投稿

トイレの違い

一体型トイレと組合せ型(分離型)トイレの違い トイレの選び方

今回はトイレのタイプについて解説をしていきます。

まずは一体型トイレについて解説します!

ページ最後にキャンペーンのお知らせがございますので、覧ください。

このタイプはタンクと便座が一体で繋がっている構造になっています。

継ぎ目が少なく、掃除がしやすいというメリットがあります。

 

※タンクと便座の分部を(機能部)といいます。

一体型トイレとは、便器・タンク・温水洗浄便座が手洗い有りと無しが選べます。
タンクがコンパクトなので、手洗いナシはタンクレストイレのようなローシルエット、手洗いアリは大きく深い手洗い鉢になります。
一体型トイレは凹凸が少なくつるんとしているかわいらしい形の便器が多いです。

 一体型トイレのメリット・デメリット

メリット デメリット
①手洗いなしはタンクレストイレに次ぐローシルエット
②手洗い付きは、丸みを帯びたかわいらしいデザイン
③タンク式なので水圧の低い所でも使える
④手洗いあり・なしを選べる
①便座が故障すれば、機能部(タンク・温水洗浄便座)

ごと交換する場合があるので、メンテナンス費用が高い
②連続使用をした場合、水量が足りなくなる場合がある
③タンクが樹脂製なので、全体の質感と手触りが異なる

続いては組み合わせ型のトイレです!

便器・便座・タンクを組み合わせているので、どこかが故障したらそこだけを交換すれば大丈夫です!

全国のトイレの中で最も設置数が多いタイプです。

組み合わせ便器は、タンク・便器と便座を選んで組み合わすことができます。

独立した便器・タンクと便座(ウォシュレット・シャワートイレ等)を組み合わせたタイプです。

便座の種類が豊富で細やかな要望を叶えられるのが特徴です。

自動でトイレのフタが開いてくれる『オート開閉』や、風が出てお尻を乾かしてくれる『乾燥』機能が付いている便座も組み合わせ可能です。

また、「極力シンプルで安い便座にしたい」という要望にもお応えする事ができます。

 組合せトイレのメリット・デメリット

メリット デメリット
①メンテナンス費用が安い
②要望によって便座の組み合わせを変えられる
③温水洗浄便座のみなどパーツごとの交換が可能
④手洗いあり・なしを選べる
①凹凸のある便器が多く清掃

面はタンクレス・一体型トイレに比べ劣る

②連続使用をした場合、水量が足りなくなる場合がある

ひと昔前までの便器と便座は、継ぎ目が多く掃除がしづらいのが欠点でしたが、最近のトイレは掃除がしやすい工夫がされているので、欠点の無いトイレといえます。

 

トイレリフォームキャンペーンのお知らせ

2020年12月28日までの大特価セール

TOTOウォシュレット一体形 ZJ1シリーズ

工事費込み価格 ¥98,670-

詳しくはリフォームコールセンターWEB SHOP ページをご覧ください。

トイレの取替、トイレ交換、トイレのリフォームの事なら、リフォームコールセンターへお問い合わせください。

トイレの保証 LIXIL編

トイレはあまり故障するイメージはないかもしれませんが、便座が冷たい、暖まらない、シャワーが出ない、ノズルが戻らないなどといったウォシュレットに関する故障が起こることがあります。そういった場合、ヒーターや受光部や基盤の部品交換で修理費用が1~2.5万円程かかってしまいます。
そんな時、メーカーの無料保証期間内であれば、無料にて修理を行うことができます。また有料にはなりますが5年10年といった延長保証もあります。
今回はLIXIL(INAX)のトイレの保証範囲や保証年数についてまとめてみました。


保証の範囲

トイレの保証範囲は商品によって違います。便器やタンクが保証にふくまれない商品もありますので、トイレを確認して頂き、下の図を参考にしてみてください。オレンジ部分が保証範囲となります。

●タンクレストイレ・・・・・・・すべて保証対象
●シャワートイレ一体型・・・・・すべて保証対象
●収納一体型便器・・・・・・・・温水洗浄便座(シャワートイレ)のみ保証
●シャワートイレシートタイプ・・温水洗浄便座(シャワートイレ)のみ保証

