リンナイガスふろ給湯器の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガスふろ給湯器の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガスふろ給湯器の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガスふろ給湯器の型式(型番)は、以下のような規則で表記されており、ガスふろ給湯器の能力や機能などを表しています。

【1】基本機能
RUF 設置フリー型ふろ給湯器
RFS 浴槽隣接設置型ふろ給湯器
RVD 設置フリー型給湯暖房用熱源機
【2】シリーズ記号
—– —–
【3】給湯能力
24 24号
20 20号
16 16号
【4】給湯・給水接続
0 20A(R3/4)
1 15A(R1/2)
【5】整理番号
—– —–
【6】ふろ機能
A フルオート
SA オート
【7】設置方式
W 屋外壁掛型
A アルコーブ設置型
T PS扉内設置型、PS前排気型、PS延長前排気型
B PS扉内後方排気型
U PS扉内上方排気型
F PS扉内給排気延長型
FF FF方式・屋内壁掛型
G 屋外据置型
【8】変遷記号
—– —–
リンナイガス暖房専用熱源機の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガス暖房専用熱源機の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガス暖房専用熱源機の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガス暖房専用熱源機の型式(型番)は、以下のような規則で表記されており、ガス暖房専用熱源機の能力や機能などを表しています。

【1】仕様
RH 暖房専用タイプ
【2】シリーズ記号
—– —–
【3】暖房能力
—– x1,000kcal/h
【4】整理番号
—– —–
【5】設置方式
W 屋外壁掛・PS設置型
FF FF方式・屋内壁掛型
【6】暖房機能
なし 1温度
2 2温度
【7】床暖房ヘッダー数
1 熱動弁外付けタイプ
6 熱動弁内蔵6系統
リンナイガス給湯暖房用熱源機の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガス給湯暖房用熱源機の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガス給湯暖房用熱源機の型式(型番)の見方・読み方

リンナイガス給湯暖房用熱源機の型式(型番)は、以下のような規則で表記されており、ガス給湯暖房用熱源機の能力や機能などを表しています。

【1】仕様
RUFH 給湯、ふろ、暖房を備えたタイプ
RVD 給湯、ふろ、暖房を備えたタイプ
RUH 給湯、暖房を備えたタイプ
【2】シリーズ記号
—– —–
【3】給湯能力
24 24号
20 20号
16 16号
【4】給湯・給水接続
0 20A(R3/4)
1 15A(R1/2)
【5】整理番号
—– —–
【6】ふろ機能
A フルオート
SA オート
【7】設置方式
W 屋外壁掛型
A アルコーブ設置型
T PS扉内設置型/PS前排気型
U PS扉内上方排気型
F PS扉内給排気延長型
FF FF方式・屋内壁掛型
【8】暖房機能
なし 1温度
2 2温度
【9】床暖房ヘッダー数
1 熱動弁外付けタイプ
3 熱動弁内蔵3系統
6 熱動弁内蔵6系統
ノーリツガス給湯器の型式(型番)の見方・読み方

ノーリツガス給湯器の型式(型番)の見方・読み方

ノーリツガス給湯器の型式(型番)は、以下のような規則で表記されており、ガス給湯器の能力や機能などを表しています。

ノーリツガス給湯器の型式(型番)の見方・読み方

【1】型式
GQ-C 給湯単機能タイプ(高効率タイプ・エコジョーズ)
GQ- 給湯単機能タイプ
【2】給湯能力(号数)
32 32号
24 24号
20 20号
16 16号
10 10号
5 5号
【3】開発番号
—– —–
【4】自動お湯はりの機能
A 自動お湯はり給湯器<高温水供給方式・クイックオート>
【5】機器の設置形態
W 壁掛型
R 据置型
【6】PRO-TECメカ(Q機能)の搭載有無
X PRO-TECメカ搭載
無印 PRO-TECメカ搭載なし
【7】屋内設置の給排気方式
FF 強制給排気型2本管方式(上方接続)
FFA 強制給排気型2重管方式(上方接続)
FFB 強制給排気型2重管方式(後方接続)
F 強制排気型(FE式)
【8】PS設置型の型番
無印/PS PS標準設置型
L PSアルコーブ設置型
T PS扉内設置型
TB PS扉内後方排気延長型
C PS扉内前方排気延長型
H PS扉内上方排気延長型
【9】BL認定品
無印 BL認定品ではない
BL BL認定品
ノーリツガスふろ給湯器の型式(型番)の見方・読み方

