投稿

パナソニックのトイレ「アラウーノ」おすすめ機能

リフォームや新築のトイレを選ぶとき、どのメーカーにするかで悩みませんか?一見同じように見えるトイレでもメーカーによって様々な特徴があるんですよ。
パナソニックと言えば電化製品のイメージが強くトイレなんて意外と思われる方も多いのでは。トイレのメーカーはTOTO、リクシル(全身はINAX)が国内シェア1位2位を占めていて、トイレ=TOTOのイメージを持っている人も多いですよね。パナソニックは2006年に業界初の樹脂製のトイレ「アラウーノ」を発売して人気商品となり、いまではTOTO、INAXに並ぶ勢いでパナソニックを選ぶ人も増えているんです!
今回は人気上昇中のパナソニックのトイレの特徴や最新の機能についてまとめてみました。購入を検討されている方は参考にしてみて下さい。

 

スゴピカ素材(有機ガラス系)

便器と言えば陶器が一般的ですよね、TOTOもINAXも陶器製ですが、パナソニックは陶器ではなく有機ガラス系新素材を採用しています。
有機ガラスとは、水族館の水槽や航空機の窓にも使用される軽くて強い素材なんです。素材そのものが汚れをはじくので、陶器のように便器内に水アカがつきにくいのが特徴です。細かい傷もつきにくい特長をもっています。

スキマレス設計

汚れが入り込む便座と便器のスキマがない形状になっています。
TOTOやリクシルと違い、パナソニックのアラウーノは有機ガラス系の樹脂製便器なので、自由に形をつくることができるので樹脂製ウォシュレットと一体成型が可能となっています。汚れが入るスキマや段差のない形を作ることができ、汚れてもカンタンにふき取ることができるんです。

劇落ちバブル

市販しているキッチン用の中性洗剤を使って、トイレを使うたびに洗浄する機能があります。
直径約5ミリメートル以下の「ミリバブル」と、直径や約60マイクロメートルの「マイクロバブル」という2種類の泡を使うので小さな汚れも取り除けます。
ただし、アラウーノの洗剤タンクに使えるものは台所用中性洗剤(LIONチャーミーマジカ、花王キュキュットが推奨品でその中でも使用できるものとできないものがあります)とパナソニックが発案したアラウーノ専用洗剤のアラウーノフォームのみになるので、洗剤を選ぶ際には注意が必要ですが、普段キッチンで使っている洗剤がトイレのお掃除にも使えるなんて便利ですよね!

トリプル汚れガード

トリプル汚れガードと呼ばれる、泡でトビハネをおさえて受け止め、床や壁などへの汚れを抑制する「ハネガード」、スゴピカ素材ならではの精密な設計で外側に設けられた高さ約3mmの立ち上がりがフチをつたって垂れ出るのをおさる「タレガード」、座って用を足してもスキマから飛び出しにくい仕組みで前面から床などへの漏れ出しをおさえる「モレガード」の3つの機能が汚さないトイレを目指しています。

しっかり節水

パナソニックが独自に開発した「ターントラップ方式」。上からの流水と下への排水が同時進行で行われる従来の方式は、底の溜め水がムダになってしまいます。まずは排水せずに溜め水も含めて便器の中に渦を作りながら水をため、十分にたまったところで一気に排出する洗浄方法が「ターントラップ方式」です。水圧の低さに悩まされていたご家庭でも、弱い水流によるトラブルが解消するかもしれません。少ない水で効果的に流すだけでなく、洗浄音も約70dBから約55dBに抑えることに成功しました。

オゾン水・ナノイーX

TOTO同様に水から作られた除菌効果のあるオゾン水を自動で散布する機能があります。便座から立ち上がると、自動で便器内とノズルに除菌効果のあるオゾン水を散布して、汚れの原因菌を抑制します。このオゾン水は薬品を使わず水から生成され、時間が経つと元の水に戻るので環境への負荷が小さく、医療や調理の現場などでも使われている水で安心ですね。
便器本体からは、ナノイーXを放出して、ニオイを脱臭、汚れの原因にもなるカビ菌やウィルスを抑制してくれます。

