投稿

人気上昇中、安心・便利なタッチレス水栓

新型コロナウイルスの影響で新しい生活様式になり、感染症対策としての意識や行動にも変化があらわれるようになりました。感染症対策のため非接触ニーズが拡大していて、その中でも今注目されているのがタッチレス水栓です。
不特定多数の人が使用する手洗い場の衛生対策として今では介護施設、保育施設、学校や店舗など多くの場所で採用されています。
そもそもタッチレス水栓の歴史は1980年代、医療施設でのニーズの高まりが始まりのようです。以前は、感染症対策のため足踏み式水栓が使用されていましたが、より簡易な操作で水が出せるタッチレス水栓が主流になっていったのがタッチレス水栓の始まりになります。

家の中でも、仕事がリモートワークとなったり外出の自粛などで家で過ごす時間が多くなったことで家庭内の非接触にも注目が集まっていてタッチレス水栓の関心や需要が急増しているようです。
LIXILではタッチレス水栓の売上が対前年比43%増となるなど注目の高さがうかがえます。今回はそんなタッチレス水栓についてお伝えします。

そもそもタッチレス水栓とは?
タッチレス水栓とは、水栓に直接手を触れずに水の吐水や止水ができる設備のことです。水栓上部にに高性能センサーがついており、物や手の動きと距離を感知し、かざすとセンサーが反応して自動で水がでます。止めるときも物や手をかざすだけで止まる仕組みになっています。

今注目のタッチレス水栓ですがメリットもあればデメリットもあります。次にタッチレス水栓にはどんなメリットデメリットがあるのかをご紹介します。

<メリット>

①泡や汚れた手で触ることなく水が出せる

なんといってもタッチレス水栓の一番のメリットと言えるのではないでしょうか、帰宅後の手洗いや生肉など調理中の手でもレバーを直接触ることなく水を出すことができます。

②節水効果が期待できる

手がふさがっていてもかざすだけで水を止めることが可能なので、作業中に水が出しっぱなしになることを防ぎ節水になります。

③小さなお子様や高齢者にも使いやすい

レバー操作が必要ないので、奥にあるレバーに手が届きにくい小さなお子様にも使いやすいことや高齢になりレバーの開け閉めの操作に力が入らない場合なども感覚的に操作が可能です。

④掃除が楽

レバーハンドルがない分、レバーの周りや水栓の根元に水アカやカビが発生しにくくお手入れ回数も少なくなりお掃除も楽です。

<デメリット>

①停電時にタッチレス機能が使えなくなる

タッチレス水栓の操作は電気で行うため電源が必要となります。停電時には手動に切り替えて使う必要があるため、停電時に備えて手動での操作対応を覚えておく必要があります。

②手動の水栓での閉め忘れに注意

タッチレス水栓に慣れてしまうと別の場所で手動の水栓を使用したあとにレバーを閉める操作を忘れてしまうことがあるようなので注意しましょう。

③機種によってはセンサーの感度が高すぎたり低かったりする

選ぶ機種によってはセンサーが過度に反応してしまい意図せず水が出てしまったり、逆に感度が悪く手をかざしても反応しにくいなど、使い始めは慣れない操作に戸惑うことがあるかもしれません。

一見便利なタッチレス水栓でも、電気を使用するため電気工事が必要な点や停電時に使えず手動に切り替えて使用する必要があるなどのデメリットもあることをあらかじめ知っておく必要がありますね。タッチレス水栓の機能は現在浄水器付きやハンズフリー、乾電池タイプなど、多岐にわたりご家庭の用途に応じて選択肢があります。詳しくどんな機能があるのかを一緒に見てみましょう。

