投稿

採光部のあるドア

 

 

皆さんの自宅玄関ドアはどの方角に付いていますか? 中には北口に玄関ドアが付いている方もいらっしゃいますが、その場合はどうしても暗い玄関スペースになりがちです。そんな問題を解決すべく、各メーカーからは採光部のある玄関ドアが販売されています。玄関ドアに採光部を作ることで自然な光が射し込むので明るく開放的な玄関スペースにすることが出来ます。また、日中においては電気を点ける必要がなくなるので電気代の節約にもなります。確かに電気を点ければわざわざ太陽の光を取り込む必要はないと思われがちですが、採光部を付けることにより太陽の光を利用してカビや雑菌の発生を抑える効果があります。靴には泥水がついたり、足の汗を吸っているので臭いや雑菌の原因にもなります。また、採光部と一緒に通風機構がついた玄関ドアをつければ風通しもよくなるので、明るく通気性の良い玄関に生まれ変わります。それではどんなデザインの玄関ドアがあるかを見ていきましょう。

 

↓こちらは、採光部の無い玄関ドアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関スペースが暗い感じの印象になります

 

↓こちらからは採光部を付けた玄関ドアになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小窓からの明るさがワンポイントになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなガラス面により明るい印相になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小窓から入る採光は適度な明るさになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリットから入る採光は明るさもありアクセントにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリットから入る採光は明るさもありアクセントにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリットから入る採光は明るさもありアクセントにもなります。

 

採光部のデザインも様々ですが、採光部が大きくなるにつれて玄関スペースに射し込む光が大きくなるのがよく解りますね。玄関ドアの採光性については住んでいる場所や方角にもよりますが後々、住み始めてから気になるというお客様が多いです。自宅の採光性を考えて、素敵な玄関スペースにしたいですよね。

 

参考資料 YKKAP

 

 

玄関ドアは右開き?左開き?

普段、何気なく使っている玄関ドアはどちら側に開きますか?

気にもとめないような質問ですが家を購入したりドアをリフォームする場合には玄関ドアの“右開き”または“左開き”のどちらにするかが重要なポイントになってきます。はじめに、“右開き”と“左開き”の違いは何なのでしょうか?

玄関ドアを想像したら以下の内容をイメージしてみてください。

右開き→玄関ドアの握手が向かって左側についており、右方向に向かってドアが開く

左開き→玄関ドアの握手が向かって右側についており、左方向に向かってドアが開く

イメージ頂けましたか?

それでは、ドアの開く方向については何を基準に決めればよいでのしょうか。一般的な基準は以下のことが重要視されています。

 

●玄関ドアを出てからの動線をさえぎらないよう方向に開く

玄関ドアを開けて出かける時に、どの方向に向かうことが多いかを考えます。(毎日の通勤ならば道路に出て駅・バス停に向かう。または駐車してある車の方に向かうなど) 向かう方向に玄関扉が開く場合だと開いた扉が邪魔になって通りにくいですよね。些細なことではありますが、毎日のことなので動線をはっきりさせておくことは重要です。

 

●玄関ドアの横に壁があるなら壁側に向けて開くようにする

玄関ドアの左右のどちらかに壁があるならば、壁側に向かってドアを開けるようにすれば開口部を広くとれます。

 

以上の事から玄関ドアを取り付ける前にはしっかりと考えてみる必要がありますね。因みに、右開きでも左開きでも慣れてしまえば、どちらが利き手でも気にならならないことがほとんどです。

また、インターホンと照明は玄関ドアの握手がある側に設置して下さい。インターホンは反対側に付けてしまうとドアが開く方向に訪問者が立っていることになり訪問者がドアに隠れてしまいます。照明については開いたドアの影になり薄暗い光になってしまいます。

 

最後に、玄関ドアの開きを動線の反対側にする場合も稀にありますのでご紹介しておきます。

●家の前の交通量や人通りが多い

ドアを開けた時に家の中が丸見えになってしまうのを避けるためには玄関ドアを道路側に向かって開くようにすると、開いたドアにより道路側からの視線を遮ることができます。人通りが多い場所の場合、人の視線を重視して玄関ドアの開く方向を考える必要もあります。

 

強風が起こる地域に住んでいる

風の強い地方や海岸沿いの住宅では玄関ドアを開けた時に強風でドアが煽られ、玄関ドアが開けにくくなることがあります。住んでいる場所の風向きについても注意してください。

 

 

玄関ドアの素材

玄関ドアを選ぶ時、皆さんはどんな基準で選ばれますか?

