障や寿命のサインとしては、

  1. 以前に比べてお湯になるまでに時間がかかるようになった。
  2. お湯の使用量はあまり変わらないがガス料金が高くなった気がする。
  3. シャワーなど使用時に湯温が安定しない。
  4. ガス給湯器を使用すると大きな音がする。
  5. 排気口の周囲が錆びてきている。
  6. 本体から水漏れしている。
  7. リモコンにエラーコードが出ることがある。
  8. 設置後10年以上経過している。

などが挙げられます。
1~8のいずれかが該当する場合はまだ使用ができる場合でも事前の見積をお薦めします。

ガス給湯器の故障が多発するのが秋口から冬場にかけてです。
この時期はガス給湯器の取替業者も忙しくなり、すぐに交換ができず数日から1週間程度待たされることがあります。
繁忙期に高めの価格設定をしているような業者もありますので注意が必要です。

故障する前の時間的に余裕のある時に幾つかの業者に見積りをとっておくのが安心かと思います。
もちろん事前に見積りをとっていても冬場の繁忙期や年末年始などに故障して慌てるよりは故障する前に交換することをお薦めします。
自動車でも乗れるうちに次の自動車に乗り換えますよね? それと同じです。

業者選び

ガス給湯器を取り替えるのにはガスの種類、設置方法、ガスの接続方法などにより幾つかの資格が必要になります。

液化石油設備士
プロパンガスを使用のガス給湯器全般(屋外設置、屋内設置不問)

ガス可とう管接続監督者資格
都市ガスのガス可とう管の取り外しと接続、ガスフレキ管の再接続ができる資格になります。

簡易内管施工士
都市ガスのガスメーターより下流側でのガスコック交換や不ガスフレキ工事ができる資格になります。ただし、各ガス供給事業者への登録が必要になります。

特定消費機器監督者資格
バランス風呂釜、屋内強制排気型給湯器(FE式)、屋内強制吸排気型給湯器(FF式)の排気筒工事ができる資格になります。この資格のみではガスの接続工事ができません。

このようにお客様のお宅のガス給湯器の種類や設置状況、ガス種によって取り替えにあたり必要な資格は変わってきますが、免許がなくても自動車を購入できるのと同じでガス工事の免許がなくてもガス器具を購入したり販売したりすることが可能です。
実際に無資格で工事をしり、悪意は無いと思いますが保有資格ではできない工事をしている設備屋さんなどありますので注意が必要です。
資格が無い場合は適切な工事がされなかったり、適切な材料が使用されていない(あるいは無資格の場合はガス部材が仕入れられない為)ことがあり大変危険です。

※いずれの資格もリフォームコールセンターの職人は保有していますので安心してガス給湯器の取替をご依頼下さい。

業者選びでもう一つ重要な点があります。
設置状況やお客様の要望を確認せずに、ただ安い金額のみを伝えて来る業者には注意が必要です。
特に『他社の見積書を見せてくれればそれよりも安くしますよ』という業者は多いと思います。もちろん価格だけの話なら問題ありませんが、『元々の見積内容が正しいのか』『お客様の要望に添っているのか』『見積内容通りに工事ができるのか』『もっとお得な商品はないのか』など、しっかりとお客様からヒアリングや現場確認をしているかが重要です。

実際に他社の見積書だけ確認して現場に行ってみたら取付ができないから後日工事になったり、あるいは追加料金が発生するといった業者もあります。
リフォームコールセンターではお電話の際に十分に現場状況とお客様のご要望をお聞きして、必要な場合は無料で下見に伺うことも可能です。
もちろん見積フォームより現場写真を送って頂ければ、間違いのない見積もりをベストプライスでお出しいたします。

