投稿

ガス給湯器の寿命・耐用年数は何年くらい?

ガス給湯器の寿命・耐用年数は何年くらい?

ガス給湯器には、「設計標準使用期間」という期間が定められています。
設計標準使用期間というのは、標準的に使用した場合、設計上、使用できる期間のことです。
ガス給湯器の設計標準使用期間は10年なので、ガス給湯器の「設計上の耐用年数」は、約10年と考えていただければ良いと思います。

しかし、設計標準使用期間は、あくまで、「標準的に使用した場合の設計上の耐用年数」であり、実際の寿命とは多少異なります。
ガス給湯器メーカーは、設計標準使用期間を算定する際、下表のような標準的な使用条件に基づいて、耐用年数が10年以上になるように設計を行ないます。

給湯の標準使用条件

家族構成 4人世帯
用途 洗面・台所・湯はり・シャワー
季節 中間期(春・秋)
気温・湿度 20℃・65%
電源電圧・周波数 AC100V・50-60Hz
給水温度 15℃
出湯温度 40℃
1日使用量 456リットル
1日使用時間 1時間
1年使用日数 365日

ふろの標準使用条件

家族構成 4人世帯
用途 ふろの沸かし上げ・ふろのおいだき
季節 中間期(春・秋)
気温・湿度 20℃・65%
電源電圧・周波数 AC100V・50-60Hz
浴槽水量 180リットル
沸き上げ温度 40℃
沸かし上げ回数 1回/週
追いだき回数 5回/日
1年使用日数 365日

つまり、標準使用条件よりも厳しい環境下(高温多湿・塩害地域・高地・温泉地・井戸水や地下水の使用など)で使用した場合や、高い頻度で使用した場合は、10年もたないケースもありますし、逆に、標準使用条件よりも良い環境下で使用した場合や、低い頻度で使用した場合は、20年以上もつというケースもあります。

ただ、20年以上もつというケースは非常に稀で、平均的には、10年~15年の使用期間で、故障するというケースが多いです。

10年以上使用して故障した場合は、メーカーに修理用部品が残っている場合は、修理も可能ですが、修理後の先の寿命を考えますと、新しく購入したほうが割安になる場合がほとんどです。

給湯器のエラーコード一覧

給湯器のエラーコード一覧

今回は、給湯器に不具合が発生したときに、給湯器のリモコンに表示されるエラーコードに関する記事です。

給湯器のエラーコードは、1995年(平成7年)に、メーカー間で統一されていますので、給湯器のメーカーに依らず、同じエラー番号であれば、大体同じエラー内容を表しています。

給湯器のエラーコードは、3桁の数字から成り、最初の2桁は、不具合の「内容」を、最後の1桁は、不具合の発生した「箇所」を表しています。
(但し、給湯単機能で表示されるエラーコードは、最初の2桁だけになります。)

例えば、「112」というエラーコードの場合、最初の2桁は「11」で、「点火不良」を表し、最後の1桁は「2」で、「風呂側」を表すため、これらを合わせると、「風呂側の点火不良」という意味になります。

給湯器のエラーコードを一覧表にまとめますと、下表のようになります。

最初の2桁

コード 内容
03 浴槽排水栓、リセット不良
05 風呂アダプター、循環アダプター
10 自己診断機能動作
11 点火不良
12 途中失火
14 ハイリミットスイッチ、温度ヒューズ
16 沸騰検知、コントロール不能
17 漏水検知動作
19 漏電検知
25 水流スイッチ
31 サーミスター
32 サーミスター
41 水量センサー
43 水位センサー
50 部品全般、配管潰れ
51 ガス電磁弁
52 ガス比例弁
54 切替弁、三方弁
61 燃焼ファン
63 風呂ポンプ、循環ポンプ
71 電磁弁駆動回路
72 炎検出回路
73 電装ユニット設定ミス
90 給排気経路異常
99 燃焼異常

最後の1桁

コード 内容
1 給湯側
2 風呂側
3 暖房側
4 端末
0 共通箇所
塗装色を選べるガス給湯器

塗装色を選べるガス給湯器

今回は、給湯器の塗装色についての記事です。

一般に販売されている給湯器の塗装色は、各給湯器メーカーごとに決められた標準色を使用しています。
しかし、標準色がご自宅の壁面の色に合わないときなどは、受注生産となりますが、給湯器の塗装色を、給湯器メーカーが用意した塗装色の中から選ぶことができます。

