開き戸・引き戸の特徴と選び方

玄関ドアは家の印象を決める大きな存在です。そして玄関ドアは開き戸と引き戸の2種類に分かれていますが、あなたはどちらのタイプを選びますか?今回は玄関ドアのメリット・デメリットと、ドアのタイプについて紹介していきます。

開き戸タイプ

メリット

開き戸は洋風なイメージのデザインが多く、引き戸に比べると断熱性・気密性・防犯に優れています。また、お値段も引き戸に比べて安く簡単に取り付けができます。

デメリット

扉を開ける時、前後にスペースが必要なところです。また、ドアが強風にあおられて開けにくかったり、両手に荷物を抱えている場合はドアを開けづらいです。

 

片開きドア

1枚のドアが左右のどちらかに開く形になっており、最もよく利用されるタイプのドアです。そのため商品の種類も豊富でいろいろなデザインの中から選ぶことができます。集合住宅でよく利用され狭いスペースにも設置しやすいのが特長です。

 

親子ドア

大きさの異なる扉(親扉と子扉)が向いあっている形のドアです。子扉はしまっていることが多いのですが、大きな荷物を搬入する際は両方の扉を開放して荷物を楽に入れることができます。普段は使わない子扉ですが、いざという時に役に立つ存在です。

 

両開きドア

左右に同じ大きさのドアが2枚あるタイプの玄関ドアです。大きなドアになるのでラグジュアリーな雰囲気になりますが、広い玄関スペースが必要になります。

 

引き戸タイプ

メリット

引き戸は、開きドアと違いドアを開閉する必要がないので狭いスペースでも設置ができます。また、引き戸の場合は途中で扉を止めることができるので車椅子やベビーカーの方が利用しやすいことがあります。

デメリット

開き扉に比べると断熱性・気密性が劣り値段も高めになります。また、引き戸のレールにゴミが溜まりやすいです。

 

引き戸違い扉

左右どらにも2枚の引き戸を移動させて開閉ができます。

 

片引き扉

1枚の引き戸を左右のどちらかにスライドして開閉します。扉にはガラスが入っていたりデザイン性のある引き戸もあります。洋風の場合はスライディングドアとも呼ばれています。

 

2枚(3枚)片引き扉

複数の扉が連動して開閉をします。玄関を大きく開くことができ大きな荷物を運ぶにはとても便利です。

 

両引込み扉 

左右の壁の中に戸を引き込んでしまうタイプです。かなり広めの開口部が確保できます。

 

ここまで、玄関ドアについて紹介させて頂きました。お客様がいらした時にまず目に入るのが玄関ドア、第一印象を決める住まいの顔になります。また、毎日使う家族のためにも安全性と機能性に優れたものを選びつつデザインも楽しんでください。