保証年数

無料保証

●サティス、リフォレ(便座部)、アステオ、New PASSO、パッソ・・・・・通常保証期間2年→リクシルオーナーズクラブ登録後、保証期間5年

●プレアス,アメージュZAシャワートイレ,洋風便器、収納一体型トイレ・・・通常保証期間2年→リクシルオーナーズクラブ登録後、保証期間3年

リクシルには、通常保証期間を無料で延長できる制度があります。「リクシルオーナーズクラブ」に登録(所有者登録)するだけで保証期間の延長が可能です。

リクシルオーナーズクラブとは?
リクシルオーナーズクラブとはLIXIL製品を購入されたお客様が長く安心してご使用いただくための無料のサービスです。ご購入いただいた対象製品をご登録いただくと、通常2年間のメーカー保証を3年間や5年間に無料で延長できます。

有料延長保証

<LIXIL長期保証サービス>
一般家庭で使用される場合を対象とし、5年または10年間にわたりお得な料金で安心の修理対応・サポートを提供するサービスです。無料で何度も対応してもらえ、電話での修理依頼は24時間受付ています。保証期間は5年または10年から選べます。申込期限は製品引渡日または購入日から6ヶ月以内です。インターネットまたは商品に同梱されているハガキからお申込みができます。5年10年延長保証の料金

商品名 5年プラン料金 10年プラン料金
サティス(G・S・E)、アステオ、New PASSO、パッソ、リフォレ(温水洗浄便座のみ)、フロート トイレ(温水洗浄便座のみ)、リフレッシュシャワートイレ(タンクレス・ピタ・リラステージ用) 0円(料金は無料ですが、サービスへのお申し込みが必要となります。) 18,000円
上記以外 2,000円 14,000円

今回はLIXIL(INAX)のトイレについてまとめてみました。次回はTOTOについてお伝えします。

トイレの保証 TOTO編

前回はLIXILのトイレの保証についてお伝えしましたが、今回はTOTOのトイレの保証についてまとめてみました。


無料保証

TOTOのトイレ保証も商品ごとに保証範囲や保証年数が違いますので、確認してみてください。保証対象は一般家庭用のみで、一般家庭用以外(事務所、店舗、病院など)でご使用の場合の商品は保証の対象外となっています。

ウォシュレット一体形便器
<無料保証期間>
・便座部 …1年
・便器(陶器)部 …2年
・便器部防水機能 …5年
※衛生陶器の防水機能について:便器・タンクの陶器部で、衝撃などによる破損ではなく、陶器製造時に陶器内部に残った歪みによって自然に発生するひびや割れによる水漏れについては、保証期間を5年間としています。

<商品名>
・ネオレストNX・AH・RH・DH・AHW(レストルームドレッサー専用品)・RHW(レストルームドレッサー専用品)・ワンデーリモデル専用ネオレスト
・GG・GG-800・GG-J・ワンデーリモデル専用GG
・ZJ・ZC・ZR・ZX・NJ・HV

 

ウォシュレット(シートタイプ)
<無料保証期間>
・製品本体 …1年

<商品名>
アプリコット・S・SB・J・JS・BV・K・KF・KM・KS・KW

 

システムトイレ
<無料保証期間>
・電気機器部 …1年
・製品本体 …2年

<商品名>
レストパル、レストパルF

 

 

有料延長保証

無料メーカー保証期間を、5年間・10年間に延長できる制度です。お取付日またはお引き渡し日から3カ月以内にハガキがインターネットでいつでもお申し込みができます。
最初の保証料のお支払いで、期間中の修理費用(部品代・作業代・訪問料)は何度でも無料です。

<延長保証対象商品>

【ウォシュレット一体形便器】
・ネオレストNX・AH・RH・DH・AHW(レストルームドレッサー専用品)・RHW(レストルームドレッサー専用品)・ワンデーリモデル専用ネオレスト
・GG・GG-800・GG-J・ワンデーリモデル専用GG
・ZJ・ZC・ZR・ZX・NJ・HV
※ウォシュレット一体形取替機能部は、5年保証のみお申込みいただけます。10年・プラス5年保証はお申込みできません。

