防犯性に特化したドア 

新聞やニュースでは毎日のように凶悪事件について報道されており、その中にはピッキングやこじ開けを専門とする空き巣狙いも含まれます。空き巣狙いや不審者からしっかり家族を守るのも大切な玄関の役割。まずは空き巣の侵入してくる手口を確認していきましょう。

  • シリンダー内に特殊な工具を入れて鍵を解錠する「ピッキング」と呼ばれる手口
  • バールなどの工具を用いてドアを無理やりこじ開ける手口
  • ドアなどに付いている採光窓を破っての侵入する手口
  • ドア自体に穴を開けて内側から鍵を開ける「サムターン回し」と呼ばれる手口

防犯性の低い鍵だと、慣れた人なら簡単に解錠することができるので空き巣の被害あう恐れがあります。反対に、空き巣犯人が嫌うのは「解錠に時間がかかること」と言われており、解錠に手間取るほど空き巣からの防犯対策に効果的となります。より安心した毎日を過ごすためにも防犯性の高い玄関ドアについて紹介させていただきます。

 

 

 

 

リクシルからは玄関ドア「リシェント」の防犯機能について見ていきましょう。

ひとつのドアに2つの鍵がついている“2ロック”で破られにくい構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダーが解錠しにくい構造なのでピッキング対策に効果的

 

 

 

 

 

 

 

 

↑このタイプはS字ハンドルというタイプになり、普段、鍵部分はハンドルカバーの中に隠れているので見えません。

 

こじ破りに強い、3つの鎌付デッドボルト

3つの鎌付デッドボルトを採用。こじ破りに対する抵抗力を高めています。

※アルミ使用は2鎌付となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

上部ロックに2つ、下部ロックに1つ、鎌付デッドボルトを採用。玄関ドアと枠のかみ合わせが強化され、防犯性が向上。

 

ガラス破り対策に有効なサムターン機能

ボタンを押すだけで、サムターンの取り外しが可能。外出時や就寝時に外しておけば、万一ドアや窓ガラスに穴をあけられても「サムターン回し」で開けられる心配がありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

YKK APからは玄関ドア「ドアリモ」の防犯機能について見ていきましょう。

ひとつのドアに2つの鍵がついている“2ロック”で破られにくい構造

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シリンダー部分がカバーで隠れているんので鍵穴が見えないのでピッキングを抑制できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドアを施錠後、サムターン部分を取り外すことができるので鍵を不正解錠する「サムターン回し」を防ぐことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

2つ目の鍵が開くまでに時間がかかると、再ロックされる機能付。(1つ目の鍵が開けられても、50秒以内にもう一つの鍵を開けて扉を開けなければ上下2つの鍵が再ロックされる仕組み)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらのメーカーの玄関ドアにも、空き巣狙いの手口を妨げる防犯仕様になっていますね。

警視庁が空き巣狙いの調査をしたところ、「侵入に5分以上の時間がかかると、約7割が侵入をあきらめる」という興味深いデータがあります。

「うちは大丈夫」などと油断せず、日ごろから防犯に対する意識を忘れずに、必要な対策をを取ること大切なポイントになります。