ノーリツガスふろ給湯器の型式(型番)の見方・読み方

ノーリツガスふろ給湯器の型式(型番)は、以下のような規則で表記されており、ガスふろ給湯器の能力や機能などを表しています。

ノーリツガスふろ給湯器の型番(型番)の見方・読み方

【1】型式
GT-C 設置フリー型(高効率タイプ・エコジョーズ)
GT-CV 設置フリー型、三方弁対応(高効率タイプ・エコジョーズ)
GT- 設置フリー型
GRQ-C 隣接設置型(高効率タイプ・エコジョーズ)
GRQ- 隣接設置型
【2】給湯能力(号数)
24 24号
20 20号
16 16号
【3】開発番号
—– —–
【4】おふろ沸かしの機能
A フルオート
SA オート
【5】機器の設置形態
W 壁掛型
R 据置型
【6】PRO-TECメカ(Q機能)の搭載有無
X PRO-TECメカ搭載
無印 PRO-TECメカ搭載なし
【7】屋内設置の給排気方式
FF 強制給排気型2本管方式(上方接続)
FFA 強制給排気型2重管方式(上方接続)
FFB 強制給排気型2重管方式(後方接続)
F 強制排気型(FE式)
【8】PS設置型の型番
無印/PS PS標準設置型
L PSアルコーブ設置型
T PS扉内設置型
TB PS扉内後方排気延長型
C PS扉内前方排気延長型
H PS扉内上方排気延長型
TF 超高層・PS標準設置型
【9】変更の有無
2 発売後に小変更があった場合の区別
【10】BL認定品
無印 BL認定品ではない
BL BL認定品
ガス給湯器の寿命と故障の前兆(サイン)について

ガス給湯器の寿命と故障の前兆(サイン)について

調子の良し悪しが分かりにくいので、ある日突然お湯が出なくなって、慌ててしまいがちなガス給湯器ですが、ガス給湯器の故障は、突然起こることのほうが少なく、故障の前に、何らかの前兆(サイン)があることが多いです。
以下の項目で、該当する症状がある場合は、近いうちに故障する可能性があるとお考えください。
ガス給湯器の故障のサインを知ることで、計画的に交換の準備をされることをお勧めいたします。

  1. なかなか着火しない。
    お湯を出そうとしても、お湯が出るまでに時間がかかる。
  2. 給湯温度が安定しない。
    蛇口から出るお湯の温度が、設定温度よりも冷たかったり熱かったり、温度が安定しない。
  3. お風呂のお湯が温かくならない。
    お風呂の湯はりはできるが、温かくない。設定温度よりもぬるい。
  4. 湯はり・追いだきができない。
    お風呂の湯はり・追いだきの両方、あるいは、どちらか片方ができない。
  5. ガス給湯器から異常音がする。
    正常運転時よりも大きな音がする。お湯を出すときの「ボッ」という着火音が、以前よりも大きくなっている、あるいは、以前と異なる音がする。
  6. 水漏れしている
    ガス給湯器から水漏れしている。
  7. ガス給湯器から煙が出たり、異臭がしたりする。
    不完全燃焼を起こしている可能性があり、そのまま継続して使用することは危険なため、至急修理・交換が必要。