人気のタッチレス水栓 LIXIL ナビッシュ

キッチンのタッチレス水栓の国内の圧倒的なシェアと言えばやはりLIXILです。LIXILのタッチレス水栓の機能にはどのようなものがあるのでしょうか。

LIXILのタッチレス水栓「ナビッシュ」には大きく分けて2種類あります。

<ナビッシュハンズフリー>

上部に手をかざす必要がなく吐水口に内蔵されたセンサーが手や物を感知して自動で行えます。

<ナビッシュ>

水栓上部のセンサーに手をかざすことで連続して吐水。水を止める時はもう一度上部センサーに手をかざします。

ハンズフリーとは?
蛇口のハンドルやレバーに触れなくても、センサーで自動的に水を出したり止めたりができる点はタッチレス水栓と一緒です。ハンズフリーは吐水口部分にセンサーが設けられているため、吐水口の下に手を差し出すと自動的に水が出て、引き抜けばまた自動で水が止まる仕組みになっています。手をかざして止めるという動作が必要ないため不特定多数の人が使用する公衆トイレや商業施設のトイレなどに多く使用されています。
LIXILのタッチレス水栓ナビッシュにもハンズフリーが付いているタイプとないタイプで選ぶことができます。

 


ここからはLIXILナビッシュの便利な機能についてご紹介していきます。

<ルミナスサイン>適温が一目でわかる

対応する水栓タイプ:ナビッシュハンズフリー・ナビッシュ
光の色の変化で吐水温度が表示されるので一目で適温かどうかわかります。冬の湯待ちの煩わしさを軽減し、高温吐水時の危険表示にもなります。

<浄水専用先端タッチレススイッチ>浄水と原水の使い分けもカンタン

対応する水栓タイプ:ナビッシュハンズフリー・ナビッシュ
使用場面にあわせて使い分けできる2つのセンサー
それぞれのセンサーに手をかざすだけで浄水・湯水の吐水や止水がカンタンにできます。


<エコセンサー>湯水の使い分けが簡単だから更に省エネ

対応する水栓タイプ:ナビッシュハンズフリー・ナビッシュ
タッチレスのセンサー部に『エコセンサー』を追加。お湯を無意識に使うことがないため無駄な給湯エネルギーを使いません。使用場面に合わせてお湯と水を使い分けることで、従来品と比較して約31%の省エネ効果が期待できます。

<乾電池式>電源不要でリフォームにおすすめ

対応する水栓タイプ:ナビッシュ
電源がなくても設置ができる乾電池式が登場。電池ボックスもコンパクトなので場所を選びません。アルカリ乾電池単1形2本で電池寿命は約1年です。

※ 電池寿命は、水栓の使い方や頻度、設置環境により多少前後します。
※ 乾電池式はB6、B5タイプのみ。

まとめ

もしお近くにショールームなどがあれば、タッチレス水栓は実際にショールームでの体験することがおすすめです。水を出したり止めたり感覚的に操作することで便利さを実感することができると思います。感染対策や家庭内の利便性のためにもタッチレス水栓を取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

パナソニックのトイレ「アラウーノ」おすすめ機能

リフォームや新築のトイレを選ぶとき、どのメーカーにするかで悩みませんか?一見同じように見えるトイレでもメーカーによって様々な特徴があるんですよ。
パナソニックと言えば電化製品のイメージが強くトイレなんて意外と思われる方も多いのでは。トイレのメーカーはTOTO、リクシル(全身はINAX)が国内シェア1位2位を占めていて、トイレ=TOTOのイメージを持っている人も多いですよね。パナソニックは2006年に業界初の樹脂製のトイレ「アラウーノ」を発売して人気商品となり、いまではTOTO、INAXに並ぶ勢いでパナソニックを選ぶ人も増えているんです!
今回は人気上昇中のパナソニックのトイレの特徴や最新の機能についてまとめてみました。購入を検討されている方は参考にしてみて下さい。

 

スゴピカ素材(有機ガラス系)

便器と言えば陶器が一般的ですよね、TOTOもINAXも陶器製ですが、パナソニックは陶器ではなく有機ガラス系新素材を採用しています。
有機ガラスとは、水族館の水槽や航空機の窓にも使用される軽くて強い素材なんです。素材そのものが汚れをはじくので、陶器のように便器内に水アカがつきにくいのが特徴です。細かい傷もつきにくい特長をもっています。

スキマレス設計

汚れが入り込む便座と便器のスキマがない形状になっています。
TOTOやリクシルと違い、パナソニックのアラウーノは有機ガラス系の樹脂製便器なので、自由に形をつくることができるので樹脂製ウォシュレットと一体成型が可能となっています。汚れが入るスキマや段差のない形を作ることができ、汚れてもカンタンにふき取ることができるんです。

