投稿

ウイルス対策リフォームにおすすめの「セカンド洗面」

前回、タッチレス水栓についてお伝えしましたが、今回もウイルス対策として注目されているリフォームのおすすめを1つご紹介させていただきます!

ウイルス対策の基本は何と言っても手洗いです。洗面の手洗いスペースは一家に一カ所、通常バスルームに隣接する洗面脱衣室にあるのが一般的ですよね。コロナ渦の今注目されているのがセカンド洗面です。
セカンド洗面とは、洗面室ではない場所に設ける2つめの洗面スペースのことです。
新築の戸建て住宅ではセカンド洗面を取り入れる方も多く、リフォームでも注目されています。
実際にセカンド洗面を導入した人の満足度も高く、LIXILの調査ではセカンド洗面を設置した人の98%が満足しているという結果が出ています。
セカンド洗面には、一般的な洗面台よりコンパクトな洗面台や洗面ボウルを設けることが多く、今ではセカンド洗面のニーズに対応した様々な洗面のラインナップがありますので商品についても後程ご紹介します。まずはセカンド洗面におすすめの設置場所をご紹介します!

セカンド洗面におすすめの設置場所

 

玄関

・帰宅後すぐに手洗いができる
・来客の方にスムーズに手洗いをしてもらえる

やはりセカンド洗面で人気No.1の場所は玄関です。「ただいま」の後すぐの手洗い・うがいが出来ることでウイルスや花粉、汚れを家の中に持ち込まないようにできます。
また来客の方にもスムーズに手洗いをおすすめでき、わざわざバスルームに併設されている洗面所へ案内しなくてもよくなりますね。

2階の廊下

・朝の洗面所の混雑の解消
・2階の拭き掃除
・観葉植物の水やり

2階に洗面スペースがあれば、家族人数が多いご家庭では洗面を使いたい時間が重なる朝の時間もゆっくりと準備することができます。
また拭き掃除や観葉植物の水やりなどちょっとした水が必要な時にも1階と2階を往復しなくてもすみますね。

庭やバルコニーのそば

・庭の簡単な水やり
・土で汚れた手の手洗い
・洗濯できない手洗い品の洗い物に

お庭の近くにあると水やりやガーデニング中土で汚れた後の手洗いに便利です。
またバルコニーのそばにあれば洗濯物や手洗い品を洗った後にすぐ干すことができます。

寝室

・加湿器の水補充
・赤ちゃんのミルク作り
・メイクやフェイスケア
・高齢の方の介護

などお部屋の中にあることで生活が便利になりますね。最近では人気の設置場所が寝室で、採り入れる人も多く注目されておりおすすめです。

セカンド洗面設置の際の注意点

洗面台の設置には水回りの配管が必要

洗面台の設置には水回りの配管が必要になります。この場所に新しく洗面台を設置したい!と考えていても、配管位置などの関係から、希望する場所に洗面台を設置できない場合があります。
特に2階への設置は配管の延長が必要になるなど工事内容によっては費用が高くなるので設置できたとしても配管の工事で高い費用がかかってしまう可能性もありますので注意が必要です。

 

場所をとる
あたりまえですが、洗面台の設置は一定の場所が必要になってきます。希望の場所に設置できるかあらかじめイメージすることも大切です。
設置した場所によっては圧迫感を感じてしまうこともあるかもしれません。生活動線や設置場所のレイアウトを考えながら設置場所を考えましょう。

 

おすすめのセカンド洗面

 

LIXIL 「どこでも手洗い」

 

セカンド洗面におすすめのLIXILの商品をご紹介します。
リクシルの「どこでも手洗い」です。

https://www.lixil.co.jp/lineup/powderroom/dokodemo-tearai/

この商品はお好みのアイテムを自由に組み合わせて、いろんな場所にお気に入りの手洗空間をつくることができるシリーズです。

・手洗い器:4種類 工房や産地にこだわり厳選した手洗い器からえらぶことができます。

・カウンター:12種類(タイルカウンター全9色、木製カウンター全3色)

