投稿

給湯器のエラーコード「88」「888」って何?

給湯器のお風呂やキッチンのリモコンに見慣れない数字が出たら、それは給湯器のエラーコードのことです。なにか不具合があると給湯器のリモコンに、その不具合を知らせる表示が出るようになっています。エラーコードを確認することで、どのようなトラブルが起きていて、どう対処すればよいかがわかります。

今回はエラーコードの中でも「88」または「888」が出た時について詳しくお伝えします。


給湯機器のリモコンに「88」または「888」を表示、または機器本体のランプ部が点滅したのは故障のお知らせではありません。
給湯器の設計標準使用期間(一般的な使用の場合、家庭用機器約10年・業務用3年)に基づき、点検時期をお知らせする機能です。
この表示は故障エラーではないためお湯はご使用可能ですが、今後も安全に使用していただくためにメーカーが推奨する点検「あんしん点検」(有償)の依頼をしましょう。

 

あんしん点検とは?
法令に準じて経年劣化に起因する製品事故を防止するため、メーカーが点検を行うことを推奨する有償点検です。
消費生活用製品安全法(消安法)に準じて、長期のご使用に伴い生じる経年劣化による製品事故を未然に防止するため、お客さまの申し出により点検(有料)を行います。

各メーカーとも料金は1万円前後で点検時間は60~100分程度のようです。

エラーコードをリセットするには?
ノーリツ、リンナイ、パロマ、などメーカーに関係なく「88」や「888」は点検(有料)後の解除と決まっており、サービスマンでしか対応できません。
ご自身でのエラーコードのリセットはできませんので、リセットするには各メーカーに連絡後、点検を受けるか機器交換をするしかありません。

 

各メーカーの問い合わせ先

<リンナイ>
リンナイ保守点検コールセンター
フリーダイヤル(無料):0120-493110

<ノーリツ>
ノーリツコンタクトセンター
フリーダイヤル(無料):0120-911-026
携帯電話からの場合(通話料が発生します):0570-064-910

<パロマ>
パロマ修理受付窓口
フリーコール(無料):0120-193-860


「88」もしくは「888」が表示されたときは
今後も安全に使用するために、メーカーに連絡後「あんしん点検」(有償)を受ける
新しい給湯器に買い換える

という選択肢になるかと思います。あんしん点検は有料ですので、壊れていなくても料金がかかってしまいます。点検後、不具合がみつかり部品の交換があった場合は追加で費用もかかってしまいます。また、10年以上使用すると部品を交換しても長く使える保証はなく、また別の箇所が故障してしまうことも考えられます。

「888」または「88」のエラーコードが表示されたということは、お使いの給湯器はすでに製造メーカーの定めた設計標準使用期間(耐用年数)が過ぎているということです。
使用環境や使用回数によっても劣化程度は異なりますが、耐用年数が過ぎた給湯器は、当然故障する確率も高くなりますので、点検のお知らせが出た時点で、新しい給湯器に取り替えることを考えるのも一つの選択肢になります。点検では異常がなくても10年以上過ぎた給湯器は突然故障する可能性もあります。点検のお知らせ表示が出たら、給湯器の買い替えも視野に入れておきましょう。

給湯器が故障!?お湯が出ない!慌てる前にまず自分でできる対処方法は

前回、給湯器の故障の原因と症状にはどのようなものがあるのかお伝えしました。
実際に、故障の症状でお湯が出ないと困ってしまいますが、症状によっては一時的な給湯器のエラーという場合や給湯器本体ではなく別の原因でお湯がでないという場合もあります。
慌てて専門業者に連絡する前にご自身で確認できるポイントと様々な故障の症状による対処方法をお伝えしますのでチェックしてみて下さい。

故障の症状別、対処方法

お湯が温かくなるまでに時間がかかる

冬の場合、夏と比べて給湯器に給水される水の温度が低いので、水を温めるまで時間がかかります。また、設定温度が低いと給湯器で温めたお湯がシャワーに届くまでに冷えてしまうこともあります。そういったときは、設定温度をいつもより高めに設定してみましょう。