ガス給湯器を設置されてから、10年以上経過している場合には、ガス給湯器の交換をお勧めいたします。
10年以上経過しますと、全体的に老朽化しているため、1箇所を修理しても、またすぐ別の箇所が故障するという場合も多いです。

家族の人数とガス給湯器の号数の関係

家族の人数とガス給湯器の最適な「号数」の関係

ガス給湯器の「号数」とは、ガス給湯器の給湯能力のことで、「水温+25℃のお湯を1分間に何リットル出せるか」という基準で決められています。
そして、一般家庭で使用されるガス給湯器の号数は、16号・20号・24号のいずれかがほとんどです。
つまり、それぞれ、水温+25℃のお湯を1分間に、16リットル・20リットル・24リットル出せるガス給湯器ということになります。

家族の人数とガス給湯器の号数の関係

一般的に、2人家族の場合、16号か20号で迷われる方が多いです。
20号だと少し余裕があり、一年を通して快適に過ごせます。
16号の場合も、冬場のシャワーと台所の同時使用以外は、基本的に快適に過ごせます。

当社の場合、16号のガス給湯器と20号のガス給湯器の価格差がかなり小さく、20号がお買い得となっていますので、一年を通して物足りなさを感じることがない、20号のガス給湯器を選択されることをお勧めいたします。

4人以上の家族の場合、シャワーと台所と洗面所の3箇所を同時に使用される場面も出てくると思います。
3箇所を同時に使用される場合、20号ですと物足りなさがありますので、24号をお勧めいたします。

エコジョーズはどのくらいお得なのか

省エネガス給湯器のエコジョーズはどのくらいお得なのか?

毎月のガス代を何とか節約しようと努力されている方も多いと思います。
特に、冬になり寒くなりますと、ガス消費量も増加し、月々のガス代も高くなってきます。

ここ10年ほどで、ガス給湯器メーカー各社から、「エコジョーズ」という省エネタイプのガス給湯器が発売され、広く普及してきています。
エコジョーズガス給湯器は、従来型のガス給湯器で捨てられていた排熱を再利用し、熱効率を高めることで、ガス消費量を減少させています。

従来型ガス給湯器とエコジョーズガス給湯器を比較しますと、

従来型ガス給湯器とエコジョーズガス給湯器の比較

★ 従来型ガス給湯器: 排気温度約200℃、熱効率約80%
☆ エコジョーズガス給湯器: 排気温度約50℃、熱効率約95%

で、エコジョーズガス給湯器のほうが、熱効率が約15%も良く、ガス消費量に換算しますと、約13%の減少になり、かなり省エネなことが分かります。
ただ、エコジョーズガス給湯器の唯一の欠点は、従来型ガス給湯器よりも価格が高いことです。
従来型ガス給湯器と比較して、当社価格で約30,000円~35,000円程度、エコジョーズガス給湯器のほうが高くなります。

一度の出費で、約30,000円~35,000円の価格差はかなり大きいと感じられると思いますが、ガス給湯器のランニングコストを考えますと、エコジョーズガス給湯器のほうが、かなりお得になります。

例:
家族4人、従来型ガス給湯器のガス代が月々平均 6,500円と仮定します。
ここで、エコジョーズガス給湯器に交換しますと、月々 6500 × 0.13 = 845円、1年で、845 × 12 = 10,140円 のガス代の節約になりますので、30000~35000 ÷ 10140 = 2.96~3.45年で元がとれます。
ガス給湯器の寿命は、およそ10年と言われていますので、残りの6年半以上の間、毎年1万円以上の節約になります。

