投稿

玄関ドアのサイズ(高さ・幅)

玄関ドアのサイズ(高さ・幅)は一見すると同じように見えますが、各メーカーから発売されているサイズ(高さ・幅)は様々なため、リフォームをする上で迷ってしまう方が多くいらっしゃいます。それに比べて昔の玄関ドアの高さは今よりずっと低く、日本の歴史とともに今の高さまで変化してきました。今回は日本のドアサイズ(高さ・幅)の歴史を踏まえてご案内していきます。

日本最古のドアは弥生時代の遺跡として発見されており、そのサイズは縦61㎝×横48㎝で厚さは4㎝の木製の扉でした。その後の日本では引き戸形式の玄関ドアが主流でしたが、明治・大正時代に洋風建築の技術が日本に入ってくると現在のドアノブ形式の玄関ドアが普及してきました。そして、戦後から高度経済成長期の間に玄関ドアのサイズ(高さ・幅)も変化していきます。

高度成長期頃の日本では180㎝という高さの玄関ドアが主流になっていました。これは襖の高さが180㎝だったので家の構造もそれに合わせて作られた結果、玄関ドアも180㎝の大きさが多かったと言われております。 また、その当時の日本人の平均身長は男性で160㎝前後だったので180㎝の高さで問題ありませんでしたが、その後は年々と玄関ドアの高さが変化していきます。

LIXILの年表では

●1971年に180㎝~190㎝の高さが主流でしたが200㎝サイズの玄関ドアが発売

●1975年に240㎝サイズのドアの発売を開始

これは、日本人の平均身長が伸びたことも関係している結果ですね。

現在の日本人男性の平均身長は170㎝なので玄関ドアの高さが200㎝あれば十分な高さになりますが、230㎝以上の高さがある玄関ドアが人気を集めています。理由としてはデザインによもよりますが、玄関ドアの高さが高いほど高級感を出すことが出来るからです。

それでは玄関ドアの幅はどうでしょうか?

人が玄関を出入りするためには最低でも60㎝は必要と言われておりますが、実際には80㎝以上ないと狭く感じるかと思います。そのため、現在の玄関ドアは80㎝~85㎝の幅が主流になっています。 因みに、車いすを通す場合は手動式タイプで63㎝・電動式タイプだと70㎝が必要なので80㎝以上のドア幅がないと出入りするには不便かと思われます。また、玄関ドアの幅をあとから広げる場合にはドア枠を広げる工事が必要となるため時間と費用が高くなります。そのためにも施工する際、玄関ドアの幅は大きめにとっておいた方が困ることがありませんね。

 

 

 

 

1日で出来る玄関ドアのリフォーム

最近では玄関ドアのリフォームが1日で完工出来ちゃうのをご存知ですか?以前までは玄関ドアを交換する場合、大工工事・サッシ工事・外壁工事・クロス工事・タイル工事などが必要になるので工期もかかる上、工事費用も高くなりがちでした。現在では「カバー工夫」という施工が主流になったおかげで、たった1日で簡単に玄関ドアの交換ができるようになりました。

 

カバー工夫のとは?

「カバー工夫」は付いている内側の壁部分を壊すことなく新しく玄関ドアを取り付けができます。施工も1日で完了するのでリフォーム費用が安く済みます。また、各メーカの最新技術なので防犯面や断熱面にも優れた玄関ドアを設置することができます。注意点としてはカバー工夫は玄関ドアの既存枠の中に新たな枠を取り付けるので現在の玄関枠よりも幅・高さともに開口寸法が少し小さくなることと、既存のドア以上の大きさのドアは取り付けることが出来ません。

 

 

 

カバー工夫の工程

●枠内にある扉と窓は全て取り外す

●不要な部分があれば切り取ります

●新しい枠を内側に取り付けます

●ドア本体を枠の中に取り付けます

●内側と外側に化粧額緑を取付けて完成

流れとしては玄関ドア本体と枠内の全てのパーツを取り外し、新しい枠を内側に設置して、その枠の中にドアをはめ込むという作業になります。枠の内側にある物はランマや子扉とそれらを固定していた枠も全て取り払います。固定されていて取り外せない枠は切り取ってしまい、長方形の洞窟が出来るように処理します。その中に新たなドアを取り付けるための枠をはめ込んで、その枠にドアをはめて、元の枠を化粧額縁でカバーしたら完了です。カバー工法は元々の玄関ドアの枠組に新たな枠組みをつけてドアを交換します。また、元々の枠組みに新たな枠組みをカバーするよう取り付けるのでカバー工法と呼ばれています。

 

玄関ドアの交換リフォームはカバー工法により劇的に効率がよくなりました。また、費用も工期も抑えられるので手軽なリフォームとして人気があります。古くなったご自宅の玄関ドア、この機会にリフォームしてみては如何でしょうか?