お湯がぬるい・お湯がでない・水は出るがお湯にならない

・ガスメーターやガス栓に異常がある可能性があります。特に、地震が起こった直後はガスメーターの安全装置が作動して、ガスが使えなくなることがあります。安全装置が作動している場合は、ガスメーターの復帰ボタンを自分で押さないとガスの再使用ができないので注意しましょう。

・浴槽の中にフィルターにゴミや毛髪が詰まっていないか確認してみて下さい。

・給湯器の設定温度が低い可能性があります。設定温度を40℃以上にして、お湯が温かくなるか確認しましょう。ぬるいまま、冷たい水しか出ないというときは給湯器の点検・修理が必要です。

お湯も水も出ない

・1ヶ所の水栓のみでお湯や水が出ない場合は、水栓の不具合であることが多く、修理や交換が必要になります。

・複数箇所の水栓で出ない場合は、給水配管の凍結や給水バルブが閉まっている、リモコンのスイッチが入っていない、断水しているなどの原因が考えられます。

・配管が破損し、水漏れが起こっている可能性があります。水道メーターをチェックしてみましょう。家の蛇口を全て閉じているのに、水道メーターが回っている場合は、水を運ぶ配管が破損し、水漏れが起こっている可能性があります。この場合は、水道の元栓を閉めて水道業者に「漏水調査」を依頼し、どこで漏水が起こっているのかの調査と修理作業をしましょう。

水が出ない

水道管の凍結の可能性があります。冬場に、蛇口からお湯も水も出なくなったという場合は水道管が凍結している可能性があります。リモコンのスイッチをOFFにします。水道管の凍結は、日が昇るに連れて徐々に溶けていきますので、自然に氷が溶けるまで待ちましょう。熱湯をかけると配管やバルブの破損につながり結果、高額な修理が必要となる場合があるのでやめましょう。

お風呂のお湯はりの量が少ない

湯量の設定がリセットされている可能性があります。給湯器のリモコンの電源が一度切れると、設定がリセットされてしまいます。停電や節電の設定によって自動で電源が落ちるものもあるので、設定を確認してみましょう。

追い焚きができない

お風呂のフィルターが詰まっている可能性があります。フィルターの掃除を行ってみましょう。また浴槽の水が一定量ないと機能しないので、水を増やして再び操作してみましょう。

こげ臭い、異臭がする

不完全燃焼の可能性があります。給湯器本体の給気口や排気口に、ゴミやホコリがつまっていないか確認しましょう。何も詰まっていないときは、給湯器本体の劣化・破損による不完全燃焼の可能性があるので、専門業者に連絡をしましょう。

リモコンの電源が入らない

・電池切れの可能性があります。給湯器のリモコンには、電池式のものもあります。電池を入れる箇所がないかチェックしてみましょう。

・電気配線やリモコン基盤の破損の可能性があります。電気式のものの場合は、配線やリモコン本体の破損の可能性があります。この場合は、リモコンや給湯器に書かれている電話窓口に連絡しましょう。

リモコンにエラーコードが表示された

各メーカーのエラーコードを確認し、それに沿った対応をしましょう。エラーコードに従っても改善されないときはメーカーに問い合わせましょう。
下記が代表的なエラーコードになります。

011 給湯燃焼のタイムオーバー:電源を入れなおしてみてください。
111 給湯点火不良:電源を入れなおしてみてください。
140 過熱防止装置作動:修理または交換おすすめをします

リンナイのエラーコード
ノーリツのエラーコード
パロマのエラーコード


いかがでしたか?上記の症状であてはまるものがあればご自身で一度確認してみて下さい。
給湯器は構造上、自分で中を開けて故障を確認しようとするのは非常に危険です。無用なトラブル、出費を防ぐためにも上記の対処方法で故障の症状が改善されない場合は専門業者にみてもらいましょう。また給湯器の不具合を未然に防ぐためにも、日常的な点検を行うことも大切です。
また10年以上使用している給湯器の故障では修理よりも交換がおすすめです。