ドレスアップコレクション

「アラウーノL150シリーズ」ではドレスアップコレクションというオプションがあり、ホワイトに加えシルバーや木目の家具のようなインテリア性を追求した、便フタの柄が選べるようになっています!
壁紙や床材などトイレのインテリアに合わせたお好きな雰囲気に空間をデザインすることが出来ますよ。

アラウーノアプリ

「アラウーノ L150シリーズ」「S160シリーズ」で無料で利用できるアプリになります。アプリをダウンロードしてスマホと連携することで、忘れがちなお手入れの時期や、洗浄洗剤の補充時期をお知らせしてくれたり、電気や水道の使用量の目安を確認でき、節約アドバイスがもらえる機能があるようです。さらには、着座・大洗浄・小洗浄の使用履歴が見れるみまもりモニタもあり、日々の健康チェックにも役立つほか、離れて暮らしている高齢者の健康チェックも出来るようです。

【 まとめ】

いかがでしたか?アラウーノを使用したことがあるのですが、劇落ちバブルの泡が本当にモコモコで泡立ちがすいごなと思いました。水を流すたびモコモコ泡で自動お掃除をしてくれるので、普段のトイレ掃除は周りを軽く拭くだけの簡単お手入れで済むのが嬉しいですね。最新のトイレはお掃除のしやすさだけではなくてデザイン性や利便性においても格段に向上していますね!毎日使うトイレのリフォームと同時に床や壁紙まで交換すれば、思わず長居してしまうような空間になりますね。トータルコーディネートして快適なトイレにしてみませんか?

リフォームコールセンターでは便器交換だけではなく一緒に床やクロスも交換工事が可能です!
ご依頼お待ちしております。

 

 

トイレ取替の撮影ポイント

今回はトイレリフォームのお見積もりをご依頼いただく中で、お客様からご質問が多いトイレの便器品番の撮影ポイントについて詳しくお伝えします。
どの写真を撮ったらいいか分からない方は参考にしてみて下さい。

トイレのリフォームの場合、現在設置されている便器の排水方式と同じ方法の便器を選択して頂く必要があります。
便器の排水の種類には『床排水』と『壁排水』の2種類のタイプがあります。戸建てや、 比較的新しいマンションは床排水タイプですが、マンションで便器の後側から壁との間に太い排水管がある場合は壁排水タイプです。

リフォームコールセンターでは、ご使用中のトイレがどの排水方法(排水芯・排水高)なのかを、便器の品番シールを写真に撮っていただき、確認させて頂いております。
TOTO、LIXIL(INAX)であれば便器の正面向かって左下の床付近ににシールまたは印字があり、便器の品番が記載されています。

タンクやウォシュレットに貼られたシールの品番では、排水方法が特定できません。必ず、便器に貼られたシールをご確認下さい。

TOTOの便器品番・・・アルファベット C、CS、CES等
LIXIL(INAX)の便器品番・・・アルファベット DC、GBC等

正確なお見積りを出させて頂くために、撮影のポイントをぜひ参考にしてみて下さい。トイレリフォームのご依頼お待ちしております。

新型コロナウイルスと共存していく、これからの『リフォーム』の在り方

2020年、令和2年となる今年。

新型コロナウィルスと言う驚異が日本各地、強いては全世界で猛威を振るっている状況で

未だに収束しきれていない現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な状況、シチュエーションにおいて、今後生活していく上で多くの不安要素が考えられます。

例えば、専門家や政府の皆様がよく使われていた言葉に『SOCIAL DISTANCE』と言うものがあります。

これは人との接触をなるべく避けて、感染を防止しようと言う心がけの一環です。

 

リフォーム業界において、SOCIAL DISTANCEを保っていくにはどのような方法があるのか。

これからの時代に向けて、我々リフォーム業界がどのような役割を果たせるのか、日々模索しています。

 

そもそも、家をリフォーム・リノベーションするにあたって、一般的な工事ご依頼~完了までの流れがこちらです。

 

 

従来のリフォーム工事完了までの流れ

①お客様からリフォームの依頼を受ける

方法…各店舗へ来店(営業と対面接触リスク)・電話受電・メール受信

②下見・現地調査(営業と対面接触リスク

③お見積り作成・商談(営業と対面接触リスク)➡成約

④工事開始(職人との接触リスク

⑤工事終了➡リフォーム個所の動作確認をし工事確認完了書へサイン(営業・職人との接触リスク

⑥お支払いは銀行振込(銀行での接触リスクやクレジットカード・Pay払い(各店舗にて接触リスク

 