 

 

 

 

防犯性に特化したドア 

新聞やニュースでは毎日のように凶悪事件について報道されており、その中にはピッキングやこじ開けを専門とする空き巣狙いも含まれます。空き巣狙いや不審者からしっかり家族を守るのも大切な玄関の役割。まずは空き巣の侵入してくる手口を確認していきましょう。

  • シリンダー内に特殊な工具を入れて鍵を解錠する「ピッキング」と呼ばれる手口
  • バールなどの工具を用いてドアを無理やりこじ開ける手口
  • ドアなどに付いている採光窓を破っての侵入する手口
  • ドア自体に穴を開けて内側から鍵を開ける「サムターン回し」と呼ばれる手口

防犯性の低い鍵だと、慣れた人なら簡単に解錠することができるので空き巣の被害あう恐れがあります。反対に、空き巣犯人が嫌うのは「解錠に時間がかかること」と言われており、解錠に手間取るほど空き巣からの防犯対策に効果的となります。より安心した毎日を過ごすためにも防犯性の高い玄関ドアについて紹介させていただきます。

 

 

 

 

リクシルからは玄関ドア「リシェント」の防犯機能について見ていきましょう。

ひとつのドアに2つの鍵がついている“2ロック”で破られにくい構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダーが解錠しにくい構造なのでピッキング対策に効果的

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このタイプはS字ハンドルというタイプになり、普段、鍵部分はハンドルカバーの中に隠れているので見えません。

 

こじ破りに強い、3つの鎌付デッドボルト

3つの鎌付デッドボルトを採用。こじ破りに対する抵抗力を高めています。

※アルミ使用は2鎌付となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

上部ロックに2つ、下部ロックに1つ、鎌付デッドボルトを採用。玄関ドアと枠のかみ合わせが強化され、防犯性が向上。

 

ガラス破り対策に有効なサムターン機能

ボタンを押すだけで、サムターンの取り外しが可能。外出時や就寝時に外しておけば、万一ドアや窓ガラスに穴をあけられても「サムターン回し」で開けられる心配がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YKK APからは玄関ドア「ドアリモ」の防犯機能について見ていきましょう。

ひとつのドアに2つの鍵がついている“2ロック”で破られにくい構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダー部分がカバーで隠れているんので鍵穴が見えないのでピッキングを抑制できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアを施錠後、サムターン部分を取り外すことができるので鍵を不正解錠する「サムターン回し」を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の鍵が開くまでに時間がかかると、再ロックされる機能付。(1つ目の鍵が開けられても、50秒以内にもう一つの鍵を開けて扉を開けなければ上下2つの鍵が再ロックされる仕組み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらのメーカーの玄関ドアにも、空き巣狙いの手口を妨げる防犯仕様になっていますね。

警視庁が空き巣狙いの調査をしたところ、「侵入に5分以上の時間がかかると、約7割が侵入をあきらめる」という興味深いデータがあります。

「うちは大丈夫」などと油断せず、日ごろから防犯に対する意識を忘れずに、必要な対策をを取ること大切なポイントになります。

玄関ドアの掃除をしてますか?

皆さんは、玄関ドアの掃除をしていますか?玄関のドアは毎日使う場所にもかかわらず、あまり掃除をされない方が多いのではないでしょうか?玄関は外から運ばれてくる土やホコリの汚れが溜まりやすいく、意外と汚れが目立つ場所なんですよ。掃除にあたっては玄関ドアの素材によって掃除方法が異なるのでご紹介していきます。

●木製の玄関ドア

玄関のドアが木材で出来ている場合、水拭き掃除は厳禁です。木材は湿気に弱いため、必ず丁寧に乾拭きをした後、仕上げとして専用ワックスを塗っていきます。ワックスを塗ることでツヤが出る他、風や雨・直射日光の影響でドアに傷みが出るのを守ってくれます。ワックスは直接ドアに塗るのではなく、布側につけてドア全体へと塗り広げて下さい。木製の玄関ドアの掃除は月2回ぐらいが目安になりますが、汚れ具合によっては頻度を増やしてください。また、玄関ドアにカビが生えてしまうことがあります。その場合にはカビ取り洗剤が有効ですが、玄関ドアの材質によっては変色する恐れがありますので取扱説明書をよく確認してから使用して下さい。