ガスふろ給湯器エラーコード112の原因と対処方法

ガスふろ給湯器エラーコード112の原因と対処方法

ガスふろ給湯器エラーコード112の内容は、「ふろ点火不良」です。
ふろ点火不良になる主な原因は、

  1. ガスが正常に供給されていないため、点火ができない。
  2. 点火装置が正常に動作していないため、点火ができない。
  3. 上記2つの原因の両方。

が考えられます。

エラーコード112が表示されたときは、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者などに連絡をされる前に、下記の点をご確認ください。

エラーコード112表示時の確認点1

まず、ガス栓が開いているかどうかを、ご確認ください。
ガス栓が閉じた状態ですと、ガス給湯器にガスが供給されませんので、点火不良となります。
ガス栓が閉じていた場合は、ガス栓を開いてから、再度、運転をお試しください。

エラーコード112表示時の確認点2

ガスコンロなどの他のガス器具の点火を、お試しください。
他のガス器具でも点火しない場合は、ガスメーターがガスを遮断している可能性がありますので、ガスメーターをご確認ください。

ガスメーターで、ガスが遮断されている場合は、ガスメーターの復帰操作を行うことで、再びガスが使用できるようになります。(復帰操作につきましては、インターネットなどで、ご利用のガス会社のガスメーターの復帰操作をご確認ください。)

復帰操作を行っても、ガスメーターが正常に復帰しない場合は、ご利用のガス会社に、ご連絡ください。

エラーコード112表示時の確認点3

ガス栓・ガスメーターが開いているにも関わらず、ガス給湯器が点火しない場合は、ガス給湯器を長時間連続使用したために、ガス給湯器の安全装置が働き、点火しなくなった可能性があります。

こういった状況の場合は、一度、蛇口を閉めた後、ガス給湯器リモコンの運転スイッチを、「切」「入」してから、再度、蛇口を開けてください。

上記の3点を確認・操作した後も、エラーが解消されない場合は、ガス給湯器内のガス供給に関わる部品である、ガス電磁弁・ガス比例弁などの故障、または、点火に関わる部品である、イグナイター・フレームロッドなどの故障が考えられますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者などに、ご連絡ください。

ガス給湯器エラーコード760の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード760の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード760の内容は、給湯器メーカー各社で、若干表記が異なりますが、「リモコン伝送以上」「リモコンとの通信異常」「2芯(リモコン)通信不良」など、ガス給湯器リモコンからガス給湯器本体に、正常に信号を送信できないときに発生するエラーです。

ガス給湯器エラーコード760の発生原因

  • リモコンが故障しているため、ガス給湯器本体に正常に信号が送れない。
  • リモコンとガス給湯器本体をつなぐ配線が、腐食などにより断線している。
  • リレーが故障しているため、ガス給湯器本体に正常に信号が送れない。

ガス給湯器エラーコードが表示されたときの対処方法

  • 給湯器リモコンの電源を一旦OFFにしてから、給湯器本体側の電源コンセントの抜き差し(リセット操作)を一度行う。

以上の対処法を行っても、エラーが解消されない場合は、リモコン・リモコン配線・リレーの交換などの修理、あるいは、給湯器本体の取り替えが必要となりますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者など、専門業者にご相談ください。

ガス給湯器エラーコード562の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード562の原因と対処方法

ガスふろ給湯器エラーコード562の内容は、給湯器メーカー各社で、若干表記が異なりますが、「湯張り電磁弁異常」「ふろ自動注湯流量異常」「注湯電磁弁異常」など、自動湯はり時に、給湯側から追いだき配管回路に注湯するための切替用の電磁弁が開かないときに発生するエラーです。

ガスふろ給湯器エラーコード562の発生原因

  • 切替用の電磁弁が、経年劣化により、起電力が弱くて開かない。
  • 切替用の電磁弁が、給湯器の内部配線の断線で開かない。
  • 切替用の電磁弁が、低温による凍結などにより、開かない。

ガスふろ給湯器エラーコード562が表示されたときの対処方法

  • 給湯器リモコンの電源を一旦OFFにしてから、給湯器本体側の電源コンセントの抜き差し(リセット操作)を一度行う。
  • 低温による凍結などが考えらえる場合は、日中の暖かい時間帯に、上記のリセット操作を行う。