玄関ドアは住宅との調和が取れたデザインを重視して選ばれる方が多いかと思いますが、使用している材質によってドアの機能性が違ってきます。そのため、デザイン同様に玄関ドアの材質選びは重要なポイントになります。

玄関ドアに使用される素材には金属製(アルミ・銅板・ステンレス)木製に大きく分けられます。それぞれの違いについて見ていきましょう。

 

アルミ

アルミは玄関ドアの素材としてよく使用されており、金属製の中でもトップクラスの軽さを持ちつつ耐久性も高いです。また、多くのメーカーがアルミ製の玄関ドアを製造しているため豊富なデザインから選ぶことができます。しかしながら、アルミ素材は熱伝導率が高いため断熱性能は弱いです。そのため外気の影響を受けやすく、夏は暑く冬は寒い玄関になりがちです。その防止策として、アルミ素材の玄関ドアの内部に断熱材をオプションで取り付けることで軽減されます。

 

銅板(スチール)

銅板(スチール)は金属に熱処理と冷却を施して変形させたものです。加工しやすいのでオーダーメイドでの受注に向いており人気のある素材です。アルミよりも重くて耐久性があり防火・防音・防犯性も高いです。

 

ステンレス

ステンレスもアルミや銅板(スチール)と同じく耐久性が高く、錆びにくいという特徴があるので、海沿い住宅の玄関ドアとして多く使用されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

木製

木製の玄関ドアは軽くて断熱性が高いのが特長です。冬場の寒い季節でも外気の侵入をしっかり防いでくれるので結露が発生することもありません。自然素材なので温かみのある独特な風合いが楽しめます。

 

 

 

 

 

 

 

まとめ

金属製の玄関ドアは、色・形・デザインも豊富で耐久性が高いのが魅力です。金属素材を活かしたモダンなデザイン風にもできますし、金属ドアを加工することにより表面が本物そっくりな木目調の玄関ドアにすることも可能です。鍵についてもカードキーやスマートキーに変更できるので機能的な玄関ドアになります。

木製の玄関ドアは金属製と比べて断熱性がとても高いので寒冷地にはもってこいの素材です。せっかく住宅の断熱性を高くしても玄関ドアの断熱が弱いだけでそこから冷気が入り込み暖房効率を下げる原因になります。北欧住宅の玄関ドアに木製ドアが多いのにも納得ができますね。

玄関ドアには防犯性・デザイン性・断熱性などが求められますが、使用する素材についてもしっかりと選びたいですね。

 

玄関ドア「内開き」?「外開き」?

玄関ドアの扉には「内開き」と「外開き」があります。皆さんはその違いを感じたことはありますか?欧米では内開きが一般的なようですが、日本の扉は外開きがほとんどです。内開きと外開き、それぞれが選ばれる理由は何なのかを調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「外開き」と「内開き」とは?

外開き→玄関ドアが家の中から外側に向かって開くタイプ

内開き→玄関ドアが外側から家の中に向かって開くタイプ

 

 

 

 

 

 

 

欧米のドアが「内開き」なのは防犯上の理由が一番に挙げられます。海外映画のシーンを思い出してみてください。凶悪犯などがドアを蹴破って突入してくるシーンを目にしたことはありませんか?凶悪犯が強引に家に入ってくるのを防ぐにはドアを引っ張って防ぐよりも、内側から全体重をかけて押せるタイプのドアの方が防御できます。また、家具や重い物をドアの前において、押し入ってくる侵入者を阻止できます。日本でも防犯対策として「内開き」にすればよいと考えるかもしれませんが、日本のドアが「外開き」の大きな理由としては玄関で靴を脱ぐ習慣が影響しています。欧米では家の中でも靴を履いたまま過ごしますので、玄関に靴を脱ぐスペースは不要になりますが、日本の場合は靴を脱ぐスペースや脱いだ靴を置いておくスペースが必要になります。さらに「内開き」の場合は脱いだ靴がドアの開閉に邪魔になるため「外開き」のドアが主流になっています。その一方で、昨今の日本では集中豪雨や台風による甚大な水害事故の発生が増えています。豪雨の場合、大量の雨水が一気に下水道を流れ込むことで排水能力を超えた雨水が洪水となって溢れ出てきます。その場合、溢れ出た大量の水の圧力でドアが開かずに自宅に閉じ込められてしまった事例もあります。内開きにすると、ドアの開閉スペースを確保するのは難しいかもしれませんが、防犯性・災害対策面から考えると、今後は「内開き」にする方が増えるかもしれません。

 