必要な物:ビニール手袋 玄関専用ワックス カビ取り洗剤

 

 

 

 

 

 

 

●金属製の玄関ドア

金属製のドアは水洗いできるので、水拭き・乾拭きの順で拭けばキレイになります。水拭きでは落ちにくい場合、中性洗剤を水で薄めて使用すると楽に汚れが落とせます。注意したいのが、アルカリ性洗剤や、酸性洗剤を使うとアルミやステンレスを腐食させてしまったり、塗装が剥がれてしまうことがあります。塩素系やエタノールにおいてはシミや変色の原因になりますので、金属製の玄関ドアには絶対に使用しないでください。金属製の玄関ドアの掃除は月1回ぐらいが目安になりますが、汚れ具合によっては頻度を増やしてください。

必要な物:雑巾またはスポンジ バケツ 中性洗剤

 

 

 

 

 

 

 

 

●樹脂製のドア

樹脂製のドアは水洗いが可能です。まず表面についた砂や埃を丁寧に取り除いたら、水で濡らした布やスポンジで掃除します。レール部分に残った砂やゴミをそのままにしていると傷の原因にもなるので古歯ブラシを使うと便利です。樹脂製ドアにも中性洗剤を水で薄めて使用すると楽に汚れが落とせます。また、樹脂専用ワックスもありますので気になる方は使ってみてください。注意したいのが、酸性やアルカリ性、塩素系などの溶剤は樹脂部分を溶かしてしまったり、表面の塗装を剥がすことがあるので使用しないで下さい。また、ワイヤーブラシやサンドペーパーの使用はドアに傷をつけてしまうので厳禁です。

必要な物:雑巾またはスポンジ 古歯ブラシ ビニール手袋 樹脂専用ワックス

 

 

 

 

 

 

 

 

●玄関ドアの鍵穴

鍵の抜き差しをスムーズにするためにも鍵穴の掃除もしましょう。パソコンのキーボード用のエアーダスターを吹き付けて鍵穴のホコリを取り除いた後に玄関ドア専用の潤滑剤を使用してください。一般的な潤滑剤を使うと一時的には滑りやすくなりますが、ホコリがたまって故障の原因になります。

必要な物:パソコンのキーボード用エアーダスター 玄関ドア鍵穴専用潤滑剤

 

 

 

 

 

 

 

今回は玄関ドアのお掃除方法についてご案内してきました。玄関ドアは来客者の誰もが一番に目にする場所です。定期的な掃除を心がけて、気持ちよくお客様をお出迎えしたいですね。

 

 

 

 

通気性抜群の通風ドア

玄関ドアは寒い冬には気密性を求めますが、夏場の湿気が多い季節になると玄関を開けたときの、もわっとした空気が気になることはありませんか?また、靴に付着している汗や皮脂の匂いが玄関にこもることで悪臭の原因にもなる他、湿気がたまりカビの原因にもなります。

後付けで玄関網戸を設置することは可能ですが、取り外しが大変だったり、既存のドアに取り付けられなかったりと不具合が生じることもあります。そこで今回は、そういった悩みを解消してくれる通気性機能を持った通風ドアについてご紹介いたします。通風ドアは、普通の玄関ドアの一部が網戸のようになっているので玄関ドア1枚で涼しい風が通り抜けるので玄関が快適になります。通風ドアを取扱っているLIXIL、YKK apの商品を紹介いたします。

 

LIXIL

LIXILでは“採風ドア”という総称になっており商品名は「ジエスタ2」になります。

 

防犯性にも配慮

 

 

 

 

 

 

ガラス面に格子をあしらうことで、手を差し込めないようにガード。

 

 

網戸で防虫対策

 

 

 

 

 

 

採風部分には網戸を設置。虫が入ってくる心配もありません。

 

 

開け閉めもカンタン

 

 

 

 

 

 

レバーを上げて施錠し、ハンドルを手前に引くだけの簡単操作。

 

 

お好みで選べる8デザインのラインアップ

 

 

 

 

YKK ap

YKK apでは“通風ドア”という総称になっており商品名は「ヴェナート」になります。

扉を閉めたまま、風を室内に採り込む痛風ドアと通風子扉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外観・内観の意匠性向上

