給湯器が故障!?お湯が出ない!慌てる前にまず自分でできる対処方法は

前回、給湯器の故障の原因と症状にはどのようなものがあるのかお伝えしました。
実際に、故障の症状でお湯が出ないと困ってしまいますが、症状によっては一時的な給湯器のエラーという場合や給湯器本体ではなく別の原因でお湯がでないという場合もあります。
慌てて専門業者に連絡する前にご自身で確認できるポイントと様々な故障の症状による対処方法をお伝えしますのでチェックしてみて下さい。

故障の症状別、対処方法

お湯が温かくなるまでに時間がかかる

冬の場合、夏と比べて給湯器に給水される水の温度が低いので、水を温めるまで時間がかかります。また、設定温度が低いと給湯器で温めたお湯がシャワーに届くまでに冷えてしまうこともあります。そういったときは、設定温度をいつもより高めに設定してみましょう。

お湯がぬるい・お湯がでない・水は出るがお湯にならない

・ガスメーターやガス栓に異常がある可能性があります。特に、地震が起こった直後はガスメーターの安全装置が作動して、ガスが使えなくなることがあります。安全装置が作動している場合は、ガスメーターの復帰ボタンを自分で押さないとガスの再使用ができないので注意しましょう。

・浴槽の中にフィルターにゴミや毛髪が詰まっていないか確認してみて下さい。

・給湯器の設定温度が低い可能性があります。設定温度を40℃以上にして、お湯が温かくなるか確認しましょう。ぬるいまま、冷たい水しか出ないというときは給湯器の点検・修理が必要です。

お湯も水も出ない

・1ヶ所の水栓のみでお湯や水が出ない場合は、水栓の不具合であることが多く、修理や交換が必要になります。

・複数箇所の水栓で出ない場合は、給水配管の凍結や給水バルブが閉まっている、リモコンのスイッチが入っていない、断水しているなどの原因が考えられます。

・配管が破損し、水漏れが起こっている可能性があります。水道メーターをチェックしてみましょう。家の蛇口を全て閉じているのに、水道メーターが回っている場合は、水を運ぶ配管が破損し、水漏れが起こっている可能性があります。この場合は、水道の元栓を閉めて水道業者に「漏水調査」を依頼し、どこで漏水が起こっているのかの調査と修理作業をしましょう。

水が出ない

水道管の凍結の可能性があります。冬場に、蛇口からお湯も水も出なくなったという場合は水道管が凍結している可能性があります。リモコンのスイッチをOFFにします。水道管の凍結は、日が昇るに連れて徐々に溶けていきますので、自然に氷が溶けるまで待ちましょう。熱湯をかけると配管やバルブの破損につながり結果、高額な修理が必要となる場合があるのでやめましょう。

お風呂のお湯はりの量が少ない

湯量の設定がリセットされている可能性があります。給湯器のリモコンの電源が一度切れると、設定がリセットされてしまいます。停電や節電の設定によって自動で電源が落ちるものもあるので、設定を確認してみましょう。

追い焚きができない

お風呂のフィルターが詰まっている可能性があります。フィルターの掃除を行ってみましょう。また浴槽の水が一定量ないと機能しないので、水を増やして再び操作してみましょう。

こげ臭い、異臭がする

不完全燃焼の可能性があります。給湯器本体の給気口や排気口に、ゴミやホコリがつまっていないか確認しましょう。何も詰まっていないときは、給湯器本体の劣化・破損による不完全燃焼の可能性があるので、専門業者に連絡をしましょう。

リモコンの電源が入らない

・電池切れの可能性があります。給湯器のリモコンには、電池式のものもあります。電池を入れる箇所がないかチェックしてみましょう。

・電気配線やリモコン基盤の破損の可能性があります。電気式のものの場合は、配線やリモコン本体の破損の可能性があります。この場合は、リモコンや給湯器に書かれている電話窓口に連絡しましょう。

リモコンにエラーコードが表示された

各メーカーのエラーコードを確認し、それに沿った対応をしましょう。エラーコードに従っても改善されないときはメーカーに問い合わせましょう。
下記が代表的なエラーコードになります。

011 給湯燃焼のタイムオーバー:電源を入れなおしてみてください。
111 給湯点火不良:電源を入れなおしてみてください。
140 過熱防止装置作動:修理または交換おすすめをします

リンナイのエラーコード
ノーリツのエラーコード
パロマのエラーコード


いかがでしたか?上記の症状であてはまるものがあればご自身で一度確認してみて下さい。
給湯器は構造上、自分で中を開けて故障を確認しようとするのは非常に危険です。無用なトラブル、出費を防ぐためにも上記の対処方法で故障の症状が改善されない場合は専門業者にみてもらいましょう。また給湯器の不具合を未然に防ぐためにも、日常的な点検を行うことも大切です。
また10年以上使用している給湯器の故障では修理よりも交換がおすすめです。