採光部のあるドア

 

 

皆さんの自宅玄関ドアはどの方角に付いていますか? 中には北口に玄関ドアが付いている方もいらっしゃいますが、その場合はどうしても暗い玄関スペースになりがちです。そんな問題を解決すべく、各メーカーからは採光部のある玄関ドアが販売されています。玄関ドアに採光部を作ることで自然な光が射し込むので明るく開放的な玄関スペースにすることが出来ます。また、日中においては電気を点ける必要がなくなるので電気代の節約にもなります。確かに電気を点ければわざわざ太陽の光を取り込む必要はないと思われがちですが、採光部を付けることにより太陽の光を利用してカビや雑菌の発生を抑える効果があります。靴には泥水がついたり、足の汗を吸っているので臭いや雑菌の原因にもなります。また、採光部と一緒に通風機構がついた玄関ドアをつければ風通しもよくなるので、明るく通気性の良い玄関に生まれ変わります。それではどんなデザインの玄関ドアがあるかを見ていきましょう。

 

↓こちらは、採光部の無い玄関ドアです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

玄関スペースが暗い感じの印象になります

 

↓こちらからは採光部を付けた玄関ドアになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小窓からの明るさがワンポイントになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなガラス面により明るい印相になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小窓から入る採光は適度な明るさになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリットから入る採光は明るさもありアクセントにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリットから入る採光は明るさもありアクセントにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スリットから入る採光は明るさもありアクセントにもなります。

 

採光部のデザインも様々ですが、採光部が大きくなるにつれて玄関スペースに射し込む光が大きくなるのがよく解りますね。玄関ドアの採光性については住んでいる場所や方角にもよりますが後々、住み始めてから気になるというお客様が多いです。自宅の採光性を考えて、素敵な玄関スペースにしたいですよね。

 

参考資料 YKKAP