以上の対処法を行っても、エラーが解消されない場合は、注湯電磁弁の交換などの修理、あるいは、給湯器本体の買い替えが必要となりますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者など、専門業者にご相談ください。

ガス給湯器エラーコード290の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード290の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード290の内容は、給湯器メーカー各社で、多少表記が異なりますが、「中和器水位異常」「中和器異常」「ドレン検知作動」「ポンプ故障(ドレン排水時)」など、エコジョーズタイプのガス給湯器に搭載されている中和器の故障、あるいは、中和器内部の詰まり、中和器から続くドレン排水路の詰まりなどで発生するエラーです。

エコジョーズタイプのガス給湯器では、機器の構造上、運転時にドレン水と呼ばれる酸性の排水が出ますが、中和器は、そのドレン水を中和するための部品です。

エラーコード290が表示されたときは、可能であれば、ドレン排水路が詰まっていないか、ドレン排水路の出口を確認してください。
ドレン排水路が詰まっていなければ、中和器の故障、あるいは、中和器内部の詰まりが考えられます。

中和器は、ガス給湯器の内部にあるため、ユーザー側でできる対処方法は、ありません。
中和器の交換などの修理、あるいは、買い替えが必要となりますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者など、専門業者にご相談ください。

ガス給湯器エラーコード140・エラーコード14の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード140・エラーコード14の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード140、または、エラーコード14の内容は、給湯器メーカー各社で、多少表記が異なりますが、「過熱防止装置、温度ヒューズ作動」「過熱防止装置作動」「壁面火災安全装置(温度ヒューズ)作動」など、ガス給湯器内部が異常過熱した場合に、温度ヒューズ(過熱防止装置)が溶断することにより、発生するエラーです。

ガス給湯器内部が異常過熱する原因には、

  • 排気不良で、排気熱がガス給湯器内にこもる。
  • 炎検出器や制御弁の動作不良で、正常時よりも、炎が大きくなったり、ガス供給量が多くなったりする。

などが考えられます。

エラーコード140、または、エラーコード14が表示されたとき、使用者側でできる対処方法は、ほとんどありません。

修理、あるいは、買い替えが必要となりますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者など、専門業者にご相談ください。

ガス給湯器エラーコード111の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード111の原因と対処方法

ガス給湯器エラーコード111の内容は、「給湯点火不良」です。
給湯点火不良になる主な原因は、

  1. ガスが正常に供給されていないため、点火ができない。
  2. 点火装置が正常に動作していないため、点火ができない。
  3. 上記2つの原因の両方。

が考えられます。

エラーコード111が表示されたときは、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者などに連絡をされる前に、下記の点をご確認ください。

エラーコード111が表示されたときの確認点1

まず、ガス栓が開いているかどうかを、ご確認ください。
ガス栓が閉じていますと、ガス給湯器にガスが供給されませんので、点火不良となります。
ガス栓が閉じていた場合は、ガス栓を開いてから、再度、運転をお試しください。

エラーコード111が表示されたときの確認点2

ガスコンロなどの他のガス器具の点火を、お試しください。
他のガス器具も点火しない場合は、ガスメーターがガスを遮断している可能性がありますので、ガスメーターをご確認ください。

ガスメーターで、ガスが遮断されている場合は、ガスメーターの復帰操作を行うことで、再びガスが使用できるようになります。(復帰操作に関しましては、インターネットなどで、ご利用のガス会社のガスメーターの復帰操作をご確認ください。)

復帰操作を行っても、ガスメーターが正常に復帰しない場合は、ご利用のガス会社に、ご連絡ください。

エラーコード111が表示されたときの確認点3

ガス栓・ガスメーターが開いているのに、ガス給湯器が点火しない場合は、ガス給湯器を長時間連続使用したために、ガス給湯器の安全装置が働き、点火しなくなった可能性があります。

