投稿

バランス釜から壁貫通型給湯器へ交換

公営住宅(県営住宅・市営住宅)で、バランス釜から壁貫通型給湯器へ交換

今回は、県営住宅・市営住宅などの公営住宅でよく使用されているバランス釜(バランス式風呂釜)から、「ホールインワン」と呼ばれている壁貫通型給湯器への交換について、ご紹介させていただきます。(「ホールインワン」といっても、ゴルフではなく、壁貫通型給湯器のお話です。)

壁貫通型給湯器は、公営住宅向けとして普及したバランス釜の代替として開発され、最近は特に、バランス釜から交換される方が多くいらっしゃいます。

壁貫通型給湯器の良いところは、浴室内に浴槽と並べて設置されるバランス釜とは異なり、給湯器本体のサイズが小さく、本体のほとんどが、壁の穴に収まるところです。
そのため、バランス釜と比較して、浴室内により広い浴槽を設置することができます。
浴室が狭い公営住宅が多い中で、広い浴槽を設置することができるのは、大きなメリットとなります。

言葉での説明だけでは分かりにくいと思います。
以下の写真を見ていただければ、ご理解いただきやすいのではないかと思います。

カベピタ設置前

壁貫通型給湯器を設置する前の状態です。
浴室内に、バランス釜の設置スペースが必要なため、その分、浴槽のサイズを小さくしなければなりません。

カベピタ設置後

壁貫通型給湯器を設置した後の状態です。
浴室内に、バランス釜の設置スペースが必要ないため、その分、浴槽のサイズを大きくすることができます。
壁貫通型給湯器は、壁に空けられた穴にスッポリと収まっています。
バランス釜のときに使用していた壁の穴を、そのまま利用して設置できますので、新たに壁に穴を開ける必要もありません。

壁貫通型給湯器の種類

壁貫通型給湯器の種類は、他の一般的な給湯器と同様で、給湯専用タイプ、追いだき付きタイプ(オート、フルオート、マニュアル)、浴室暖房付きタイプがあります。
さらに、省エネのエコジョーズタイプもあります。
壁貫通型給湯器の給湯能力は、8~8.5号と16号の2種類があります。

壁貫通型給湯器のメーカー

壁貫通型給湯器は、現在のところ、ハウステック、リンナイ、ノーリツの3社が販売しています。
このうち、ハウステックは、「カベピタ」というシリーズ名で、壁貫通型給湯器本体と壁貫通型給湯器専用の浴槽・リモコン・水栓も販売しており、壁貫通型給湯器と浴槽・リモコン・水栓のセットで、非常にお値打ちに購入することができるので、バランス釜からの交換工事の件数も多く、壁貫通型給湯器といえば「カベピタ」というイメージも定着しています。

ガス給湯器の設置工事に必要なガスの資格

ガス給湯器の設置工事に必要なガスの資格

今回は、ガス給湯器の設置工事に必要なガスの資格について、紹介したいと思います。
ガス給湯器の販売・工事の業務をしていますと、時々お客様のお問い合わせで、ガス給湯器の設置工事を自分で行えないか、というご質問をいただきます。

しかしながら、ガスの資格・知識のない一般の方が、ガス給湯器の設置工事を行うのは、非常に危険ですので、決してやらないようにしてください。

ガス給湯器の設置工事を行っている業者は、以下のようなガスの資格を持っています。

ガス機器設置スペシャリスト

ガス機器設置スペシャリスト(略してGSS)は、ガス機器の設置工事に必要な高度な知識・技能を有していることを示しています。

ガス機器設置スペシャリストは「ガス機器設置技術資格制度」に基づく資格で、消費者が安全・便利に、かつ快適な生活を実現できるよう、優れた能力を持つ者が施工に当たることを目指し、優秀な設置・施工者を育成するために、ガス機器の設置に係る業界団体が創設したものです。

ガス機器設置スペシャリスト制度は、消費者に対して、

  1. 安心・便利なガス機器の提供
  2. 適正な設置工事
  3. 快適に使ってもらうための使用説明

の三つを確実に実行することを基本目的としています。

簡易内管施工士

簡易内管施工士資格は、都市ガス需要家におけるガス機器の移設工事に伴うガス栓の位置替や増設等の工事を行う際に、施工に必要な知識・技能を有していることをお客さまやガス事業者に証明する資格です。

この資格があると、ガスの圧力が低圧の一般家庭で、マイコンメーターが設置されている戸建住宅か集合住宅、または一般業務用建物の、マイコンメーターの下流側からガス栓までの露出部分におけるフレキ管による「ガス栓増設」「ガス栓・配管の位置替」等の工事ができるようになります。

ガス可とう管接続工事監督者

強化ガスホース及び金属可とう管を用いてガス機器とガス栓を接続する工事を行う場合、接続部の保安水準向上を図るため、所定の知識及び技能を有する監督者の基で工事が行われる必要があります。
この所定の知識及び技能を有する監督者が、ガス可とう管接続工事監督者と呼ばれます。

液化石油ガス設備士

液化石油ガス設備士は、液石法の対象となる一般家庭用等のLPガス供給設備・消費設備の設置工事、または変更工事(硬質管相互の接続、調整器やガスメータと硬質管との接続、気密試験の作業等)を行える資格です。

ガス消費機器設置工事監督者

ガス消費機器設置工事監督者は、以下のことができます。

ガス消費機器の設置や変更の工事の欠陥による災害の発生を防止するため、「特定ガス消費機器の設置工事の監督に関する法律」(以下「特監法」という)が定められており、ガス消費機器の内、構造や使用状況等からみて設置や変更の工事の欠陥に係るガスによる災害の発生のおそれが多い機器は、「特定ガス消費機器」と定められています。
この特定ガス消費機器に対し、その設置や変更の工事(「特定工事」といいます)を監督するか、あるいは、自らが施工することができます。