上記の方法で行っていくと濃厚接触になってしまう可能性がいくつも発生してしまいます。

今まではこれが通例だから仕方がないと思い、工事をされてきた方も多くいらっしゃると思います。

 

そこで我々リフォームコールセンターでは、少しでも無駄な時間や接触、経費などを減らし

これからの時代に沿ったリフォーム工事の提案ができないかと考えました。

 

リフォームコールセンターの工事完了までの流れ

①お客様からリフォームの依頼を受ける(メール・LINE・電話対応のみの為、接触リスクなし

②お客様自身でリフォーム箇所の写真撮影→メール・LINEにて送信(下見・現地調査は行わない為、接触リスクなし

③お見積り作成・商談➡成約(メール・LINE・電話対応のみの為、接触リスクなし

④お支払い(HPでクレジットカード払いの為接触リスクなし)確認後、工事開始(職人は手洗い・マスク装着・随時消毒をし、お客様と一定以上の距離を保つよう心がけ、接触リスクを最小限に抑える

⑤工事終了➡リフォーム個所の動作確認をし工事確認完了書へサイン(工事した当日記入、もしくは後日郵送で送られてくる書類に記入後返信用封筒で返送で接触リスクなし

 

以上のシステムを確立し、お客様と従業員との濃厚接触を最小限に抑え、リフォーム工事の完了まで至る事を実現させました。

 

実はリフォーム業界において『下見・現地調査が要らない』という事は大変画期的な方法です。

従来ですと、「実際に見てみないと分からない・見積できない」と言ったケースが大変多いのですが

昨今の携帯電話・スマホの普及率や、携帯画像の画質向上・写真の鮮明さにより、

携帯のお写真のみでの見積もりが可能となっております。

また、下見・現地調査へ伺わない事により、工事現場までの往復交通費・時間が節約され

その分が必要経費のコストカットに繋がると言うメリットも生み出しました。

 

その他にも弊社は、コールセンター事業所や従業員に対しても、徹底した消毒・健康管理等を行っております。

・事業所での常時換気・アルコールでの定期的な消毒

・一定時間当たりの従業員の人数を最小限に

・一人一人のデスク・ヘッドセットで使いまわしをせず、常にSOCIAL DISTANCEを保つ

 

清潔・健康・消毒・社会的距離の維持・接触リスク0で

安心・安全で信頼できるリフォーム工事が出来るよう、これからも日々努力し邁進し続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム工事のお見積りはすべて無料です。

また、リフォームに関する疑問・質問など、分からない事やお困りごとなどありましたら

お気軽にお電話や、メール・LINEでも受け付けております。

お顔が見えないからこそ、より一層親切・丁寧に対応させて頂きます。

皆様からのお問い合わせ・ご依頼、心よりお待ちしております。

今後ともリフォームコールセンターを宜しくお願い致します。

 

リフォームコールセンター

☏0120-05-7549

info@reform-callcenter.jp

LINE:@017jkrxh

 

 

 

 

 

 

 

 

トイレリフォームで、これだけは押さえておきたい3つのポイント

毎日みんなが使うトイレ。

そして、水廻り品の中でも一番汚れが気になる。

お掃除をするのが大変な部分だから、なるべく綺麗で清潔を保ちたい場所ですよね。

トイレの快適は、暮らしの快適に直結しています。

今回は、トイレリフォームのポイントについて、3つご紹介していきたいと思います。

 

 

ポイントその1.

どんなトイレにしたい? ~タンクレスorタンク有~

トイレの種類は大きく分けて2つ。

タンクレス』か『タンク』かです。

タンクレストイレとは主に、タンクがない、またはないように見えるほどタンクが小さいトイレ。

そしてタンク有トイレとは便器とタンクが分かれており、タンクに水を貯めてから流す、従来の洋式トイレに見られる一般的な形のものです。

ここでそれぞれの特長を比較してみましょう。

 

タンクレストイレの特徴

メリット…狭いスペースでも設置ができる、空間を広く見せることができる、スタイリッシュ、連続で水が流せる、タンクがない分お掃除も楽に。

デメリット…停電の時少し不便、水圧によっては設置不可、手洗い器が別途必要、温水洗浄便座のみの交換が不可。

価格…定価20~50万円程 ➡リフォームコールセンターWEBSHOPでは工事費込で14万円代~

 