受注生産のため、ある程度の時間もかかりますし、通常の給湯器価格に、塗装費用がプラスされますが、給湯器をお好みの塗装色にできます。

リンナイ、ノーリツ、パロマの3大給湯器メーカーでは、次のようなカラーバリエーションが用意されています。

リンナイの塗装色

リンナイでは、建物や周囲との調和のために、給湯器本体を外壁の色に合せて、下のカラーバリエーション基本20色の中から、選ぶことができます。

リンナイ給湯器塗装カラー

ノーリツの塗装色

ノーリツでは、建物外観のカラーに合わせて、標準色(GQホワイト)以外にも、16色の準標準色の中から、選ぶことができます。

ノーリツ給湯器塗装カラー

パロマの塗装色

パロマでは、建物の外壁に合わせて、下の20色の中から、選ぶことができます。

パロマ給湯器塗装カラー

3社に共通する同じ塗装色もありますが、各社少しずつカラーバリエーションが異なるようです。

リンナイガス給湯器の停電モードとは?

リンナイガス給湯器の停電モードとは?

リンナイの一部のガス給湯器には、万が一、停電になった場合でも、ガスと水道が使用可能であれば、給湯ができる「停電モード」という機能が搭載されています。

電気・ガス・水道のライフラインの中で、最も脆弱なのは、やはり「電気」ですので、大雪・地震などで、ガスと水道は使用できるが、停電が発生して電気が使用できないという状況は、確かにありそうです。

停電モードの使用方法

1. 大雪や地震などにより停電が発生。水道は使用できるが、冷たい水しか出ない。

停電モード1

2. 自動車のアクセサリーソケットに、停電対応ユニットのプラグを接続。自動車のエンジンをかけてから、停電対応ユニットの電源をオンにして、ガス給湯器の電源プラグを停電対応ユニットに差し込みます。(市販のドラムケーブルをご使用ください。)

停電モード2

3. 給湯器の台所リモコン(専用リモコン230Vシリーズ)の決定スイッチを5秒以上押して、「停電モード」に切り替えます。

停電モード3

4. 電気が復旧するまで、応急的にお湯が使用できます。

停電モード4

『ガス』給湯器なのに、結局『電気』が必要になるところが、少し悲しい気もしますが、ガス給湯器内の着火装置やセンサー類を動かすためには、多少の電気が必要となります。
その多少の電気を、自動車のバッテリーから取り出すようにしたのが、この「停電モード」です。

停電対応ユニット

停電対応ユニット

自動車のバッテリーから取り出した直流電源を、インバーターを介し、安定した交流電源に変換して、電気を供給するユニットです。
「停電モード」以外にも、最大消費電力が120W以下の製品に電気を供給できますので、ノートパソコン・ラジオ・携帯電話の充電などにも使用可能です。

長期使用製品安全点検制度

長期使用製品安全点検制度の対象となる給湯器などの製品

長期使用製品安全点検制度とは、2009年4月1日から施行された制度で、2009年4月1日以降に、製造または輸入し販売される対象製品9品目に対して、その所有者と製造・輸入販売者の双方に、点検・保守の責務を求める制度です。

対象製品

長期使用製品安全点検制度の対象となる製品は、下記の9品目で、これらの製品は「特定保守製品」と呼ばれ、製品ごとに設定された法定点検期間中に、点検を受けなければなりません。

  1. 屋内式ガス瞬間湯沸器(都市ガス用)
  2. 屋内式ガス瞬間湯沸器(プロパンガス用)
  3. 屋内式ガスバーナー付ふろがま(都市ガス用)
  4. 屋内式ガスバーナー付ふろがま(プロパンガス用)
  5. 石油給湯器
  6. 石油ふろがま(石油風呂釜)
  7. FF式石油温風暖房機
  8. ビルトイン式電気食器洗機
  9. 浴室用電気乾燥機

所有者の責務

  • 特定保守製品には、所有者の情報をメーカーに登録するための「所有者票」が同梱されているので、所定の事項を記入し、返送する必要があります。
  • 所有者には、経年劣化に起因する事故が生じた場合に、他人に危害を及ぼす恐れがあることに留意し、点検を受けることが求められます。