・水栓:2種類(一般的なクロム色とマットブラック)

手洗い器・カウンター・水栓をラインナップの種類の中から空間やお好みに応じて選ぶことができます。
上記のサイトから自分の好みのものでシュミレーションもできるので色々な組み合わせでイメージを確認することができます。
カウンターの奥行が30cm、幅も規格で決まっているタイプと設置する空間の広さに合わせて現場でカットできるタイプがあるので、壁から壁にぴったり納めることもできたりオープン設置も可能です。
一般的な洗面台にある収納スペースをなくして全体がコンパクトに設計されている点が特徴で、玄関先やトイレ、廊下などちょっとしたスペースにも納まります。洗面スペースにあまり広さがとれない場合や気軽に洗面台を取り入れたい場合などにおすすめの商品です。

 

*まとめ*
セカンド洗面台は、今ウイルス対策での手洗いの必要性からリフォームでもとても人気があります!
帰宅後すぐに手洗いができる玄関への設置が一番人気のようですが、寝室など2Fへの設置も注目されているようです。
ただし配管工事や設置場所が必要なので、設置可能かどうか予算もあわせてリフォーム前の確認が必要になってきますね。
ウイルス対策だけでなく家庭内での利便性もアップするセカンド洗面をぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか?

人気上昇中、安心・便利なタッチレス水栓

新型コロナウイルスの影響で新しい生活様式になり、感染症対策としての意識や行動にも変化があらわれるようになりました。感染症対策のため非接触ニーズが拡大していて、その中でも今注目されているのがタッチレス水栓です。
不特定多数の人が使用する手洗い場の衛生対策として今では介護施設、保育施設、学校や店舗など多くの場所で採用されています。
そもそもタッチレス水栓の歴史は1980年代、医療施設でのニーズの高まりが始まりのようです。以前は、感染症対策のため足踏み式水栓が使用されていましたが、より簡易な操作で水が出せるタッチレス水栓が主流になっていったのがタッチレス水栓の始まりになります。

家の中でも、仕事がリモートワークとなったり外出の自粛などで家で過ごす時間が多くなったことで家庭内の非接触にも注目が集まっていてタッチレス水栓の関心や需要が急増しているようです。
LIXILではタッチレス水栓の売上が対前年比43%増となるなど注目の高さがうかがえます。今回はそんなタッチレス水栓についてお伝えします。

そもそもタッチレス水栓とは?
タッチレス水栓とは、水栓に直接手を触れずに水の吐水や止水ができる設備のことです。水栓上部にに高性能センサーがついており、物や手の動きと距離を感知し、かざすとセンサーが反応して自動で水がでます。止めるときも物や手をかざすだけで止まる仕組みになっています。

今注目のタッチレス水栓ですがメリットもあればデメリットもあります。次にタッチレス水栓にはどんなメリットデメリットがあるのかをご紹介します。

<メリット>

①泡や汚れた手で触ることなく水が出せる

なんといってもタッチレス水栓の一番のメリットと言えるのではないでしょうか、帰宅後の手洗いや生肉など調理中の手でもレバーを直接触ることなく水を出すことができます。

②節水効果が期待できる

手がふさがっていてもかざすだけで水を止めることが可能なので、作業中に水が出しっぱなしになることを防ぎ節水になります。

③小さなお子様や高齢者にも使いやすい

レバー操作が必要ないので、奥にあるレバーに手が届きにくい小さなお子様にも使いやすいことや高齢になりレバーの開け閉めの操作に力が入らない場合なども感覚的に操作が可能です。