劇落ちバブル

市販しているキッチン用の中性洗剤を使って、トイレを使うたびに洗浄する機能があります。
直径約5ミリメートル以下の「ミリバブル」と、直径や約60マイクロメートルの「マイクロバブル」という2種類の泡を使うので小さな汚れも取り除けます。
ただし、アラウーノの洗剤タンクに使えるものは台所用中性洗剤(LIONチャーミーマジカ、花王キュキュットが推奨品でその中でも使用できるものとできないものがあります)とパナソニックが発案したアラウーノ専用洗剤のアラウーノフォームのみになるので、洗剤を選ぶ際には注意が必要ですが、普段キッチンで使っている洗剤がトイレのお掃除にも使えるなんて便利ですよね!

トリプル汚れガード

トリプル汚れガードと呼ばれる、泡でトビハネをおさえて受け止め、床や壁などへの汚れを抑制する「ハネガード」、スゴピカ素材ならではの精密な設計で外側に設けられた高さ約3mmの立ち上がりがフチをつたって垂れ出るのをおさる「タレガード」、座って用を足してもスキマから飛び出しにくい仕組みで前面から床などへの漏れ出しをおさえる「モレガード」の3つの機能が汚さないトイレを目指しています。

しっかり節水

パナソニックが独自に開発した「ターントラップ方式」。上からの流水と下への排水が同時進行で行われる従来の方式は、底の溜め水がムダになってしまいます。まずは排水せずに溜め水も含めて便器の中に渦を作りながら水をため、十分にたまったところで一気に排出する洗浄方法が「ターントラップ方式」です。水圧の低さに悩まされていたご家庭でも、弱い水流によるトラブルが解消するかもしれません。少ない水で効果的に流すだけでなく、洗浄音も約70dBから約55dBに抑えることに成功しました。

オゾン水・ナノイーX

TOTO同様に水から作られた除菌効果のあるオゾン水を自動で散布する機能があります。便座から立ち上がると、自動で便器内とノズルに除菌効果のあるオゾン水を散布して、汚れの原因菌を抑制します。このオゾン水は薬品を使わず水から生成され、時間が経つと元の水に戻るので環境への負荷が小さく、医療や調理の現場などでも使われている水で安心ですね。
便器本体からは、ナノイーXを放出して、ニオイを脱臭、汚れの原因にもなるカビ菌やウィルスを抑制してくれます。

ドレスアップコレクション

「アラウーノL150シリーズ」ではドレスアップコレクションというオプションがあり、ホワイトに加えシルバーや木目の家具のようなインテリア性を追求した、便フタの柄が選べるようになっています!
壁紙や床材などトイレのインテリアに合わせたお好きな雰囲気に空間をデザインすることが出来ますよ。

アラウーノアプリ

「アラウーノ L150シリーズ」「S160シリーズ」で無料で利用できるアプリになります。アプリをダウンロードしてスマホと連携することで、忘れがちなお手入れの時期や、洗浄洗剤の補充時期をお知らせしてくれたり、電気や水道の使用量の目安を確認でき、節約アドバイスがもらえる機能があるようです。さらには、着座・大洗浄・小洗浄の使用履歴が見れるみまもりモニタもあり、日々の健康チェックにも役立つほか、離れて暮らしている高齢者の健康チェックも出来るようです。

【 まとめ】

いかがでしたか?アラウーノを使用したことがあるのですが、劇落ちバブルの泡が本当にモコモコで泡立ちがすいごなと思いました。水を流すたびモコモコ泡で自動お掃除をしてくれるので、普段のトイレ掃除は周りを軽く拭くだけの簡単お手入れで済むのが嬉しいですね。最新のトイレはお掃除のしやすさだけではなくてデザイン性や利便性においても格段に向上していますね!毎日使うトイレのリフォームと同時に床や壁紙まで交換すれば、思わず長居してしまうような空間になりますね。トータルコーディネートして快適なトイレにしてみませんか?

リフォームコールセンターでは便器交換だけではなく一緒に床やクロスも交換工事が可能です!
ご依頼お待ちしております。