販売事業者の責務

  • 特定保守製品の販売時に、所有者に対し、所有者登録の必要があることを、説明しなければなりません。

製造者や輸入者の責務

  • 設計標準使用期間及び点検期間を設定しなければなりません。
  • 製品の所有者情報の管理をしなければなりません。
  • 点検など保守のサポート体制を整備しなければなりません。
  • 点検を通知しなければなりません。
  • 点検を実施しなければなりません。

所有者が、所有者登録と点検を受ける責務を果たさずに、火災・爆発・不完全燃焼による一酸化中毒などの重大事故が発生した場合は、所有者が、その責任を問われる事態になることもあるため、十分に注意する必要があります。

点検が必要な時期になると、製造者や輸入者から、郵送などによって、点検作業実施の通知が届くため、忘れずに点検作業を受ける必要があります。

ガス給湯器の防水性能

ガス給湯器の防水性能

昨日、名古屋市周辺は、ひどい豪雨で道路が冠水しました。
こういった豪雨の後は、ガス給湯器の調子が悪くなる場合も多いようです。

多くのガス給湯器は、屋外に設置されていて、雨ざらしになっていますので、雨の日は、ガス給湯器の調子が悪くならないか、心配される方もいらっしゃると思いますが、現在のガス給湯器は、多少の風雨で調子が悪くなるようなことはありません。

その理由は、ガス給湯器に使用されている電子基盤には、樹脂ポッティングという加工がされていて、電子基盤はすべてウレタン樹脂で保護されているためです。
そのようにして、電子基盤表面への水・ほこり・虫・腐食などからの影響を防いでいます。

【樹脂ポッティングされた電子基盤】

ガス給湯器基盤

とはいうものの、ガス給湯器は完全防水ではありませんので、大型の台風などで、横殴りの雨を長時間受けるなど、大量の水をかぶる状況では、電子基板がいくらウレタン樹脂で保護されているとはいえ、やはり調子が悪くなることもあります。

蛇口を開いても水しか出なくなり、ガス給湯器のリモコンを見たら、「11」または「111」のエラー番号が出ていた、という場合は、点火不良のエラーで、点火装置が湿気にやられてしまって、ガスに点火するための火花が飛ばなくなっている可能性があります。

そういった場合は、まずは、お使いのガス給湯器のメーカーのサービスセンターにご連絡いただくのが一番です。

ガス給湯器の凍結には要注意

ガス給湯器の凍結には要注意

今回は、ガス給湯器の凍結に関する記事を書きたいと思います。

冬になると、普段は温暖な地域でも、寒波の襲来で、気温は氷点下になり、雪が降ることもあると思います。
もともと寒い地域であれば、寒冷地用のガス給湯器を設置し、凍結防止策も採られていると思いますが、そうでない地域では、想定外の気温の低下で、ガス給湯器の凍結のトラブルが発生することがあります。

夜間に気温が下がって、ガス給湯器が凍結してしまっても、日中に気温が上昇し、凍結が解消されるのであれば、何とかなりますが、寒い日が何日も続くと、凍結が解消されず、配管の破裂による水漏れなどの危険が増してしまいます。

凍結によるガス給湯器の破損は、保証期間内であっても、有料での修理になってしまいますので、あらかじめ、凍結予防の対策をきちんと採っておくことが、大切になってきます。

防止策1 / 凍結予防ヒーターと自動ポンプ運転による方法

多くのガス給湯器には、外気温が低下すると、自動的にガス給湯器内を保温するヒーターが組み込まれており、ガス給湯器の凍結を防止します。
また、追いだき機能付きのガス給湯器では、外気温が低下すると、ガス給湯器に内蔵されているポンプで、浴槽水を自動的に循環し、追いだき配管を含めた凍結を防止します。
(これらの機能を利用する場合は、ガス給湯器の電源プラグが入っていること、浴槽の循環アダプターより10cm以上高くなるまで水を張っていることが必要です。)

防止策2 / 配管内の水を常に動かし、配管内の水が凍らないようにする方法

寒冷地に行くと、よく目にする光景ですが、蛇口を完全に閉めずに、細く水を流し続けることで、配管内の水を常に動かし、配管内の水が凍らないようにします。

防止策3 / 配管内から水を完全に抜いて、凍る水をなくしてしまう方法

お手軽な方法ではないですし、配管内から水を抜くことで、その間ガス給湯器が使用できなくなってしまいますが、ほぼ確実に凍結を防止できる方法です。
水抜きの方法は、ガス給湯器のメーカーや機種により異なることがありますので、取扱説明書を確認しながら行うのが良いと思います。

