投稿

玄関ドアの防犯性と便利性を極めたキーレスドア

キーレスエントリ-というと、自動車が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?しかし、最近では玄関ドアにおいてもキーレス化は進んでおり「鍵を取り出して差し込み、回してロックを解除する」という手間から解放されるので子供からお年寄りまで使いやすく人気があります。お客様からの人気の理由として多いのは両手に買い物袋を抱えて手がふさがっていたり、夜遅い帰宅でも鍵穴を探すのに苦労することがなく簡単に家に入れることが喜ばれております。また、オートロック機能がついている製品もあるので鍵の閉め忘れの心配がなくなります。それでは、住宅用のキーレスドアを取扱っている代表的なメーカーから見ていきましょう。ここでは代表的なLIXIL、YKK apの2メーカーの特性について調べてみましたので参考にして下さい。

LIXIL

LIXIL(リクシル)は「エントリーシステム」という商品名になっており、カードキー・リモコンタイプ・ハンズフリーの3タイプから選べます。

カードタイプ(電池式)

帰宅時

ドアのボタンを押す→カードやスマホをかざすと2つの鍵が自動で施錠→玄関に入って手で施錠(オートロックにもできます)

 外出時

上下のサムターンを手で解錠→ドアのボタンを押して、カードやスマホをかざせば2つの鍵が同時に施錠

 

 

 

 

 

 

 

タッチキー リモコンタイプ(電池式)

帰宅時

リモコンキーをバックや財布に入れて持ち歩き、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→玄関に入ってボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

外出時

リモコンキーをバックや財布にいれて、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→外に出てボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

 

 

 

 

 

 

 

システムキー ハンズフリー(ACアダプター 電気式)

帰宅時

リモコンキーをバックや財布に入れて持ち歩き、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→玄関に入ってボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

 外出時

リモコンキーをバックや財布にいれて、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→外に出てボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

 

 

 

 

 

 

 

FamiLock(ファミロック)

また、同じドアで一人ひとりが鍵のタイプ(スマートフォンやリモコン、カードキー)を選び玄関ドアの施解錠を行うことができるFamiLock(ファミロック)もあります。

 

 

 

YKKAP

YKKAPは「スマートドア」という商品名になっており、ポケットKey、ピタットkeyの2タイプがありあす。

 

ポケットKey

リモコンを持っていればハンドルのボタンを押すだけで解錠き、リモコン操作によりドアから離れていても解錠できます。 また、カードやシールでの施解錠も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅時

ポケットkeyを身に着けた状態でボタンを押すことで解錠→ドアを開けて玄関に入る→上のサムターンを施錠で連動して下のサムターンも施錠します。

外出時

上下のサムターンを回す、解錠確認して外へ→ポケットkeyを身に着けた状態でボタンを押す。

また楽天Edyに対応したカードもキーとして使うことができます。

 

 

 

 

ピタットkey

カードやシールをかざすだけで施解錠ができます。カードキーはお財布やパスケースにいれたままでOK。シールキーについては、シールをお好きな小物に貼るだけで鍵に早変わりします。

 

 

 

 

カードキー(3枚標準装備)

 

 

 

 

 

 

シールキー(3枚標準装備)

帰宅時

カードやシールキーをかざすことで解錠→ドアを開けて玄関に入る→上のサムターンを施錠で連動して下のサムターンの施錠します。

外出時

上下のサムターンを回す、解錠確認して外へ→カードやシールドをかざすことで施錠。

 

このようにキーレスドアは防犯性と機能性においても優れたドアになっています。LIXILYKK apともに、今ある玄関ドアの枠を利用し、新しい玄関ドアの枠を取り付けることで壁や床を壊さずにたった1日で玄関ドアの取替工事が完了できますので気軽にリフォームが可能です。