現場での追加費用は一切不要!ガス給湯器の取替を最安、最速・安心をモットーにお届けするリフォームコールセンター(フリーダイヤル:0120-05-7549

ガス給湯器の選び方<給湯能力で選ぶ場合>

ガス給湯器の選び方<給湯能力で選ぶ場合>

ガス給湯器の選び方<給湯能力で選ぶ場合>

『現在お使いのガス給湯器の号数は何号ですか?』お電話口で我々給湯器取替業者が必ず質問するフレーズです。
給湯器を交換する上で重要な要素の一つが給湯能力を示す号数になります。
号数とは、水温+25℃のお湯が1分間に出る量のことです。
1分間に24リットル出せれば、24号ということになります。

ガス給湯器の型番は、メーカーごとにアルファベットと数字で表記してあります。

例えばリンナイの場合、

RUF-A2005SAW  と記載されている場合は20号となります。
RUF-A2405SAW  と記載されている場合は24号になります。

パロマの場合は、

FH-2010AWL  と記載されている場合は20号になります。

ガス供給業者の専用ガス給湯器の場合は、HT4212ARS・・・など分かりにくい型番ですが、最初の数字の2桁がカロリー数を示しています。
数字が「42」の場合は24号、「35」の場合は20号、「28」の場合は16号に該当します。
ちなみに、ガス供給業者のガス給湯器も、リンナイやノーリツ、パロマなどがOEMで生産しています。

○○ガスを使用しているから○○ガスのガス給湯器を使用しなければならないという訳ではありませんので注意が必要です。

必ず相見積もりを取り、価格と工事内容、営業スタッフが専門的知識を有しているかなどを確認して、総合的に判断されることをお薦めします。
安くてお得だからと安易に決めてしまうことも、高いから安心と高をくくって決めてしまうことも、良い判断とは言えません。

どんな商品やサービスも一長一短があり、状況により適切な商品・サービスが変わってきます。
誠実対応のリフォームコールセンターなら、専門的な知識を有する営業スタッフが、お客様のご要望をお聞きして、ご要望に添った商品と工事を、安心価格でお届けします。
まずはお気軽に 0120-05-7549 または まで、お問い合わせ下さい。

話が脱線しましたが、各号数の給湯能力の目安として、下図をご参考ください。

ガス給湯器の給湯能力比較

また、ガス給湯器を交換する際に、給湯能力をアップさせることも可能です。
ただし、ガス給湯器の本体の給湯能力を上げても、既設のガスメーターの容量が小さかったり、ガス管が細い場合は、ガス給湯器で必要となるガス量を供給できないため、給湯能力が変わらなかったり、ガスメーターが容量オーバーで止まってしまう場合もあります。
同じように、ガス給湯器に水を供給する水道管が細くても、同様の結果となります。

ガス管と水道管のサイズに問題がない場合でも、給湯管が細い場合は、お湯を沸かせても蛇口や浴室まで送り出せないなど、期待はずれの結果になる場合もあります。
そのような理由から、簡単に『給湯能力がアップできますよ』という業者は怪しいと思った方がいいかもしれません。
常識的な業者は、必ず下見や写真での現場確認を行い、既存の配管のまま給湯能力をアップさせることができるのか、できないのか、配管やガスメーターを交換する必要があるのかなど適切に判断し提案してくれるはずです。

逆に給湯能力をダウンさせたいという場合も注意が必要です。
今まで同時にシャワーと台所で使用していた場合は必ず使い勝手が悪くなります。
最近では16号、20号、24号の本体価格には、あまり差がありませんし、交換工事費は基本的には同じなので、現在ご使用のガス給湯器と同等のガス給湯器への交換を推奨します。
なにしろ10年以上使用する訳ですから、少々の金額差は惜しむべきではありません。

給湯能力の変更を検討されているお客様からよく質問されるのが『給湯能力をアップするとガス料金が上がるのでは?』という質問です。
これは正しくもあり、誤解でもあります。
今までと同じお湯の使用量であれば、ガス料金は基本的に変わりません。
しかし、ガス給湯器の給湯能力をアップすることにより、一定時間内に供給できるお湯の量が増え、快適にお湯が使えるようになるため、これまで以上にお湯を使ってしまう場合は、ガス料金が上がってしまいます。
お湯の使用量を増やしたいので号数をアップする場合は、上記の理由から、ガス料金が上がることを前提にして考えていただく必要があります。