扉と通風障子を同じカラーで仕上げ、内外の意匠を整えました。

通風障子を開けたときに見える障子内側も同じカラーにすることで木の風合いをアップし、すっきりとした印象に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

かんたん操作で手軽に換気

簡単操作で施解錠・障子の開け閉めが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

シンプルな通風機構付子扉

どのデザインにも組み合わせ可能な通風子扉をご用意しました。親扉と通風子扉で色を合わせてご利用ください。

 

 

 

LIXIL、YKK apともに、どちらも扉を閉めたまま新鮮な空気を招き入れて、余分な熱気や湿気、気になる匂いを室外へ送れます。また、ガラス開口のドアを選べば、たっぷりの光が採り込めるので明るい玄関になりますね。デザインが豊富なので、是非この機会にご自宅にあったタイプのドアを選んでみてください。

開き戸・引き戸の特徴と選び方

玄関ドアは家の印象を決める大きな存在です。そして玄関ドアは開き戸と引き戸の2種類に分かれていますが、あなたはどちらのタイプを選びますか?今回は玄関ドアのメリット・デメリットと、ドアのタイプについて紹介していきます。

開き戸タイプ

メリット

開き戸は洋風なイメージのデザインが多く、引き戸に比べると断熱性・気密性・防犯に優れています。また、お値段も引き戸に比べて安く簡単に取り付けができます。

デメリット

扉を開ける時、前後にスペースが必要なところです。また、ドアが強風にあおられて開けにくかったり、両手に荷物を抱えている場合はドアを開けづらいです。

 

片開きドア

1枚のドアが左右のどちらかに開く形になっており、最もよく利用されるタイプのドアです。そのため商品の種類も豊富でいろいろなデザインの中から選ぶことができます。集合住宅でよく利用され狭いスペースにも設置しやすいのが特長です。

 

親子ドア

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向いあっている形のドアです。子扉はしまっていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽に入れることができます。普段は使わない子扉ですが、いざという時に役に立つ存在です。

 

両開きドア

左右に同じ大きさのドアが2枚あるタイプの玄関ドアです。大きなドアになるのでラグジュアリーな雰囲気になりますが、広い玄関スペースが必要になります。

 

引き戸タイプ

メリット

引き戸は、開きドアと違いドアを開閉する必要がないので狭いスペースでも設置ができます。また、引き戸の場合は途中で扉を止めることができるので車椅子やベビーカーの方が利用しやすいことがあります。

デメリット

開き扉に比べると断熱性・気密性が劣り値段も高めになります。また、引き戸のレールにゴミが溜まりやすいです。

 

引き戸違い扉

左右どらにも2枚の引き戸を移動させて開閉ができます。

 

片引き扉

1枚の引き戸を左右のどちらかにスライドして開閉します。扉にはガラスが入っていたりデザイン性のある引き戸もあります。洋風の場合はスライディングドアとも呼ばれています。

 

2枚(3枚)片引き扉

複数の扉が連動して開閉をします。玄関を大きく開くことができ大きな荷物を運ぶにはとても便利です。

 

両引込み扉 

左右の壁の中に戸を引き込んでしまうタイプです。かなり広めの開口部が確保できます。

 

ここまで、玄関ドアについて紹介させて頂きました。お客様がいらした時にまず目に入るのが玄関ドア、第一印象を決める住まいの顔になります。また、毎日使う家族のためにも安全性と機能性に優れたものを選びつつデザインも楽しんでください。

引き戸の魅力

玄関扉は開閉スタイルによって、開き戸(ドア)と引き戸に分類されていますが、ご自宅の

玄関扉はどちらのタイプになりますか?

最近では開き戸(ドア)の家が一般的になりつつありますが、利便性から引き戸を選ぶ人が増えてきています。

主な理由としては横方向にスライドして開閉する「引き戸」は玄関スペースが狭くても設置でき、

ドアを開けたままの状態を維持できることから家族の中に高齢者や車椅子の方がいる場合にはお勧めです。

また、引き戸にはドアストッパーの必要もないので大きな荷物を持っていたりベビーカーを利用する方にも喜ばれております。

デザインにおいても、 昔の引き戸のイメージとは違い素材やデザインも玄関の雰囲気によって選べるので、お洒落なデザインを楽しめます。

 

 

気になる工事期間についても玄関ドアは1日で完了するので今後のバリアフリー住宅を視野に入れたリフォームを検討されている方でもお気軽にオーダーができます。

その場合、玄関ドアは車椅子でも出入りできるように幅としては90㎝以上の確保が望ましいです。それに伴い玄関の段差を低めに設定することや玄関スロープをつけるのもお勧めです。玄関スロープによって車椅子の方・ベビーカーを利用する方にも安心して移動することができます。