④掃除が楽

レバーハンドルがない分、レバーの周りや水栓の根元に水アカやカビが発生しにくくお手入れ回数も少なくなりお掃除も楽です。

<デメリット>

①停電時にタッチレス機能が使えなくなる

タッチレス水栓の操作は電気で行うため電源が必要となります。停電時には手動に切り替えて使う必要があるため、停電時に備えて手動での操作対応を覚えておく必要があります。

②手動の水栓での閉め忘れに注意

タッチレス水栓に慣れてしまうと別の場所で手動の水栓を使用したあとにレバーを閉める操作を忘れてしまうことがあるようなので注意しましょう。

③機種によってはセンサーの感度が高すぎたり低かったりする

選ぶ機種によってはセンサーが過度に反応してしまい意図せず水が出てしまったり、逆に感度が悪く手をかざしても反応しにくいなど、使い始めは慣れない操作に戸惑うことがあるかもしれません。

一見便利なタッチレス水栓でも、電気を使用するため電気工事が必要な点や停電時に使えず手動に切り替えて使用する必要があるなどのデメリットもあることをあらかじめ知っておく必要がありますね。タッチレス水栓の機能は現在浄水器付きやハンズフリー、乾電池タイプなど、多岐にわたりご家庭の用途に応じて選択肢があります。詳しくどんな機能があるのかを一緒に見てみましょう。

人気のタッチレス水栓 LIXIL ナビッシュ

キッチンのタッチレス水栓の国内の圧倒的なシェアと言えばやはりLIXILです。LIXILのタッチレス水栓の機能にはどのようなものがあるのでしょうか。

LIXILのタッチレス水栓「ナビッシュ」には大きく分けて2種類あります。

<ナビッシュハンズフリー>

上部に手をかざす必要がなく吐水口に内蔵されたセンサーが手や物を感知して自動で行えます。

<ナビッシュ>

水栓上部のセンサーに手をかざすことで連続して吐水。水を止める時はもう一度上部センサーに手をかざします。

ハンズフリーとは?
蛇口のハンドルやレバーに触れなくても、センサーで自動的に水を出したり止めたりができる点はタッチレス水栓と一緒です。ハンズフリーは吐水口部分にセンサーが設けられているため、吐水口の下に手を差し出すと自動的に水が出て、引き抜けばまた自動で水が止まる仕組みになっています。手をかざして止めるという動作が必要ないため不特定多数の人が使用する公衆トイレや商業施設のトイレなどに多く使用されています。
LIXILのタッチレス水栓ナビッシュにもハンズフリーが付いているタイプとないタイプで選ぶことができます。

 


ここからはLIXILナビッシュの便利な機能についてご紹介していきます。

<ルミナスサイン>適温が一目でわかる

対応する水栓タイプ:ナビッシュハンズフリー・ナビッシュ
光の色の変化で吐水温度が表示されるので一目で適温かどうかわかります。冬の湯待ちの煩わしさを軽減し、高温吐水時の危険表示にもなります。

<浄水専用先端タッチレススイッチ>浄水と原水の使い分けもカンタン

対応する水栓タイプ:ナビッシュハンズフリー・ナビッシュ
使用場面にあわせて使い分けできる2つのセンサー
それぞれのセンサーに手をかざすだけで浄水・湯水の吐水や止水がカンタンにできます。


<エコセンサー>湯水の使い分けが簡単だから更に省エネ

対応する水栓タイプ:ナビッシュハンズフリー・ナビッシュ
タッチレスのセンサー部に『エコセンサー』を追加。お湯を無意識に使うことがないため無駄な給湯エネルギーを使いません。使用場面に合わせてお湯と水を使い分けることで、従来品と比較して約31%の省エネ効果が期待できます。

<乾電池式>電源不要でリフォームにおすすめ

対応する水栓タイプ:ナビッシュ
電源がなくても設置ができる乾電池式が登場。電池ボックスもコンパクトなので場所を選びません。アルカリ乾電池単1形2本で電池寿命は約1年です。

※ 電池寿命は、水栓の使い方や頻度、設置環境により多少前後します。
※ 乾電池式はB6、B5タイプのみ。

まとめ

もしお近くにショールームなどがあれば、タッチレス水栓は実際にショールームでの体験することがおすすめです。水を出したり止めたり感覚的に操作することで便利さを実感することができると思います。感染対策や家庭内の利便性のためにもタッチレス水栓を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

トイレリフォームで人気がある便器の色は?