【ウォシュレット(シートタイプ)】
・アプリコット
・S・SB
・J・JS・BV
・K・KF・KM・KS・KW

【システムトイレ】
・レストパル
・レストパルF
※レストパル・レストパルFのプランからお選びいただいた商品が本保証の対象です。プラン以外からお選びいただいた商品、後付けされた商品は対象外です。
※レストパル・レストパルFの品番で申し込んだ場合、システムトイレ一式が保証対象となります。「ウォシュレット」の品番で申し込んだ場合、「ウォシュレット」部のみが保証対象となります。


2回に分けてお伝えしましたがいかがでしたが?メーカーごとに保証期間や料金が異なりますので、リフォームする際に参考にしてみて下さい。また保証期間や内容について知っておくだけで、急な故障にも慌てずに対応できますよ。トイレリフォームをされた際には、保証期間と保証内容をきちんと確認しておくことがおすすめです。保証書は封筒に入ったものや、取扱説明書と一体のものがあります。保証書を受け取ったら、販売店名・お買い上げ日が書かれているか確認し、ご自身の住所・氏名・電話番号の記入に誤りがないかよく確かめてください。保証書の無料修理の規定をよく読み、大切に保管してくださいね。

トイレ取替の撮影ポイント

今回はトイレリフォームのお見積もりをご依頼いただく中で、お客様からご質問が多いトイレの便器品番の撮影ポイントについて詳しくお伝えします。
どの写真を撮ったらいいか分からない方は参考にしてみて下さい。

トイレのリフォームの場合、現在設置されている便器の排水方式と同じ方法の便器を選択して頂く必要があります。
便器の排水の種類には『床排水』と『壁排水』の2種類のタイプがあります。戸建てや、 比較的新しいマンションは床排水タイプですが、マンションで便器の後側から壁との間に太い排水管がある場合は壁排水タイプです。

リフォームコールセンターでは、ご使用中のトイレがどの排水方法(排水芯・排水高)なのかを、便器の品番シールを写真に撮っていただき、確認させて頂いております。
TOTO、LIXIL(INAX)であれば便器の正面向かって左下の床付近ににシールまたは印字があり、便器の品番が記載されています。

タンクやウォシュレットに貼られたシールの品番では、排水方法が特定できません。必ず、便器に貼られたシールをご確認下さい。

TOTOの便器品番・・・アルファベット C、CS、CES等
LIXIL(INAX)の便器品番・・・アルファベット DC、GBC等

正確なお見積りを出させて頂くために、撮影のポイントをぜひ参考にしてみて下さい。トイレリフォームのご依頼お待ちしております。

トイレリフォームで、これだけは押さえておきたい3つのポイント

毎日みんなが使うトイレ。

そして、水廻り品の中でも一番汚れが気になる。

お掃除をするのが大変な部分だから、なるべく綺麗で清潔を保ちたい場所ですよね。

トイレの快適は、暮らしの快適に直結しています。

今回は、トイレリフォームのポイントについて、3つご紹介していきたいと思います。

 

 

ポイントその1.

どんなトイレにしたい? ~タンクレスorタンク有~

トイレの種類は大きく分けて2つ。

タンクレス』か『タンク』かです。

タンクレストイレとは主に、タンクがない、またはないように見えるほどタンクが小さいトイレ。

そしてタンク有トイレとは便器とタンクが分かれており、タンクに水を貯めてから流す、従来の洋式トイレに見られる一般的な形のものです。

ここでそれぞれの特長を比較してみましょう。

 

タンクレストイレの特徴

メリット…狭いスペースでも設置ができる、空間を広く見せることができる、スタイリッシュ、連続で水が流せる、タンクがない分お掃除も楽に。

デメリット…停電の時少し不便、水圧によっては設置不可、手洗い器が別途必要、温水洗浄便座のみの交換が不可。

価格…定価20~50万円程 ➡リフォームコールセンターWEBSHOPでは工事費込で14万円代~

 