ガス給湯器の交換を検討されている方は、金額だけでなく、依頼される会社やお店のスタッフが専門的な知識を有しているかどうかを、必ず確認されることをお薦めします。
例えば、今回のブログの内容を質問されてみてはいかがでしょうか。

誠実対応のリフォームコールセンターなら、専門的な知識を有する営業スタッフがお客様のご要望をお聞きして、ご要望に添った商品と工事を安心価格でお届けします。
まずはお気軽に 0120-05-7549 または まで、お問い合わせ下さい。

梅雨時期の給湯器

梅雨時期の給湯器

本日は据え置き給湯機の取り替えを行いました。
戸建て建築の浴槽裏手に設置されている浴槽隣接型給湯器の取り替えです。

最近では、この浴槽隣接型(追い炊き2つ穴)給湯器も取り替え時期を迎えたため、減少傾向にあり後継機種を製造するメーカーも少なくなってきました。
今回の工事では、追い炊き配管を交換し、1つ穴用の循環金具を取り付けました。
同じ据え置き型での取り替えとなったため、使用した給湯器はリンナイ製のRUF-A2003SAGでした。

梅雨時期のRUF-A2003SAG

現在は屋外設置の場合、ガス消費量が少ないエコジョーズの需要が高まっていますが、ご予算やガス消費量などを踏まえると、すべての方にエコジョーズが良いというわけではありません。
お客様に現在の使い方や平均ガス消費量をご確認した後、ご提案しました。
追いだき交換工事が追加となったため、わずかに金額は上がってしまいましたが、お客様には価格・内容ともに大変満足をいただけました。

さて、工事の最中も残念ながら雨となってしまいましたが、東海地方でもついに梅雨入りとなったそうです。
梅雨にちなんで雨、、、と給湯器(笑)についての豆知識を紹介いたします。

一般的に1年を通して給湯器が壊れやすい時期は冬とされています。
その理由は、冬場に水温が下がることによって給湯器に負荷がかかること、そのほか凍結が原因となることが多くあります。

そして、続いて故障不具合が多い時期が梅雨もしくは秋雨などの雨の多い季節になります。
実際、私どものもとにも、電源が入らない、火がつかないといった問い合わせが多く入りますが、その原因としては、

・雨による機器内部の点火装置配線途中でのリーク電流
・炎検出装置の湿気による結露トラブル
・湿度過多による電子基盤の誤作動

などが挙げられます。

そもそもの設置環境が悪く雨が給湯器に入り込みやすい場合や、天候が回復し本体内部が十分に乾燥すると再度動く(点火する)こともあるため、一概に取り替えが推奨されるものではありませんが、年数の経過した給湯器(給湯器のメーカー設計年数は10年)や、少しの雨でも症状が出てしまう場合については、メーカーや私どものような販売・施工会社にご相談いただくことをお薦めいたします。

尚、リフォームコールセンターでは、通常オンラインでのお見積もりとさせていただいておりますが、上記のような現場の設置環境を判断する必要がある場合、お困りごとを直接ご相談されたい場合など、お住まいの地域によっては、ご訪問のうえ、下見させていただくことも可能です。
お気軽にお電話ください。
他社様のお見積り内容についてのご相談や東京ガス・大阪ガスなどの各ガス会社製造の給湯器についても、後継品・同等品をお値打ちにご案内いたします。
(ガス給湯器、電気温水器、石油給湯器、住宅設備のことならリフォームコールセンター 0120-05-7549