 

 

トイレは家の中でも小さな空間ではありますが、毎日使うところなので居心地

がいい雰囲気になるように便器の色選びについても失敗したくないですよね。

トイレ便器といえばホワイト一色のイメージが強いですが最近の便器はホワイトだけでは

なくカラーバリエーションが豊富な中から好きな色を選ぶことができます。

好きな色を選んで簡単にイメージチェンジができる分、豊富なバリエーションの中から

どの色を選ぶべきか迷ってしまうことが多いのではないでしょうか?

今回はトイレ便器の定番カラーから色選びのポイントについて調べてみました。

便器の色の中で一番人気なのがベージュ・アイボリーなどのクリアホワイトよりワントーン暗めの色が汚れも目立ちにくくて人気です。

真っ白な便器だと汚れが目立つことを気にされる方もおりますが、尿や便の変化を確認しやすいので健康が気になる方にはお勧めです。

また、ベージュ・アイボリー・クリアホワイトの人気色は、メーカーにも在庫として常備してあることがほとんどなので入手しやすいです。

これとは逆にカラー色の便器においては商品が届くまでに時間がかかることもありますが、トイレの雰囲気を変えて自分好みの個性を出せることが魅力的ですね。

しかしながら、将来的な故障で便座だけを交換する場合には同じカラー色の便座が生産中止などにより手に入らない場合も考えられますのでお気をつけ下さい。

 

 

TOTO

 

 

リクシル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パナソニック

 

また、トイレの便器以外の場所に個性を持たせることでトイレの雰囲気をお洒落に変える

方法もあります。

次にあげる壁紙・床材・トイレマット・ペーパーホルダー・照明の印象でも雰囲気が大きく変わりますのでトイレの便器をホワイト系にした場合には是非ともチャレンジしてみたいですね。

 

 

壁紙・床材

便器と壁紙の色の相性については色の系統を合わせると統一感が出るというのが色合わせの基本です。

やってみたけど、難しくてよく解らないという方は便器や壁を白やアイボリーで統一して

面積が狭い床にだけ色や柄を取り入れるのが簡単なイメージチェンジのやり方になります。

好きな色を便器に使うのが良いのか迷っている場合や、実際の便器の色としては無い場合には壁紙の色として選択してみるのも一つの方法です。

 

 

トイレマット・ペーパーホルダー

トイレに敷くトイレマットやトイレットペーパーをかけるペーパーホルダーなどの部分も

壁や床、便器に比べると面積は小さな部分ですが色が点在するとことでアクセントカラーとして

トイレの印象に影響があります。

 

 

照明

トイレの照明を選ぶ時には明るさだけでなく、照明の色によってトイレの雰囲気や色の見え方も異なってくるので重要なポイントになります。

電球色・温白色などの暖色系は温かみがあるので、リラックス効果が期待できます。また、夜中に何度もトイレに行く方には目に優しいので、その後の寝つきにも影響が出にくいです。

昼白色はトイレ空間が明るい空間になります。また、お掃除の際、汚れを見つけやすいのと尿や便の変化を確認しやすいので健康にが気になる方にはお勧めです。

 

 

まとめ

今回は色をテーマにご報告させていただきましたが、まずはどんな空間にしたいのかを考えて、その理想のイメージのもとに色を選んでいくと実現しやすいかもしれません。もし、理想のイメージが浮かんだら専門のリフォーム業者に相談してみるのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレの保証 LIXIL編