この場合は、一度、蛇口を閉めた後、ガス給湯器リモコンの運転スイッチを、「切」「入」してから、再度、蛇口を開けてください。

上記の3点を確認・操作しても、エラーが解消されない場合は、ガス給湯器内のガス供給に関わる部品である、ガス電磁弁・ガス比例弁などの故障、あるいは、点火に関わる部品である、イグナイター・フレームロッドなどの故障が考えられますので、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者などに、ご連絡ください。

ガスふろ給湯器エラーコード632の原因と対処方法

ガスふろ給湯器エラーコード632の原因と対処方法

ガスふろ給湯器エラーコード632の内容は、給湯器メーカー各社で表記が多少異なりますが、「ふろ水流スイッチの故障」「ふろ循環不良」「ポンプ異常、循環水流スイッチOFF異常」「給湯・ふろ循環ポンプ異常」など、浴槽とガスふろ給湯器間のお湯の循環が不正常なときに出るエラーです。
つまり、「浴槽内のお湯をガスふろ給湯器が吸い込めなかったときに出るエラー」とお考えいただければ、良いと思います。

エラーコード632が表示されたときは、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者などに連絡を入れる前に、下記の点をご確認ください。

エラーコード632が表示されたときの確認点1

浴槽内にある浴槽循環フィルターに、目詰まりがないかを確認します。
浴槽循環フィルターとは、「浴槽内にある追いだき時にお湯が出てくる円形の網状のフィルター」です。
下図のように取り外し、目詰まりがあれば、それを取り除いてから、再運転を試してみてください。
(取り外し方法は、ガスふろ給湯器メーカーごとに、若干異なる場合があります。)

浴槽循環フィルター

エラーコード632が表示されたときの確認点2

炭酸ガスなど、発泡タイプの入浴剤を使用されている場合は、それが原因の可能性があります。
発泡した泡が追いだき配管内に入り込むことで、浴槽循環ポンプのセンサーなどに影響を与え、それがエラーの原因になっているかもしれません。

その場合は、一度浴槽に張ったお湯を完全に抜き、その後、運転ボタンを消して、数分待ちます。
数分経った後、再運転を試してみてください。

上記の2点を確認・改善しても、エラーが解消されない場合は、ガス会社・ガス給湯器メーカー・ガス給湯器修理・交換業者などに、連絡を入れてください。

給湯器のエラーコード一覧

給湯器のエラーコード一覧

今回は、給湯器に不具合が発生したときに、給湯器のリモコンに表示されるエラーコードに関する記事です。

給湯器のエラーコードは、1995年(平成7年)に、メーカー間で統一されていますので、給湯器のメーカーに依らず、同じエラー番号であれば、大体同じエラー内容を表しています。

給湯器のエラーコードは、3桁の数字から成り、最初の2桁は、不具合の「内容」を、最後の1桁は、不具合の発生した「箇所」を表しています。
(但し、給湯単機能で表示されるエラーコードは、最初の2桁だけになります。)

例えば、「112」というエラーコードの場合、最初の2桁は「11」で、「点火不良」を表し、最後の1桁は「2」で、「風呂側」を表すため、これらを合わせると、「風呂側の点火不良」という意味になります。

給湯器のエラーコードを一覧表にまとめますと、下表のようになります。

最初の2桁

コード 内容
03 浴槽排水栓、リセット不良
05 風呂アダプター、循環アダプター
10 自己診断機能動作
11 点火不良
12 途中失火
14 ハイリミットスイッチ、温度ヒューズ
16 沸騰検知、コントロール不能
17 漏水検知動作
19 漏電検知
25 水流スイッチ
31 サーミスター
32 サーミスター
41 水量センサー
43 水位センサー
50 部品全般、配管潰れ
51 ガス電磁弁
52 ガス比例弁
54 切替弁、三方弁
61 燃焼ファン
63 風呂ポンプ、循環ポンプ
71 電磁弁駆動回路
72 炎検出回路
73 電装ユニット設定ミス
90 給排気経路異常
99 燃焼異常

最後の1桁

コード 内容
1 給湯側
2 風呂側
3 暖房側
4 端末
0 共通箇所