タンク有トイレの特徴

メリット…停電の時も安心、水圧が低い場所にも設置可能、手洗い器を付けられる、温水洗浄便座のみの交換が可能。

デメリット…タンクがある分空間が狭く感じる、狭いスペースへの設置が難しい、連続で流せないので多少時間がかかる、タンクがある分のお掃除が追加される。

価格…定価10~20万円程 ➡リフォームコールセンターWEBSHOPでは工事費込で7万円代~

 

また、最新の温水洗浄便座(ウォシュレットやシャワートイレ等)には、

自動開閉、自動洗浄や、便器に除菌効果のある水を噴射できたり、脱臭機能が付いているものもあり、

より一層トイレのキレイを保てる工夫が施されています。

 

ポイントその2.

トイレだけを変えれば大丈夫? 実は床工事も必須!

トイレを新しい物へ取り替えるだけで、トイレのリフォームは完了、

そう思っていませんか?

実は、床の工事も必要なのです。

トイレの便器は一つ一つ形が異なります。

古いトイレを外し、新しいトイレを設置してみたら

以前のトイレ跡が残ってしまった、なんて事がよくあります。

また、トイレは家の中で一番汚れやすく、お掃除も大変で、臭いも気になる場所。

汚れにくく、お掃除しやすい床に張り替えることで、より快適な空間へ生まれ変わります。

トイレの主な床材は3つ。

 

①クッションフロア…現在の住宅トイレで一番使用されている素材。耐水性、掃除のしやすさ、工事時間の早さ、費用が抑えられるという面で選ばれています。価格相場は2~4万円

➡リフォームコールセンターWEBSHOPでは、クッションフロア張替工事費込で¥8000

 

②フローリング…住宅のリビングや廊下に合わせてフローリングにされている事もあります。ただ、水に弱いのでコーティングを施すなどの工事も必要となります。価格相場は4~6万円

 

③タイル…以前から日本のトイレで親しまれてきたタイル。タイルは見た目も美しく、耐久性、防汚性にも優れておりますが、費用が高く、工事時間も多く必要となります。価格相場は6~10万円

あなたの好みに合った床材を選び、材質・カラーなど、全体の雰囲気を想像しながら

決めていきましょう。

 

ポイントその3.

各メーカーの特徴をよく見て、後悔しないトイレリフォームを

トイレリフォームで重要なことは「なぜリフォームしたい」と思ったのかを念頭に置いておくことです。

今使っているトイレの何が不満だったのか、不便だったのか、壊れてしまった箇所や水漏れして困っているなど、

様々な理由が挙げられます。

そもそもトイレの寿命は10~20年。

便器自体は陶器製の物なら100年以上持つものもありますが、タンク内の部材寿命や配管の寿命、パッキンの劣化などが10~20年なのです。

また、日本メーカーのトイレは、世界でもトップクラスの高い技術と機能性を誇っており、

毎年新しいトイレが各メーカーから競うように研究・開発され、近年、トイレは驚きの進化を遂げます。

例えば節水

1回あたり13Lまたは8L必要だった水が、わずか3.8~4Lで流せるようになりました。

20年前のトイレと比べると、1年間で15000円程節約できる計算になります。

従来の便器と比べて大幅に少ない水で洗浄できるようになりました。

また、掃除のしやすさや、汚れの付きにくさも近年大きな変化を遂げています。

便器自体を普通に使用しているだけで、従来品よりも汚れが付きにくい構造・素材になっています。

また、従来品であったフチを極限までなくしたり、便器の外側の凹凸もなくして

毎日のお掃除を少しでも楽できるよう、施されています。

 

国産トイレの有名な3大メーカーは、TOTO、LIXIL、Panasonicです。

各メーカーごとの特徴を見ながら、あなたにとって何が必要なのかを見極め、

より納得のいくトイレ空間を想像しながら、選んでいきましょう。

 

いかがでしたか?

今回は、ここだけは押さえておきたいと言うトイレリフォームのポイントを3つご紹介させて頂きました。

これらのポイントを踏まえながら

あなたにとって一番快適な理想のトイレ空間を実現させましょう。