新型コロナウイルスと共存していく、これからの『リフォーム』の在り方

2020年、令和2年となる今年。

新型コロナウィルスと言う驚異が日本各地、強いては全世界で猛威を振るっている状況で

未だに収束しきれていない現状です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

様々な状況、シチュエーションにおいて、今後生活していく上で多くの不安要素が考えられます。

例えば、専門家や政府の皆様がよく使われていた言葉に『SOCIAL DISTANCE』と言うものがあります。

これは人との接触をなるべく避けて、感染を防止しようと言う心がけの一環です。

 

リフォーム業界において、SOCIAL DISTANCEを保っていくにはどのような方法があるのか。

これからの時代に向けて、我々リフォーム業界がどのような役割を果たせるのか、日々模索しています。

 

そもそも、家をリフォーム・リノベーションするにあたって、一般的な工事ご依頼~完了までの流れがこちらです。

 

 

従来のリフォーム工事完了までの流れ

①お客様からリフォームの依頼を受ける

方法…各店舗へ来店(営業と対面接触リスク)・電話受電・メール受信

②下見・現地調査(営業と対面接触リスク

③お見積り作成・商談(営業と対面接触リスク)➡成約

④工事開始(職人との接触リスク

⑤工事終了➡リフォーム個所の動作確認をし工事確認完了書へサイン(営業・職人との接触リスク

⑥お支払いは銀行振込(銀行での接触リスクやクレジットカード・Pay払い(各店舗にて接触リスク

 

上記の方法で行っていくと濃厚接触になってしまう可能性がいくつも発生してしまいます。

今まではこれが通例だから仕方がないと思い、工事をされてきた方も多くいらっしゃると思います。

 

そこで我々リフォームコールセンターでは、少しでも無駄な時間や接触、経費などを減らし

これからの時代に沿ったリフォーム工事の提案ができないかと考えました。

 

リフォームコールセンターの工事完了までの流れ

①お客様からリフォームの依頼を受ける(メール・LINE・電話対応のみの為、接触リスクなし

②お客様自身でリフォーム箇所の写真撮影→メール・LINEにて送信(下見・現地調査は行わない為、接触リスクなし

③お見積り作成・商談➡成約(メール・LINE・電話対応のみの為、接触リスクなし

④お支払い(HPでクレジットカード払いの為接触リスクなし)確認後、工事開始(職人は手洗い・マスク装着・随時消毒をし、お客様と一定以上の距離を保つよう心がけ、接触リスクを最小限に抑える

⑤工事終了➡リフォーム個所の動作確認をし工事確認完了書へサイン(工事した当日記入、もしくは後日郵送で送られてくる書類に記入後返信用封筒で返送で接触リスクなし

 

以上のシステムを確立し、お客様と従業員との濃厚接触を最小限に抑え、リフォーム工事の完了まで至る事を実現させました。

 

実はリフォーム業界において『下見・現地調査が要らない』という事は大変画期的な方法です。

従来ですと、「実際に見てみないと分からない・見積できない」と言ったケースが大変多いのですが

昨今の携帯電話・スマホの普及率や、携帯画像の画質向上・写真の鮮明さにより、

携帯のお写真のみでの見積もりが可能となっております。

また、下見・現地調査へ伺わない事により、工事現場までの往復交通費・時間が節約され

その分が必要経費のコストカットに繋がると言うメリットも生み出しました。

 

その他にも弊社は、コールセンター事業所や従業員に対しても、徹底した消毒・健康管理等を行っております。

・事業所での常時換気・アルコールでの定期的な消毒

・一定時間当たりの従業員の人数を最小限に

・一人一人のデスク・ヘッドセットで使いまわしをせず、常にSOCIAL DISTANCEを保つ

 

清潔・健康・消毒・社会的距離の維持・接触リスク0で

安心・安全で信頼できるリフォーム工事が出来るよう、これからも日々努力し邁進し続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

リフォーム工事のお見積りはすべて無料です。

また、リフォームに関する疑問・質問など、分からない事やお困りごとなどありましたら

お気軽にお電話や、メール・LINEでも受け付けております。

お顔が見えないからこそ、より一層親切・丁寧に対応させて頂きます。

皆様からのお問い合わせ・ご依頼、心よりお待ちしております。

今後ともリフォームコールセンターを宜しくお願い致します。

 

