投稿

トイレ交換|トイレの選び方|

トイレの交換時期や、トイレ選び方についてまとめてみました。

トイレは毎日使うところであり、清潔で快適な空間を求める人が多いです。

古くなったトイレをリフォームをしたいけれど、まだ使えるし、お金もかかるためリフォームに一歩踏み出せない人もいるのではないでしょうか?

トイレの取替や、トイレのリフォームを考えるきっかけとなるが故障や老朽化です。

トイレの耐用年数は、 15年とされていますが、陶器製の便器の場合、ひび割れてしまわない限り100年使えるとも言われています。

 

 

 

 

 

 

大切に使えば一生涯つかえるといっても過言ではないでしょう。

ただし、タンク内の部品やパイプについてはそこまでの耐久性があるとはいえず、タンク内の部品が10年程度、パッキンや配管は20年程度で交換が必要な時期を迎えます。

また、トイレやその部品の劣化以外にも、トイレが古くなることにより長年蓄積してきた汚れなどが落ちづらくなってしまっていたり、便器内で流れずに滞留したものが詰まりの原因になることがあります。

しかし、いつ取替に踏み切るか判断するのは難しいものです。

毎日使うトイレを一度チェックしてみましょう。

トイレチェックシート

リフォームコールセンター

「少しくらい古くても大丈夫」と思っていたら、トイレが壊れて・・・では大変ですね!

 

皆さん今のトイレは、どのくらい進化しているか知っていますか?

最近はトイレの種類がとっても増えています。

昔とは違いカタログも分厚く、困ってしまう人が多いのではないでしょうか。

最新のトイレの進化

トイレ フチ形状

トイレは見た印象としてはあまり変化がなく、メーカー間の違いも分かりづらいです。

しかし、トイレ機能は着々と進化しているのです。

トイレを選ぶ際は、節水などの経済性やデザイン性・収納スペース有無や掃除のしやすさを考える方が多いようです。

この中でも、どのメーカーも共に掃除のしやすさを気にするユーザーが多いとのこと。

最近は一人暮らし・共働きの家庭が増え、より簡単に掃除をしたい人が増えています。

このような背景から各トイレメーカーは、清掃性の向上にも力を入れています。

・お掃除簡単なフチレス形状

100年クリーン AQUA CERAMIC

LIXILフチレス形状

フチレス

 

 

 

 

 

 

フチレス形状

 

 

 

 

 

 

便器のフチを丸ごとなくし、サッとひと吹き アクアセラミック

「ガンコな水アカ」も「汚物」もどちらも落とせる、お掃除ラクラクな衛生陶器。

さらにキズが付きにくく、ISOに準拠した抗菌(銀イオン)パワーで細菌の繁殖も抑えます。

アクアセラミック

 

 

 

 

 

 

 

 

アクアセラミック

 

汚れが付きにくく落としやすい

セフィオンテクト便器

TOTOフチなし形状

セフィオンテクト

 

 

 

 

トルネード洗浄

 

 

 

 

 

 

超平滑:陶器表面の凹凸をなくして汚れやカビをツルッと落とします

陶器表面の凹凸を100万分の1mmのナノレベルでなめらかな仕上がり。

汚れが付きにくく落ちやすいTOTO独自の技術です。

純度の高いガラス層を約1200℃の窯でじっくり焼き付けたことで、美しさが持続します。

 

TOTO

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

表面に凹凸があり、汚れがたまりやすかった。

※1999年以前のセフィオンテクト層を持たない便器

 

 

 

 

 

表面がなめらかなので、汚れが付きにくく落ちやすい

自分の生活スタイルに合わせて、何があると便利なのか・必要なのかを取捨選択する事がおススメです。

また各メーカーにより機能がさまざまですので、実際にショールームに見に行き体験するのもおススメです。

そしてトイレが家族もお客様も心地よい空間になるといいですね。

 

トイレ交換・トイレの取替は、リフォームコールセンターへご相談ください。

お見積りは無料!

見積は写真を撮って送るだけ!

撮影のポイントは、トイレ取替の撮影ポイントを参照ください。

 

トイレのフチ裏は有り?無し?

 

皆さんが毎日、お世話になっているトイレ。昔と比べて節水性が向上しているのはもちろんですが、お掃除のしやすさや快適性についても格段によくなっています。しかしながら、トイレ掃除で最も汚れが落としにくい便器の「フチ汚れ」については、多くの方が掃除の難しさに苦労しています。そんな悩みを解消すべく、最近では各メーカーから“フチ”が無いトイレが発売されて人気が高まっているのをご存知でしょうか?

各メーカーごとに“フチ”の形状に違いがありますので見ていきたいと思います。

 

 

形状:フチなし形状

汚れやすいフチ裏がなく、ひと目で汚れを確認できる。

 

便器のフチを握るようにして掃除ができます。

 

 

形状:フチレス

フチレス形状で、サッとひと拭きでお掃除ラクラク。

 

 

形状:ひとふき

汚れがたまりやすかった“フチ裏”がありません。

 

 

“フチ裏”がない形状で奥まで指が届き、サッとひと拭き。

 

 

形状:フロントスリム

便器のフチを完全に無くしました。

 

 

パナソニック以外の便器については、見事に“フチ”がないのがお解りいただけますね。皆さんは、そもそもトイレの“フチ”にはどんな役割があるかをご存知でしょうか?

実はこの“フチ”がある事により、尿の飛びはねなどをフチ裏でブロックしてくれる役目があるのです。特に男性は立って排尿する方が多いので、便器のフチ裏や床回りにビックリするぐらい尿滴が飛び散ってしまい臭いや汚れの原因となっています。そのまま汚れを放っておくと付着した尿が「尿石」という固まった汚れになり、落としにくくなるばかりかアンモニア臭の原因になります。ここまで読むと、トイレのフチが無いほうがいいのではと思えてきますね。しかし、フチレスにした場合ですとブロックする役目がないので飛び散った尿が便座・床などの広範囲に広がり、汚れやすくなるという意見もあります。

※尿石…リン酸カルシウムなどの無機汚れと酸性タンパク質などの有機汚れが強固に結合したもの

 

 

フチ有りの特徴

●フチがあって掃除しづらい(便器のフチ裏にアンモニア臭の原因になる尿石がたまりやすい)

●流水が便器内を隅々まで流れるので清潔に使用することができる。

 

フチ無しの特徴

●フチが無く、お掃除ラクラク。

●強力に流れるフチ有りとは違って、流す時の水量が弱くフチ無し部分の高さまで水量が流れてこない。

 

 

余談ですが、洋式トイレの場合には男性の方が尿の飛び散りが激しいと言われており汚れの原因を作りやすいです。

以下のNHK番組では男性の尿ハネ問題について解説してくれています。

参考資料 NHK

この映像を見てギョッとされた方も多いのではないでしょうか?

男性のトイレスタイルによっても違いますが“立ってする派”と“座ってする派”によって尿の飛び散り方には差が出てきます。

こちらのTOTOさんの調査結果を見ると年々、座って小をする男性が増えてきていることがわかります。年齢別では、年齢が上がるほど「座る派」が多くなってきているのは結婚後に家族に促されたという意見が多いのではないでしょうか。

参考資料 TOTO

トイレは家族みんなで使う場所、汚れに気が付いたときにサッと拭くことを習慣化して綺麗なトイレを維持していきたいですね。