このようなことから、エコジョーズガス給湯器に交換できる設置場所であれば、エコジョーズガス給湯器に交換されたほうが、かなりお得となります。

リンナイエコジョーズガス給湯器の機能説明

リンナイエコジョーズガス給湯器の機能説明

おいだき配管自動洗浄

浴槽の残り湯を排水する際に、ふろ設定温で約5リットルのお湯を流し、おいだき配管の残り湯や入浴剤などを排出します。

自動たし湯

前に入った人が、お湯を使って減ってしまっても、設定水位まで自動で「たし湯」します。

Q機能

配管5m先で、1分後・5分後の再出湯時に、設定温度±3℃以内の湯温となります。(配管条件<配管材質・断熱材>・水圧・給水温で異なる場合があります)Q機能

新シミュ/FF+FB

新シミュレーションFF+FB制御。入水温をシミュレーション。さらに安定した湯温が、スピーディに得られます。
新シミュ/FF+FB
入水量(水量センサー)と出湯温(サーミスタ)からの信号およびその時のガス量を、電子ユニットのマイコンで瞬時に演算し、入水温と必要ガス量を予測することで、安定した出湯量を実現。

バイパスサーボ

Q機能をさらに高性能にして、湯温を安定させる、バイパスサーボメカを搭載しています。
バイパスサーボ
バイパス回路に流れる水量を、ステッピングモータで調節することで、出湯性能を向上させ、設定温度までの到達時間の短縮や再出湯時の不快な湯温の変化を抑える進んだ湯温制御方式です。

水量(湯量)サーボ

設定湯温と入水温に対して、能力いっぱいの出湯量を調節する装置です。

32/35℃出湯

夏場のシャワーや、キッチンでの洗い物の時など、ぬるめの32/35℃出湯で、快適にお湯が使えます。(コードレスリモコン使用時を除く)

温度調節

リモコンで出湯温度を設定するタイプ。ふろ給湯器は、32/35℃~60℃(コードレスリモコン使用時は、37℃~60℃)、給湯専用タイプは、35/37℃~75℃の範囲で設定できます。

温調・定温

本体のみでは60℃の定温出湯。別売のリモコンをセットすると、温度調節タイプになり、お好みの給湯温度(35/37℃~75℃)に設定できます。*コードレスリモコン使用時は、37℃~60℃

ゆらぎのシャワー

「1/fのゆらぎ」をシャワーに応用。適温と定温を約10℃の間でゆらぎ運転。身体をリラックスさせると同時に、湯冷め防止の効果もあります。(一部、搭載のないリモコンがあります)

パワフル湯はり

自動湯はり時に、おいだき用バーナも燃焼して能力をアップし、スピーディに湯はりします。(約5号分の給湯能力アップ)

選べるEcoモード

リモコンの簡単な操作で、省エネ設定ができる機能。「省エネ湯はり」「自動たし湯オフ」「節約保温」「省エネ給湯」「エコおいだき」が選択できます。(一部、搭載のないリモコンがあります)

従来型省エネ湯はり

夏場など、給湯能力に余裕があるとき、熱効率が良い状態で燃焼し、エネルギーを有効に利用します。

快適おいだき

おいだき中に、設定温度に近づくと、穏やかなおいだきになり、循環口付近の熱さをやわらげます。

快適保温

約30分(季節によって時間が変化します)ごとに、浴槽の湯温をきめ細かくチェックして、保温運転を行います。特に冷めやすい冬場に効果を発揮します。

保温時間切替

生活パターンにあわせて、おふろの自動保温時間を、浴室リモコンで、4→2→1→0→8→6時間の順で、切り替えができます。

湯はり完了前お知らせ

おふろの湯はり完了前になると、リモコンから音声でお知らせします。(ボイス機能搭載リモコンのみ)

たし湯

リモコンのスイッチで、20リットルのお湯が、浴槽にたされます。

たし水(ぬる湯)

リモコンのスイッチで、10リットルの水が、浴槽にたされ、湯温を1~2℃下げます。

予約運転

台所リモコンのタイマー操作で、設定時間におふろが沸きあがり、帰宅後すぐに温かいおふろに入ることができます。(時計機能搭載の台所リモコンが必要です)