リフォームコールセンター

☏0120-05-7549

info@reform-callcenter.jp

LINE:@017jkrxh

 

 

 

 

 

 

 

 

TOTOサザナで、冬の疲れを癒しましょう

こんにちは!今日はTOTOのサザナについてお話をしようと思います。

最近、サウナがテーマのテレビドラマや、銭湯に通うのが大好きな若者も増え、お風呂に注目が集まっているのはご存じでしょうか?

一方、自宅のお風呂にゆったり浸かってリラックスする「風呂活」も静かなブームに。入浴剤やアロマを入れて香りを楽しんだり、音楽を聴いたり。時には、思いっきり歌ってストレス解消もいいかも!

新型コロナウイルスの影響もあり、自宅で過ごす機会も多くなる今だからこそ、

日々の疲れをTOTOサザナで極上に癒されて見ませんか?

 

【今日はサザナの一押しを3つご紹介☆☆☆】

1つ目の、分かりやすい特徴は、なんといっても

TOTOを代表する特徴的な床、ほっカラリ床です。床の表面に特殊処理を施しており、汚れを落としやすくしています。親水性の特殊処理の効果で、皮脂汚れと床の間に水が入り込むようになっています。汚れを浮かした状態になるため、ブラシでの掃除が非常にラクになります。

また、床の内側にクッションの層があります。そのクッション層により畳のようなやわらかさを実現しており、膝をついてもいたくありません。優しい踏み心地ですべりにくく、「ほっ」と安心できる床です。

2つ目は、

コンフォートウェーブシャワーです。大粒の水玉が勢いよくスイングする、新感覚のシャワーです。

TOTO独自の技術で、大粒の水玉をスイングしながら勢いよく吐水します。それが、通常のスプレー状のシャワーとミックスされることによって、刺激感のある浴び心地を実現しています。もちろん節水効果もあり、従来のシャワーヘッドの仕様水量と比べると、なんと約35%もの節水効果があります。

さらにオプションで、3つのシャワーモードが選べる仕様に変更することができます。シャワーヘッドの手元のボタンによって、3つのモードを簡単に切り替えることができます。

3つ目は、

魔法びん浴槽です。

魔法びん浴槽とは、浴槽断熱材と高断熱のふろふたによって抜群の保温力を発揮する浴槽です。浴槽の下に発泡スチロールの浴槽断熱材、ふろふたに発砲ポリプロピレンの素材を用いることによって、4時間で温度低下が2.5度以内という保温効果を生み出しています。

寒い冬でも、最後にお風呂に入る人も、暖かい湯船に浸かることができます。追い焚きする回数も減るため電気・ガス代を抑えることにもなります。

 

この3つが、極上のお風呂に仕上げてくれる大切な役割を担っています

この機会に、ぜひご検討下さい(^_-)-☆

給湯器故障

ガス給湯器 故障原因

ガス給湯器が故障する原因は?故障したらどうすればいいの?

ガス給湯器は、特に冬になると必需品ですよね。

寒い冬では、お湯の存在がとても重要になると思います。

しかし、ガス給湯器というのは消耗品ですので、故障してしまう可能性もあります。

また、ガス給湯器に関する知識を持ち合わせている人は非常に少なく、相談できる人がいないと悩んでいる人もいると思います。

そこで、この記事では、ガス給湯器が故障してしまう原因と、故障しやすい箇所を詳しく解説し、もし故障してしまったらどうすればいいのかということについても、お伝えしていきます。

