今すぐできるお風呂の安全対策

本格的な夏がやってきました!!

外から帰ってきたら、まずはシャワーで汗を流して、広々した浴槽で、リラックスして、快適に過ごしたいですよね。

まだまだ、新型コロナウイルスが世界中を猛威させている中、日本では、新しい生活様式、コロナと共に安全に気を付けて過ごしていくことが重要になってきます。

今回は、お風呂のリフォームをお考えの方でも、これは安心。早くリフォームしたい。と思って頂ける様に衛生面や、抗菌、安全性を感じて頂けるような視点から、

お話していきたいと思います。

外出先から帰ったら、行いたいのは
やはり手洗いなどの予防策ですね。

しかしながら、水で菌やウイルスをを
洗い流す水廻りは、感染拡大に
注意すべき場所とも言えます。

自宅の洗面所やトイレ、お風呂自体の
除菌・抗菌機能はもちろん、
その他に消毒できるグッズがあれば安心です。

水廻り製品には、除菌や抗菌といった
機能が特徴のものも多いですが、
実際にこれらの機能がどのような役割を
果たすのかについて、その違いが
わからないという人もいるのではないでしょうか。

自宅のウイルス対策に役立てるために、
水廻り製品・商品の菌に対する
機能の違いを知っておきましょう。

「水廻り製品・商品で予防に役立つ機能の違い」

新型コロナウイルス対策には、
菌を減らしたり、増殖を抑える効果のある
製品や商品がおすすめです。
それぞれの効果の違いをチェックしましょう。

・除菌

この表示のある商品は、菌を取り除き、
数を減らす効果があります。

エタノールやトイレ用洗剤、
消臭スプレーなどがこの効果を有しています。

キッチンのぬめりや浴室の悪臭予防にも
使用されており、除菌の表示をするには、
定められた基準に達する必要があります。

・殺菌

熱や圧力などによって菌を殺して、
数を減らす効果のある製品や商品に
表示されています。

消毒薬などの医薬品と薬用せっけん
などの医薬部外品のみが使用できる
表現となっており、元々感染症の予防が
主な目的とされています。

・抗菌

抗菌とは、菌の増殖を抑える効果
のことを指しています。

除菌や殺菌とは違い、菌を減らすのではなく、
増やさないというのが抗菌の力です。

抗菌効果のある便器などは代表的
ですが、グッズでは文具や衣類など
様々なジャンルのものが販売されており
手軽に抗菌することができます。

・消毒

消毒は感染症を起こす病原体を取り除いたり、
無力化させることによって
体に害のない状態にする効果のことです。

殺菌と同じく、医薬品や医薬部外品にしか
使えない言葉です。

消毒効果のあるものを使う時には、
事前に対象物を洗っておくと
効果的とされています。

お掃除らくらくホッカラリ床も大好評です!!

お風呂の共有部分は、家族でも気を付けなければいけません。

今一度、お風呂の床や小物類の掃除、桶や、椅子、お風呂ドア、換気扇など、安全対策を徹底してみてください。