電気温水器や石油給湯器からガス給湯器への切り替え

電気温水器や石油給湯器からガス給湯器への切り替え

今回はガス給湯器以外の温水機器からガス給湯器への切り替えについてです。

現在お使いの温水機器が電気温水器(エコキュートを含む)や石油給湯器の方へのご提案になります。

まずはそれぞれの温水機器の特徴、メリット、デメリットについてです。

電気温水器

深夜電力を利用し温水を本体に貯湯するタイプが一般的です。メリットとしてはオール電化など電気料金プランによっては光熱費を押さえることができる場合があります。デメリットとしては貯湯式のためタンク内の温水を使い切ると貯まるまでに時間がかかり家族構成によっては不便な場合があります。また長期の海外旅行や出張で電源を落として出かけると帰宅した時にすぐにお湯が使えないなど事が挙げられます。また、本体が大きい為、1人での作業や搬入・搬出・運搬が困難な場合が多く必然的に交換に伴う工事費は他の温水機器に比べて高くなりがちです。ランニングコストは電気料金のプラン次第ですがイニシャルコストは高めということになります。

石油給湯器

灯油を燃料にしてお湯を沸かします。貯湯式と直圧式があります。メリットとしてはガスに比べて灯油の単価が安いためランニングコストを押さえることができます。デメリットとしては灯油の補充が必要なこと、灯油の単価が以前に比べて高止まりしていること、メーカーや機種が限定されるため本体の価格が崩れていないためイニシャルコストは高めになります。また石油給湯器は流通量の関係で都市部の販売店や施工店ではあまり在庫を持っていないため急な故障などの際には当日の交換が難しい場合があります。

ガス給湯器

都市ガス、プロパンガスなどを燃料にしてお湯を沸かします。現行モデルは全て瞬間式のため蛇口を捻ればすぐにお湯が使えます。メリットとしては都市部では流通量が圧倒的に多いため価格もメーカー希望小売価格に対して割引率が大きい場合が多いです。デメリットは特にありませんがガス供給業者などのガスショップと一般の工務店、ネット専門店との価格差が大きいため、全く同じ商品の価格差が5万円以上ある場合があります。また、ガス会社ブランド(東京ガス、東邦ガス、大阪ガスなど)の商品もあり、選択肢が多い分、専門知識がない一般の方が業者に勧められるままにオーバースペックの商品を設置されて無駄な費用を支払っている場合があります。

電気温水器からガス給湯器への切り替えをご希望のお客様

台所のコンロはガスを使用し、温水は電気温水器をご利用のお客様は比較的簡単にガス給湯器へ交換ができます。特に元々ガス給湯器を使用していた場合は電気温水器の付近までガス配管が生きている場合があります。もともと電気温水器の場合でも台所でガスを使用している場合、敷地内にガスメーター、ガス配管がありますのでそこから分岐してガス給湯器まで配管を延長することができます。水道管や給湯管、追焚管はそのまま利用できます。オール電化での新築の場合は都市ガスを敷地内に引き込むか、プロパン供給業者に依頼してプロパンのガスボンベとガスメーターを設置し配管をする必要があります。プロパンの場合は長期間の使用を条件にお値打ちにガス配管の設備工事をしてくれる供給業者があります。もちろん弊社でも良心的なプロパン供給業者をご案内できる場合がありますので気になる場合はお気軽にお電話下さい(ガス給湯器、電気温水器、石油給湯器、住宅設備のことならリフォームコールセンター 0120-05-7549

石油給湯器からガス給湯器への切り替え工事も電気温水器と同じで、台所でガスを使用している場合は比較的安価にガス給湯器へ交換ができます。石油給湯器のデメリットでも記載しましたが、本体価格の値段が崩れていないため石油給湯器から石油給湯器への交換よりも石油給湯器からガス給湯器へ交換したほうがトータルの金額が安くなる場合が多いです。一度、両方の見積りを取って比較することをお勧めします。(ガス給湯器、電気温水器、石油給湯器、住宅設備のことならリフォームコールセンター 0120-05-7549