玄関ドア「内開き」?「外開き」?

玄関ドアの扉には「内開き」と「外開き」があります。皆さんはその違いを感じたことはありますか?欧米では内開きが一般的なようですが、日本の扉は外開きがほとんどです。内開きと外開き、それぞれが選ばれる理由は何なのかを調べてみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

「外開き」と「内開き」とは?

外開き→玄関ドアが家の中から外側に向かって開くタイプ

内開き→玄関ドアが外側から家の中に向かって開くタイプ

 

 

 

 

 

 

 

欧米のドアが「内開き」なのは防犯上の理由が一番に挙げられます。海外映画のシーンを思い出してみてください。凶悪犯などがドアを蹴破って突入してくるシーンを目にしたことはありませんか?凶悪犯が強引に家に入ってくるのを防ぐにはドアを引っ張って防ぐよりも、内側から全体重をかけて押せるタイプのドアの方が防御できます。また、家具や重い物をドアの前において、押し入ってくる侵入者を阻止できます。日本でも防犯対策として「内開き」にすればよいと考えるかもしれませんが、日本のドアが「外開き」の大きな理由としては玄関で靴を脱ぐ習慣が影響しています。欧米では家の中でも靴を履いたまま過ごしますので、玄関に靴を脱ぐスペースは不要になりますが、日本の場合は靴を脱ぐスペースや脱いだ靴を置いておくスペースが必要になります。さらに「内開き」の場合は脱いだ靴がドアの開閉に邪魔になるため「外開き」のドアが主流になっています。その一方で、昨今の日本では集中豪雨や台風による甚大な水害事故の発生が増えています。豪雨の場合、大量の雨水が一気に下水道を流れ込むことで排水能力を超えた雨水が洪水となって溢れ出てきます。その場合、溢れ出た大量の水の圧力でドアが開かずに自宅に閉じ込められてしまった事例もあります。内開きにすると、ドアの開閉スペースを確保するのは難しいかもしれませんが、防犯性・災害対策面から考えると、今後は「内開き」にする方が増えるかもしれません。