バリアフリー住宅では、自分だけでなく、一緒に生活する方の目線になって皆が安心で快適に過ごせるかを判断基準にしましょう。これは高齢者に限らず、誰でも使いやすい家になります。住む方によっては必要とするバリアフリーの機能は異なりますので、どんな機能を求めているかを重点におきつつ、どんな暮らしなら安心して暮らせるのかをイメージしながらバリアフリー対策をするのがよいでしょう。

 

 

 

車椅子に配慮したドア

みなさんはご自宅をリフォームするにあたって、バリアフリーに関して考えた事はありますか?
少子、高齢化に加速がかかる日本においては自宅で安全に過ごせるようにとバリアフリー化に備えたリフォームには人気があり年々増加している傾向があります。
その中でも今回は車椅子に配慮した玄関ドアについてご紹介させて頂きます。
開き戸は車椅子では通りにくく、向こう側にいる人にぶつかってしまう危険性もあります。
また、車椅子の利用者さんにとってはドアの開閉についても力のかかる作業になるため引き戸のドアノブをレバーハンドルにしたり鍵の形状・取付位置を変えるといった工夫で負担を軽減することができます。

車椅子に配慮した仕様
車椅子を使う人もサポートする人もみんなが開けやすく入りやすい。
車椅子を使う人の利便性を追求、バーハンドルや錠の配置を工夫することで、最小限の動きで効率よく出入りができます。

               

 

車椅子もスムーズに開閉できる「専用バーハンドル」

室外側:横バーハンドル

室外側に横バーハンドルを配置。

車いすから楽に手が届き、無駄に移動することなく開け閉めができます。

 

室内側:縦バーハンドル

室内側には縦バーハンドルを2カ所に設置。

車椅子で出入りする際の動線を最初減に 抑えます。

 

一般的な引き戸のハンドルの場合

専用バーハンドルの場合

 

少ない力で鍵を開け閉めできる「大型キーヘッド」「大型脱着シフター」

大型キーヘッド(室外側) 

小鍵4本のうち1本は「大型キーヘッド」付。

指がかりがよく、手当たり面が広いため圧力が弱くても操作しやすい。

また、指にひっかけて持てる穴があるため落としにくくなっています。

 

大型脱着シフター(室内側)

大きく、広く突出したシフター(つまみ)なので、手先全体で施解錠操作を行うことができます。

Y01 たてスリット

スリット採光をたて中央に2枚配置したデザイン

 

Y02 横格子 

格子を横に通したシンプルで シャープな横通しデザイン

 

Y03 井桁格子

たて横格子を均等に並べた井桁格子デザイン

 

このようなバリアフリー対策を考えていても、リフォームするタイミングについては悩まれる方が多いのが実情です。

ついつい、必要になってから実施すればよいと考えがちえすが、将来の自分のためにもお元気なうちから備えておくことが大切です。

1日でわが家の表情が美しく、 玄関のお悩みも解消!

これがリシェントの【カバー工法】の秘密!!

1日でわが家の表情が美しく、玄関のお悩みをすっきり解消!

暮らしながら、思った以上にカンタンに。
LIXILリシェントならではの創意と工夫が光ります。
「いってきます」から「ただいま」までの間に、リフォームできます。
1日でわが家の表情が美しく、玄関のお悩みをすっきり解消!
そんな秘密を教えます。

1.古いドアの取り外し

 

ご指定の日に工事開始。
まず、古くなったドアやガラス、袖飾りなどを取り外します。

2.不要な部分の切り取り

 

無目・方立などは縦枠・下枠などとの連結部から切り取ります。

3.新しい枠の取り付け

 

残した枠にサイズを合わせた新しい枠を取り付け、ドアやガラス袖飾りを入れます。

4.外と内に額縁を取り付けます。

 

外額縁を①~③の順に取り付け、古い枠が見えない、きれいな仕上がりにします。

5.調整・チェックを行って工事完了。

 

夕方には工事が完了!

カバー工法の秘密

今までの玄関リフォームでは・・・

 

リフォームコールセンターWEB SHOP 玄関リフォームのご案内

ドアからドアへ工事費込で26万円代~

引戸から引戸へ工事費込で21万円代~

 

LIXILリシェントカバー工法の動画もご覧ください♫