給湯器と熱源機の違い

「給湯器」と「熱源機」の違い

今回は「給湯器」と「熱源機」の違いについて書きたいと思います。
「給湯器」という言葉はよく聞きますが、「熱源機」という言葉はあまり耳にしないという方も多いのではないでしょうか。
実際、給湯器の販売・工事の仕事をしていますと、「熱源機」と「給湯器」は何が違うのか、というご質問をよくいただきます。

業界では「給湯器」と「熱源機」は、下記のように区別されています。

給湯器

沸かしたお湯そのものを利用する機器。
お風呂、台所、洗面台といった、蛇口からお湯を出すために利用する機器が「給湯器」と呼ばれます。

熱源機

お湯を沸かして、その熱を利用する機器。
床暖房や浴室乾燥暖房など、沸かしたお湯を循環させて利用する機器が「熱源機」と呼ばれます。

ただ、「熱源機」と呼ばれる機器にも、給湯の機能が付いているものが多いため、そのような機器は、「給湯暖房熱源機」「温水暖房付給湯器」などと呼ばれます。
こういった機器は1台で、お風呂・台所・洗面台などの給湯と、床暖房・浴室乾燥暖房などが同時に利用できます。

グッドデザイン賞を受賞した給湯器&給湯器リモコン

グッドデザイン賞を受賞した給湯器&給湯器リモコン

皆様は、グッドデザイン賞という賞をご存知でしょうか。
グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。

これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は39,000件以上にのぼります。
今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞となっています。

グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、優れたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。

グッドデザイン賞の「Gマーク」
グッドデザイン賞

給湯器業界でも、優れたデザインの給湯器や給湯器リモコンが、グッドデザイン賞を受賞していますので、以下に紹介いたします。

リンナイのガス給湯器リモコン300シリーズ

シンプルで直線基調にこだわり、室内インテリアにも調和する上質感のあるリモコンです。
必要最小限のスイッチのみを表に出し、設定操作スイッチはふたの中に配置することで、凹凸が少なくすっきりとした仕上がりになっています。
操作性はユーザビリティに配慮し、直感的に操作ができるように、光と音声でサポートします。
2016年度のグッドデザイン賞を受賞。

リンナイのガス給湯器リモコン300シリーズ

リンナイのハイブリッド給湯・暖房システム ECO ONE

先進システムの「ECO ONE」は、ビスや無駄なラインを排除し、スマートな一体感が実現されています。
本体カラーには、日本の住宅用外装部品のトレンドである「シャンパンメタリック」が採用されており、さまざまな外壁にマッチする色は、さり気なく存在感を放ちます。
また、一体型でありながら、狭小地への設置は現場に応じたレイアウトが可能になっています。
2015年度のグッドデザイン賞を受賞。

リンナイのハイブリッド給湯・暖房システム「ECO ONE」

パロマのエネルックリモコン「FELIMO(フェリモ)」シリーズ

取り付けられるそれぞれの場所、リビングと浴室を考慮した色調、形状、表面仕上げがされており、空間にとって調和性の高いデザインとなっていること、シンプルですっきりしたデザインだが、入浴時に眼鏡を外していても見やすいであろう、わかりやすさが配慮されていることが評価され、2015年度のグッドデザイン賞を受賞。

パロマのエネルックリモコン「FELIMO(フェリモ)」シリーズ

パロマのガスふろ給湯器「BRIGHTS(ブライツ)」シリーズ

さまざまな種類・天候・時間で変化する外壁と調和するメタリックベージュのカラーリングと、住宅外構のトレンドがスッキリしたことで、着用が増えた配管カバーとの一体感が高く評価され、2014年度のグッドデザイン賞を受賞。

パロマのガスふろ給湯器「BRIGHTS(ブライツ)」シリーズ

ノーリツのガスふろ給湯器リモコン「RC-D100」シリーズ

リモコンが、分かりやすくデザインされている点、エネルギー表示部分は、あらかじめ設定した目標との比較ができるようになっており、この表示グラフィックにおいて、ユーザーが興味を引くようなデザインで、自分の使うエネルギーを意識させられる点、浴室での可読性の高い文字表記の工夫を行っている点が評価され、2013年度のグッドデザイン賞を受賞。

ノーリツのガスふろ給湯器リモコン「RC-D100」シリーズ

追いだき機能付きガスふろ給湯器で入浴剤は使用できない?

