投稿

玄関ドアのサイズ(高さ・幅)

玄関ドアのサイズ(高さ・幅)は一見すると同じように見えますが、各メーカーから発売されているサイズ(高さ・幅)は様々なため、リフォームをする上で迷ってしまう方が多くいらっしゃいます。それに比べて昔の玄関ドアの高さは今よりずっと低く、日本の歴史とともに今の高さまで変化してきました。今回は日本のドアサイズ(高さ・幅)の歴史を踏まえてご案内していきます。

日本最古のドアは弥生時代の遺跡として発見されており、そのサイズは縦61㎝×横48㎝で厚さは4㎝の木製の扉でした。その後の日本では引き戸形式の玄関ドアが主流でしたが、明治・大正時代に洋風建築の技術が日本に入ってくると現在のドアノブ形式の玄関ドアが普及してきました。そして、戦後から高度経済成長期の間に玄関ドアのサイズ(高さ・幅)も変化していきます。

高度成長期頃の日本では180㎝という高さの玄関ドアが主流になっていました。これは襖の高さが180㎝だったので家の構造もそれに合わせて作られた結果、玄関ドアも180㎝の大きさが多かったと言われております。 また、その当時の日本人の平均身長は男性で160㎝前後だったので180㎝の高さで問題ありませんでしたが、その後は年々と玄関ドアの高さが変化していきます。

LIXILの年表では

●1971年に180㎝~190㎝の高さが主流でしたが200㎝サイズの玄関ドアが発売

●1975年に240㎝サイズのドアの発売を開始

これは、日本人の平均身長が伸びたことも関係している結果ですね。

現在の日本人男性の平均身長は170㎝なので玄関ドアの高さが200㎝あれば十分な高さになりますが、230㎝以上の高さがある玄関ドアが人気を集めています。理由としてはデザインによもよりますが、玄関ドアの高さが高いほど高級感を出すことが出来るからです。

それでは玄関ドアの幅はどうでしょうか?

人が玄関を出入りするためには最低でも60㎝は必要と言われておりますが、実際には80㎝以上ないと狭く感じるかと思います。そのため、現在の玄関ドアは80㎝~85㎝の幅が主流になっています。 因みに、車いすを通す場合は手動式タイプで63㎝・電動式タイプだと70㎝が必要なので80㎝以上のドア幅がないと出入りするには不便かと思われます。また、玄関ドアの幅をあとから広げる場合にはドア枠を広げる工事が必要となるため時間と費用が高くなります。そのためにも施工する際、玄関ドアの幅は大きめにとっておいた方が困ることがありませんね。

 

 

 

 

防犯性に特化したドア 

新聞やニュースでは毎日のように凶悪事件について報道されており、その中にはピッキングやこじ開けを専門とする空き巣狙いも含まれます。空き巣狙いや不審者からしっかり家族を守るのも大切な玄関の役割。まずは空き巣の侵入してくる手口を確認していきましょう。

  • シリンダー内に特殊な工具を入れて鍵を解錠する「ピッキング」と呼ばれる手口
  • バールなどの工具を用いてドアを無理やりこじ開ける手口
  • ドアなどに付いている採光窓を破っての侵入する手口
  • ドア自体に穴を開けて内側から鍵を開ける「サムターン回し」と呼ばれる手口

防犯性の低い鍵だと、慣れた人なら簡単に解錠することができるので空き巣の被害あう恐れがあります。反対に、空き巣犯人が嫌うのは「解錠に時間がかかること」と言われており、解錠に手間取るほど空き巣からの防犯対策に効果的となります。より安心した毎日を過ごすためにも防犯性の高い玄関ドアについて紹介させていただきます。

 

 

 

 

リクシルからは玄関ドア「リシェント」の防犯機能について見ていきましょう。

ひとつのドアに2つの鍵がついている“2ロック”で破られにくい構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダーが解錠しにくい構造なのでピッキング対策に効果的

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このタイプはS字ハンドルというタイプになり、普段、鍵部分はハンドルカバーの中に隠れているので見えません。

 

こじ破りに強い、3つの鎌付デッドボルト

3つの鎌付デッドボルトを採用。こじ破りに対する抵抗力を高めています。

※アルミ使用は2鎌付となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

上部ロックに2つ、下部ロックに1つ、鎌付デッドボルトを採用。玄関ドアと枠のかみ合わせが強化され、防犯性が向上。

 

ガラス破り対策に有効なサムターン機能

ボタンを押すだけで、サムターンの取り外しが可能。外出時や就寝時に外しておけば、万一ドアや窓ガラスに穴をあけられても「サムターン回し」で開けられる心配がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YKK APからは玄関ドア「ドアリモ」の防犯機能について見ていきましょう。