トイレはあまり故障するイメージはないかもしれませんが、便座が冷たい、暖まらない、シャワーが出ない、ノズルが戻らないなどといったウォシュレットに関する故障が起こることがあります。そういった場合、ヒーターや受光部や基盤の部品交換で修理費用が1~2.5万円程かかってしまいます。
そんな時、メーカーの無料保証期間内であれば、無料にて修理を行うことができます。また有料にはなりますが5年10年といった延長保証もあります。
今回はLIXIL(INAX)のトイレの保証範囲や保証年数についてまとめてみました。


保証の範囲

トイレの保証範囲は商品によって違います。便器やタンクが保証にふくまれない商品もありますので、トイレを確認して頂き、下の図を参考にしてみてください。オレンジ部分が保証範囲となります。

●タンクレストイレ・・・・・・・すべて保証対象
●シャワートイレ一体型・・・・・すべて保証対象
●収納一体型便器・・・・・・・・温水洗浄便座(シャワートイレ)のみ保証
●シャワートイレシートタイプ・・温水洗浄便座(シャワートイレ)のみ保証

保証年数

無料保証

●サティス、リフォレ(便座部)、アステオ、New PASSO、パッソ・・・・・通常保証期間2年→リクシルオーナーズクラブ登録後、保証期間5年

●プレアス,アメージュZAシャワートイレ,洋風便器、収納一体型トイレ・・・通常保証期間2年→リクシルオーナーズクラブ登録後、保証期間3年

リクシルには、通常保証期間を無料で延長できる制度があります。「リクシルオーナーズクラブ」に登録(所有者登録)するだけで保証期間の延長が可能です。

リクシルオーナーズクラブとは?
リクシルオーナーズクラブとはLIXIL製品を購入されたお客様が長く安心してご使用いただくための無料のサービスです。ご購入いただいた対象製品をご登録いただくと、通常2年間のメーカー保証を3年間や5年間に無料で延長できます。

有料延長保証

<LIXIL長期保証サービス>
一般家庭で使用される場合を対象とし、5年または10年間にわたりお得な料金で安心の修理対応・サポートを提供するサービスです。無料で何度も対応してもらえ、電話での修理依頼は24時間受付ています。保証期間は5年または10年から選べます。申込期限は製品引渡日または購入日から6ヶ月以内です。インターネットまたは商品に同梱されているハガキからお申込みができます。5年10年延長保証の料金

商品名 5年プラン料金 10年プラン料金
サティス(G・S・E)、アステオ、New PASSO、パッソ、リフォレ(温水洗浄便座のみ)、フロート トイレ(温水洗浄便座のみ)、リフレッシュシャワートイレ(タンクレス・ピタ・リラステージ用) 0円(料金は無料ですが、サービスへのお申し込みが必要となります。) 18,000円
上記以外 2,000円 14,000円

今回はLIXIL(INAX)のトイレについてまとめてみました。次回はTOTOについてお伝えします。

トイレの保証 TOTO編

前回はLIXILのトイレの保証についてお伝えしましたが、今回はTOTOのトイレの保証についてまとめてみました。


無料保証

TOTOのトイレ保証も商品ごとに保証範囲や保証年数が違いますので、確認してみてください。保証対象は一般家庭用のみで、一般家庭用以外(事務所、店舗、病院など)でご使用の場合の商品は保証の対象外となっています。

ウォシュレット一体形便器
<無料保証期間>
・便座部 …1年
・便器(陶器)部 …2年
・便器部防水機能 …5年
※衛生陶器の防水機能について:便器・タンクの陶器部で、衝撃などによる破損ではなく、陶器製造時に陶器内部に残った歪みによって自然に発生するひびや割れによる水漏れについては、保証期間を5年間としています。

<商品名>
・ネオレストNX・AH・RH・DH・AHW(レストルームドレッサー専用品)・RHW(レストルームドレッサー専用品)・ワンデーリモデル専用ネオレスト
・GG・GG-800・GG-J・ワンデーリモデル専用GG
・ZJ・ZC・ZR・ZX・NJ・HV