追いだき機能付きガスふろ給湯器で入浴剤は使用できない?

追いだき機能付きのガスふろ給湯器は、お湯が冷めても温め直すことができるので、非常に便利です。
しかし、入浴剤が入ったお湯で追いだき機能を使用すると、給湯器内部が劣化したり、給湯器内部に入浴剤の成分が沈着したりして、故障の原因になると言われています。

これは、入浴剤が好きな方にとっては、かなり大きな問題だと思います。
果たして、実際のところは、どうなのでしょうか?

まず、給湯器メーカーのホームページでは、下記のような説明でした。

ノーリツのよくあるご質問から

Q.  入浴剤を入れてもいいですか。
A.  入浴剤によっては、給湯機器やふろがま、ジェットバスなどに影響を及ぼすものがありますので、ご注意ください。

浴槽の底が見える程度の透明感のある入浴剤で、パッケージに「ふろがまや浴槽をいためません。」「全自動強制循環式ふろがまにもお使いいただけます。」「ふろがまや浴槽をいためるイオウは入っていません。」などという記載があるものをご使用ください。なお記載のない場合は入浴剤メーカー様にお問い合わせください。入浴剤を使用するときは、説明書をよくお読みいただき、決められた濃度で使用後は追いだき配管の洗浄をしてください。

【にごり湯系入浴剤 】
乳白色や白濁する入浴剤は「無機系酸化チタン」が含まれている場合があります。この「酸化チタン」が研磨剤となり、繰り返し使用されますと給湯機器やふろがまの内部を劣化させたり、故障の原因になる可能性があります。またジェットバスの場合、内蔵された「ろ過器」内で入浴剤が沈殿堆積すると、ろ過性能が低下する可能性があります。

【腐食性のある入浴剤 】
硫黄成分が入っているもの(温泉地などで売られている「湯の花」など)やソルト(塩)系の入浴剤を繰り返し使用されますと、金属を腐食させる場合があり、給湯機器やふろがまの故障の原因となる可能性があります。

【発泡系入浴剤 】
炭酸ガスを発生させる入浴剤など、泡が循環経路に入りますと、異音が出たり、エアがみを起こして給湯機器やふろがまの循環機能が正常に働かなくなる可能性があります。ガスが発生している間は「追いだき」をしないでください。またジェットバスの場合も、入浴剤の泡が配管経路に入り、異音が出たり、ポンプの能力が著しくダウンして故障の原因になる場合がありますので、完全に泡が消えてからジェットの運転を行なってください。

【牛乳やお茶、お酒などの飲料やゆずなどの食物を入浴剤として使用する場合 】
牛乳などの飲料、ゆずなど食物のカスは細菌、微生物のエサとなり、繁殖しやすくなります。ご使用後は、追いだき配管内を洗浄することをおすすめいたします。

次に、入浴剤メーカーのホームページでは、下記のような説明でした。

バスクリンのよくあるご質問から

Q.   入浴剤は浴槽や風呂釜には安全ですか?
A.   当社の入浴剤は、ご家庭で使用する濃度では湯の液性はそのほとんどが中性です。一部、弱アルカリ性、弱酸性の入浴剤もございますが、浴槽・風呂釜を傷めることはありません。 浴槽・風呂釜に使用されている材質(ホーロー・ステンレス・FRP・ポリ・人工大理石・アルミ・銅)に関して試験を行っており、光沢・滑度・色・腐食において、影響を与えないことが確認されております 。また、浴槽・風呂釜を傷めるイオウは入っておりませんので安心してご使用いただけます。

上記の内容をまとめますと、下記の種類の入浴剤は、追いだき機能付きのガスふろ給湯器には、使用できないようです。

硫黄成分が含まれる入浴剤 バツ印
ソルト(塩)系の入浴剤 バツ印
無機系酸化チタンが含まれる入浴剤 バツ印
発泡系入浴剤 ガスが発生している間の追いだきはバツ印
牛乳・お茶・お酒などの飲料、ゆずなどの食物 使用後に追いだき配管を洗浄する

使用が禁止されている入浴剤を、どうしても使用される場合は、入浴剤が入った状態での追いだきはせず、入浴後お湯を抜いた後に、しっかりと配管洗浄を行うようにすることが大事とのことです。
ただし、給湯器メーカーから使用が禁止されている入浴剤が原因で給湯器が故障した場合は、保証期間中であっても、保証の対象外となりますので、注意が必要です。