地震対策のドア

地震大国の日本においては、いつ大地震が起きてもおかしくないですよね。家庭における地震設備対策には様々なものかありますが、今回は「耐震ドア」についてご紹介させてください。「耐震ドア」と聞くと建物の耐震性がアップするイメージを持たれる方が多いですが、「耐震ドア」はそういったものではありません。それでは、耐震ドアの役割は何になるのでしょうか?答えは「地震の後も開くドア」になります。玄関ドアは地震発生時の大切な「避難口」になりますが、実際に地震が起きた時に「玄関ドアが開かない」という事例が過去の大震災の時に多く寄せられました。そもそも、なぜ玄関ドアが開かなくなるのでしょうか? 原因は「ドア枠」と「扉」のピッタリとしたバランスが崩れてしまうからです。揺れによってズレが生じると、ドア枠と扉を繋げている丁番が変形してドアが開かなくなります。丁番の変形は2パターン。丁番側へ傾く場合は+の変形。取っ手側へ傾く場合はーの変形があります。玄関ドアが開かなくなるのは、この丁番が原因となることが多いです。  ※丁番とは枠と扉を繋げている金具の事です。

 

 

Ykkapでは既設のドア枠はそのままで設置ができる耐震性能を備えた玄関ドアが発売されています。新しく設置する扉と既設枠に適度な空間を設け、大型地震発生時に枠が変形しても扉との接触を抑え、室内に閉じ込められる二次被害のリスクを軽減できます。

 

 断面イメージ(扉交換工法AT枠 耐震仕様)

カバー工法と同様、既設枠と扉の間に適度な空間を設けることで枠の変形を吸収し、枠と扉が干渉することで軽減します。

地震は誰もが予想できずに起こる自然現象です。せっかく地震で命が助かっても玄関ドアが開かなくて家の中に閉じ込められた場合には避難が遅れるどころか建物の倒壊や火災による二次被害に巻き込まれてしまう可能性も出てきます。「逃げられない!出られない!」という状況におちいらない為にも地震対策として耐震ドアを考えてみては如何でしょうか?

 

 

開き戸・引き戸の特徴と選び方

玄関ドアは家の印象を決める大きな存在です。そして玄関ドアは開き戸と引き戸の2種類に分かれていますが、あなたはどちらのタイプを選びますか?今回は玄関ドアのメリット・デメリットと、ドアのタイプについて紹介していきます。

開き戸タイプ

メリット

開き戸は洋風なイメージのデザインが多く、引き戸に比べると断熱性・気密性・防犯に優れています。また、お値段も引き戸に比べて安く簡単に取り付けができます。

デメリット

扉を開ける時、前後にスペースが必要なところです。また、ドアが強風にあおられて開けにくかったり、両手に荷物を抱えている場合はドアを開けづらいです。

 

片開きドア

1枚のドアが左右のどちらかに開く形になっており、最もよく利用されるタイプのドアです。そのため商品の種類も豊富でいろいろなデザインの中から選ぶことができます。集合住宅でよく利用され狭いスペースにも設置しやすいのが特長です。

 

親子ドア

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向いあっている形のドアです。子扉はしまっていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽に入れることができます。普段は使わない子扉ですが、いざという時に役に立つ存在です。

 

両開きドア

左右に同じ大きさのドアが2枚あるタイプの玄関ドアです。大きなドアになるのでラグジュアリーな雰囲気になりますが、広い玄関スペースが必要になります。

 

引き戸タイプ

メリット

引き戸は、開きドアと違いドアを開閉する必要がないので狭いスペースでも設置ができます。また、引き戸の場合は途中で扉を止めることができるので車椅子やベビーカーの方が利用しやすいことがあります。

デメリット

開き扉に比べると断熱性・気密性が劣り値段も高めになります。また、引き戸のレールにゴミが溜まりやすいです。

 

引き戸違い扉

左右どらにも2枚の引き戸を移動させて開閉ができます。

 

片引き扉

1枚の引き戸を左右のどちらかにスライドして開閉します。扉にはガラスが入っていたりデザイン性のある引き戸もあります。洋風の場合はスライディングドアとも呼ばれています。

 

2枚(3枚)片引き扉

複数の扉が連動して開閉をします。玄関を大きく開くことができ大きな荷物を運ぶにはとても便利です。

 

両引込み扉 

左右の壁の中に戸を引き込んでしまうタイプです。かなり広めの開口部が確保できます。

 

ここまで、玄関ドアについて紹介させて頂きました。お客様がいらした時にまず目に入るのが玄関ドア、第一印象を決める住まいの顔になります。また、毎日使う家族のためにも安全性と機能性に優れたものを選びつつデザインも楽しんでください。