ひとつのドアに2つの鍵がついている“2ロック”で破られにくい構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダー部分がカバーで隠れているんので鍵穴が見えないのでピッキングを抑制できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアを施錠後、サムターン部分を取り外すことができるので鍵を不正解錠する「サムターン回し」を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の鍵が開くまでに時間がかかると、再ロックされる機能付。(1つ目の鍵が開けられても、50秒以内にもう一つの鍵を開けて扉を開けなければ上下2つの鍵が再ロックされる仕組み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらのメーカーの玄関ドアにも、空き巣狙いの手口を妨げる防犯仕様になっていますね。

警視庁が空き巣狙いの調査をしたところ、「侵入に5分以上の時間がかかると、約7割が侵入をあきらめる」という興味深いデータがあります。

「うちは大丈夫」などと油断せず、日ごろから防犯に対する意識を忘れずに、必要な対策をを取ること大切なポイントになります。

玄関ドアの防犯性と便利性を極めたキーレスドア

キーレスエントリ-というと、自動車が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?しかし、最近では玄関ドアにおいてもキーレス化は進んでおり「鍵を取り出して差し込み、回してロックを解除する」という手間から解放されるので子供からお年寄りまで使いやすく人気があります。お客様からの人気の理由として多いのは両手に買い物袋を抱えて手がふさがっていたり、夜遅い帰宅でも鍵穴を探すのに苦労することがなく簡単に家に入れることが喜ばれております。また、オートロック機能がついている製品もあるので鍵の閉め忘れの心配がなくなります。それでは、住宅用のキーレスドアを取扱っている代表的なメーカーから見ていきましょう。ここでは代表的なLIXIL、YKK apの2メーカーの特性について調べてみましたので参考にして下さい。

LIXIL

LIXIL(リクシル)は「エントリーシステム」という商品名になっており、カードキー・リモコンタイプ・ハンズフリーの3タイプから選べます。

カードタイプ(電池式)

帰宅時

ドアのボタンを押す→カードやスマホをかざすと2つの鍵が自動で施錠→玄関に入って手で施錠(オートロックにもできます)

 外出時

上下のサムターンを手で解錠→ドアのボタンを押して、カードやスマホをかざせば2つの鍵が同時に施錠

 

 

 

 

 

 

 

タッチキー リモコンタイプ(電池式)

帰宅時

リモコンキーをバックや財布に入れて持ち歩き、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→玄関に入ってボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

外出時

リモコンキーをバックや財布にいれて、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→外に出てボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

 

 

 

 

 

 

 

システムキー ハンズフリー(ACアダプター 電気式)

帰宅時

リモコンキーをバックや財布に入れて持ち歩き、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→玄関に入ってボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

 外出時

リモコンキーをバックや財布にいれて、ドアに近づきボタンを押す→2つの鍵が自動で施錠→外に出てボタンを押すと施錠(オートロックにもできます)

 

 

 

 

 

 

 

FamiLock(ファミロック)

また、同じドアで一人ひとりが鍵のタイプ(スマートフォンやリモコン、カードキー)を選び玄関ドアの施解錠を行うことができるFamiLock(ファミロック)もあります。

 

 

 

YKKAP

YKKAPは「スマートドア」という商品名になっており、ポケットKey、ピタットkeyの2タイプがありあす。

 

ポケットKey

リモコンを持っていればハンドルのボタンを押すだけで解錠き、リモコン操作によりドアから離れていても解錠できます。 また、カードやシールでの施解錠も可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰宅時

ポケットkeyを身に着けた状態でボタンを押すことで解錠→ドアを開けて玄関に入る→上のサムターンを施錠で連動して下のサムターンも施錠します。

外出時

上下のサムターンを回す、解錠確認して外へ→ポケットkeyを身に着けた状態でボタンを押す。

また楽天Edyに対応したカードもキーとして使うことができます。

 

 

 

 

ピタットkey

カードやシールをかざすだけで施解錠ができます。カードキーはお財布やパスケースにいれたままでOK。シールキーについては、シールをお好きな小物に貼るだけで鍵に早変わりします。

 

 

 

 

カードキー(3枚標準装備)

 

 

 

 

 

 

シールキー(3枚標準装備)

帰宅時

カードやシールキーをかざすことで解錠→ドアを開けて玄関に入る→上のサムターンを施錠で連動して下のサムターンの施錠します。

外出時

上下のサムターンを回す、解錠確認して外へ→カードやシールドをかざすことで施錠。

 

このようにキーレスドアは防犯性と機能性においても優れたドアになっています。LIXILYKK apともに、今ある玄関ドアの枠を利用し、新しい玄関ドアの枠を取り付けることで壁や床を壊さずにたった1日で玄関ドアの取替工事が完了できますので気軽にリフォームが可能です。