呼び出し

浴室リモコンの呼び出しスイッチで、台所リモコンのブザーが鳴ります。ご家庭でのコミュニケーションにどうぞ。

パロマエコジョーズガス給湯器の機能説明

パロマエコジョーズガス給湯器の機能説明

Q機能

断続的な給湯運転で生じる、お湯の温度差を抑える機能です。
お湯を再出湯する時、いったん熱いお湯が出て、続いて冷たい水が出たりすることがあります。これは「冷水サンドイッチ現象」と呼ばれ、シャワー使用時における不快感の原因となっていました。パロマは、マイコン制御を活用した「Q機能」を搭載し、再出湯直後のお湯の温度差を最小限に抑え、いつでも快適にお湯をお使いいただける設計となっています。
Q機能

水量サーボ

使うお湯の温度に応じて、モーターが出湯を調整、能力いっぱいの湯量を確保します。

塩害対応

給湯器外装に、塩害(サビ)に強い鋼板を使用、海辺や潮風の強い地域に推奨されます。

低NOx

排出される窒素酸化物の濃度を低く抑え、大気汚染を軽減する「低NOxバーナー」を搭載しています。

低温度出湯

お肌にやさしい低温度出湯対応(32・35℃)、半身浴・洗面所・キッチンなどに最適です。(水温が高い場合、設定温度以上になることがあります)

壁面火災防止装置

「面」で異常過熱を検知する壁面火災防止装置で、安全性がより一層向上しました。

側方近接(1cm)

給湯器と側面の周辺物との離隔距離を1cmで設置できます。
ガス機器を建築物等の離隔距離は、可燃物の場合15cm、不燃物で仕上げをしてある場合4.5cmです。パロマの面状の壁面火災防止装置は、側面の異常過熱も安全に検知ができるため、「側方近接距離」についても、1cmの防火評定を取得しています。
側方近接設置

自己診断機能

機器に異常が発生する前に、安全性を保つように制御し、故障内容を正確かつスムーズに表示します。

配管クリーン機能

おいだき配管内に、きれいなお湯または水を流します。
フルオート:排水時
オート:自動運転終了時

自動湯はり

スイッチ「ポン」で、設定湯量と温度の湯はりから、保温まで自動で行います。

湯はり完了前お知らせ

自動湯はりをした時に、完了前になると、リモコンから音声でお知らせします。(MC-E225D、FC-E225Dのみ対応)

おいだき

浴槽内のお湯を、設定温度まで温めます。自動運転中の場合は、設定温度より+1℃まで沸かします。高温水供給型の場合は、高温のお湯をさし湯します。(お湯の量が増えます)

たし湯

スイッチを押すと、ふろ温度のお湯が設定量入ります。初期設定は20リットルです。

さし湯

スイッチを押すと、設定している量の水が入ります。初期設定は10リットルです。

予約運転

予約時間におふろが沸き上がるように、自動で運転を行います。(台所リモコンと浴室リモコンが必要です)

凍結予防

気温が下がった時に、給湯器内の凍結を予防します。凍結予防ヒーターで、機器内の配管の予防をします。凍結予防機能は、ヒーターでの予防に加えて、おいだき配管内の水を循環させて予防します。

オートストップ対応

設定湯量になると、お湯を自動的にストップします。

特定保守製品

経年劣化による製品事故を未然に防止するため、消費者による点検その他の保守を支援する制度(長期使用製品安全点検制度)に基づいた法定点検の対象製品です。パロマでは、設計標準使用期間が、家庭用が10年、業務用が3年となっています。

あんしん点検対象

パロマでは、特定保守製品である屋内式だけでなく、屋外式も自主的に、点検および保守の実施を行っています。こちらも、設計標準使用期間が、家庭用が10年、業務用が3年となっています。

グリーン購入法適合商品

平成13年4月1日より施行された「国等による環境物品等の調達の推進等に関する法律(グリーン購入法)」の第6条に定められた「特定調達品目」および「判断基準」を満たす商品です。
*「特定調達品目」には、温水機器があります。