タンク有トイレの特徴

メリット…停電の時も安心、水圧が低い場所にも設置可能、手洗い器を付けられる、温水洗浄便座のみの交換が可能。

デメリット…タンクがある分空間が狭く感じる、狭いスペースへの設置が難しい、連続で流せないので多少時間がかかる、タンクがある分のお掃除が追加される。

価格…定価10~20万円程 ➡リフォームコールセンターWEBSHOPでは工事費込で7万円代~

 

また、最新の温水洗浄便座(ウォシュレットやシャワートイレ等)には、

自動開閉、自動洗浄や、便器に除菌効果のある水を噴射できたり、脱臭機能が付いているものもあり、

より一層トイレのキレイを保てる工夫が施されています。

 

ポイントその2.

トイレだけを変えれば大丈夫? 実は床工事も必須!

トイレを新しい物へ取り替えるだけで、トイレのリフォームは完了、

そう思っていませんか?

実は、床の工事も必要なのです。

トイレの便器は一つ一つ形が異なります。

古いトイレを外し、新しいトイレを設置してみたら

以前のトイレ跡が残ってしまった、なんて事がよくあります。

また、トイレは家の中で一番汚れやすく、お掃除も大変で、臭いも気になる場所。

汚れにくく、お掃除しやすい床に張り替えることで、より快適な空間へ生まれ変わります。

トイレの主な床材は3つ。

 

①クッションフロア…現在の住宅トイレで一番使用されている素材。耐水性、掃除のしやすさ、工事時間の早さ、費用が抑えられるという面で選ばれています。価格相場は2~4万円

➡リフォームコールセンターWEBSHOPでは、クッションフロア張替工事費込で¥8000

 

②フローリング…住宅のリビングや廊下に合わせてフローリングにされている事もあります。ただ、水に弱いのでコーティングを施すなどの工事も必要となります。価格相場は4~6万円

 

③タイル…以前から日本のトイレで親しまれてきたタイル。タイルは見た目も美しく、耐久性、防汚性にも優れておりますが、費用が高く、工事時間も多く必要となります。価格相場は6~10万円

あなたの好みに合った床材を選び、材質・カラーなど、全体の雰囲気を想像しながら

決めていきましょう。

 

ポイントその3.

各メーカーの特徴をよく見て、後悔しないトイレリフォームを

トイレリフォームで重要なことは「なぜリフォームしたい」と思ったのかを念頭に置いておくことです。

今使っているトイレの何が不満だったのか、不便だったのか、壊れてしまった箇所や水漏れして困っているなど、

様々な理由が挙げられます。

そもそもトイレの寿命は10~20年。

便器自体は陶器製の物なら100年以上持つものもありますが、タンク内の部材寿命や配管の寿命、パッキンの劣化などが10~20年なのです。

また、日本メーカーのトイレは、世界でもトップクラスの高い技術と機能性を誇っており、

毎年新しいトイレが各メーカーから競うように研究・開発され、近年、トイレは驚きの進化を遂げます。

例えば節水

1回あたり13Lまたは8L必要だった水が、わずか3.8~4Lで流せるようになりました。

20年前のトイレと比べると、1年間で15000円程節約できる計算になります。

従来の便器と比べて大幅に少ない水で洗浄できるようになりました。

また、掃除のしやすさや、汚れの付きにくさも近年大きな変化を遂げています。

便器自体を普通に使用しているだけで、従来品よりも汚れが付きにくい構造・素材になっています。

また、従来品であったフチを極限までなくしたり、便器の外側の凹凸もなくして

毎日のお掃除を少しでも楽できるよう、施されています。

 

国産トイレの有名な3大メーカーは、TOTO、LIXIL、Panasonicです。

各メーカーごとの特徴を見ながら、あなたにとって何が必要なのかを見極め、

より納得のいくトイレ空間を想像しながら、選んでいきましょう。

 

いかがでしたか?

今回は、ここだけは押さえておきたいと言うトイレリフォームのポイントを3つご紹介させて頂きました。

これらのポイントを踏まえながら

あなたにとって一番快適な理想のトイレ空間を実現させましょう。