 

ウォシュレット(シートタイプ)
<無料保証期間>
・製品本体 …1年

<商品名>
アプリコット・S・SB・J・JS・BV・K・KF・KM・KS・KW

 

システムトイレ
<無料保証期間>
・電気機器部 …1年
・製品本体 …2年

<商品名>
レストパル、レストパルF

 

 

有料延長保証

無料メーカー保証期間を、5年間・10年間に延長できる制度です。お取付日またはお引き渡し日から3カ月以内にハガキがインターネットでいつでもお申し込みができます。
最初の保証料のお支払いで、期間中の修理費用(部品代・作業代・訪問料)は何度でも無料です。

<延長保証対象商品>

【ウォシュレット一体形便器】
・ネオレストNX・AH・RH・DH・AHW(レストルームドレッサー専用品)・RHW(レストルームドレッサー専用品)・ワンデーリモデル専用ネオレスト
・GG・GG-800・GG-J・ワンデーリモデル専用GG
・ZJ・ZC・ZR・ZX・NJ・HV
※ウォシュレット一体形取替機能部は、5年保証のみお申込みいただけます。10年・プラス5年保証はお申込みできません。

【ウォシュレット(シートタイプ)】
・アプリコット
・S・SB
・J・JS・BV
・K・KF・KM・KS・KW

【システムトイレ】
・レストパル
・レストパルF
※レストパル・レストパルFのプランからお選びいただいた商品が本保証の対象です。プラン以外からお選びいただいた商品、後付けされた商品は対象外です。
※レストパル・レストパルFの品番で申し込んだ場合、システムトイレ一式が保証対象となります。「ウォシュレット」の品番で申し込んだ場合、「ウォシュレット」部のみが保証対象となります。


2回に分けてお伝えしましたがいかがでしたが?メーカーごとに保証期間や料金が異なりますので、リフォームする際に参考にしてみて下さい。また保証期間や内容について知っておくだけで、急な故障にも慌てずに対応できますよ。トイレリフォームをされた際には、保証期間と保証内容をきちんと確認しておくことがおすすめです。保証書は封筒に入ったものや、取扱説明書と一体のものがあります。保証書を受け取ったら、販売店名・お買い上げ日が書かれているか確認し、ご自身の住所・氏名・電話番号の記入に誤りがないかよく確かめてください。保証書の無料修理の規定をよく読み、大切に保管してくださいね。

トイレ取替の撮影ポイント

今回はトイレリフォームのお見積もりをご依頼いただく中で、お客様からご質問が多いトイレの便器品番の撮影ポイントについて詳しくお伝えします。
どの写真を撮ったらいいか分からない方は参考にしてみて下さい。

トイレのリフォームの場合、現在設置されている便器の排水方式と同じ方法の便器を選択して頂く必要があります。
便器の排水の種類には『床排水』と『壁排水』の2種類のタイプがあります。戸建てや、 比較的新しいマンションは床排水タイプですが、マンションで便器の後側から壁との間に太い排水管がある場合は壁排水タイプです。

リフォームコールセンターでは、ご使用中のトイレがどの排水方法(排水芯・排水高)なのかを、便器の品番シールを写真に撮っていただき、確認させて頂いております。
TOTO、LIXIL(INAX)であれば便器の正面向かって左下の床付近ににシールまたは印字があり、便器の品番が記載されています。

タンクやウォシュレットに貼られたシールの品番では、排水方法が特定できません。必ず、便器に貼られたシールをご確認下さい。

TOTOの便器品番・・・アルファベット C、CS、CES等
LIXIL(INAX)の便器品番・・・アルファベット DC、GBC等

正確なお見積りを出させて頂くために、撮影のポイントをぜひ参考にしてみて下さい。トイレリフォームのご依頼お待ちしております。