 ・お湯が出ない・・・ガス給湯器の故障原因一覧

ガス給湯器が故障する原因は1つだけではありません。

この故障原因を正しく理解することにより、故障しにくい使い方や故障した場合の対処法などを知ることができるのです。

それでは具体的に故障原因を見ていきましょう。

・寿命による故障

先ほども説明したように、ガス給湯器というのは消耗品です。

そのため、当然寿命というのがあります。

ガス給湯器の寿命は、大体8年から10年と言われています。

寿命により、ガス給湯器が故障しまった場合は、修理をしても再び壊れてしまったり、そもそも修理ができなかったりする場合があります。

ですので、この場合には新しい物と交換するという方法が一般的です。

耐用年数を大幅に超えて使用してしまうと、度重なる故障だけではなく、火災などの危険性も出てくるからです。

・過度な負担がかかることによる故障

一般的な家庭に設置されているガス給湯器は、生活の範囲内で使用することを想定して作られています。

しかし、その家庭用に設置された給湯器を、過度に使用し続けたり、業務用として扱ったりしてしまうと、極端な負担がかかってしまうことになり、故障の原因となります。

この場合、8年から10年という平均寿命を大幅に下回って故障してしまうことが考えられます。

また、よくあるケースとして、今までは2.3人で使用していたのに、家族の人数が増えて自然とガス給湯器を使用する割合が増えたという場合です。

このような場合でも、ガス給湯器にかかる負担が大きくなってしまうため、故障しやすくなってしまう場合があります。

・凍結による故障

雪が降る地域では、冬もかなり厳しい寒さとなり、お湯の存在が必要不可欠になりますよね。

しかし、大雪などによる凍結でも、ガス給湯器は故障しやすくなってしまいます。

なぜかというと、配管に溜まっている水が、大雪や氷点下などの影響で凍結してしまい、配管を壊してしまうからです。

こうなってしまうと、当然お湯が出てこなくなりますし、一度壊れた配管というのは、専門の知識を持った人でないと修理をすることが非常に難しいのです。

・大雪による故障

台風や大雨によって故障してしまう可能性もあります。

理由としては、給湯器ないに水が大量に入り込んでしまい、点火プラグが正常に作動しなくなってしまうのです。

ただ、この場合は雨がやんで、水が蒸発することで再度使用することができる場合もあるため、しばらく様子を見るということも大事です。

このように、給湯器内に水が入り込むことにより、一時的に故障してしまう場合がありますが、他にもゴミやほこりなどで故障してしまう場合もあるのです。

・給湯器で故障しやすい箇所はどこ?

給湯器で故障しやすい箇所はいくつかあります。

まずは、リモコンです。

リモコンが故障してしまうと、温度調節などの重要な機能を使えなくなってしまう場合もあり、日常生活に支障をきたす場合があります。

また、配管も壊れやすくなっています。

配管故障の代表例として挙げられるのは、水漏れです。

こうなってしまった場合は、パッキンなどがダメになってしまっている可能性もあるため、修理が必要となります。

更に、基盤が故障してしまうこともよくあります。

同じガス給湯器を長く使っていると起こりやすい症状なのですが、ホコリやゴミが溜まることでショートしてしまうというものです。

こうなってしまうと、修理ではなく交換になってしまうため、比較的費用が高くなってしまう場合もあります。

・故障したらどうすれば?そんな時はリフォームコールセンターへ

もしガス給湯器が故障してしまった場合は、修理業者や専門業者に依頼をすることをおすすめします。

そんな時に頼れるのが、リフォームコールセンターです。

リフォームコールセンターでは、内装や建築、電気工事などを専門に取り扱っています。

対応可能エリアも、

・中部、北陸

・関東

・関西

・中国、四国

・九州

と、かなり幅広いエリアに対応しています。

※一部対応できないエリアもございますので詳しくは一度お問い合わせください。

また、おすすめポイントとしては、

・写真と内容だけでネット見積もり

・現地調査不要

・オンライン注文可能

・工事込みのコミコミ価格

・地域最安値

という点が挙げられます。

もし、ガス給湯器の故障で悩んでいるのであれば、是非一度リフォームコールセンターへお問い合わせ頂くことをおすすめします。

・まとめ

ガス給湯器が故障してしまうと、日常生活でかなり支障をきたします。

また、ガス給湯器には様々な故障原因があり、注意して使うことで防げる故障や、寿命などでどうしようもない故障もあります。

ただ、専門の知識を持っていない人がガス給湯器を修理するのは非常に難しいです。

そのため、もしガス給湯器が故障してしまった場合には、専門業者へご相談頂くことをおすすめします。