ガス給湯器の選び方

ガス給湯器は種類がたくさんあって、何を基準にどうやって選んだらいいか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。
種類が多くてどれを選んでいいかわからない、自宅にはどの給湯器が合うのかわからないという場合など、今回は給湯器の交換、取り付けを検討する際に、選び方のポイントとなる項目をご紹介しますので参考にしてみて下さい。

 

給湯器の種類

給湯専用給湯機能だけがついた、シンプルな給湯器
1台でキッチンやシャワーなどの給湯が出来ます。 アパート等の単身者向け住宅やキッチン専用のスポット給湯に使用します。

ふろ給湯器給湯+自動湯はり+おいだき機能を備えた給湯器
1台でキッチンやシャワーなどの給湯と、自動湯はりやおいだきが出来ます。 通常の戸建住宅やマンション等でおいだきが出来るのはこの機種です。

暖房機能付給湯器給湯+自動湯はり+おいだき+温水暖房機能を備えた給湯器
1台でキッチンやシャワーなどの給湯と、自動湯はりやおいだきが出来ます。 床暖房や浴室暖房乾燥機、ミストサウナ等、家中の温水暖房システムがこの一台で賄えます。

設置場所

戸建て住宅
戸建て住宅には「壁掛タイプ」と「据置タイプ」があります。ご自宅の外を見てみて下さい。外壁に設置され、本体の下から配管が出ているのが「壁掛タイプ」。
地面やブロックの上に設置され、本体の横から配管が出ているのが「据置タイプ」です。

集合住宅(マンション、アパートなど)
集合住宅には「PS(パイプシャフト)タイプ」と「壁掛タイプ」があります。
マンションの廊下など、ガスメーターなどが収められているパイプシャフト(PS)庫の中に設置されているのが「PSタイプ」です。廊下の壁に埋め込まれる形になっていたり、扉の中に入っている場合もあります。
また、ベランダの壁に設置され、本体の下から配管が出ているものは「壁掛タイプ」です。

給湯能力(号数)

号数とは、水温+25℃のお湯を1分間にどれだけだせるかを表したもので、水温+25℃のお湯を1分間に24リットル出せれば、24号となります。号数が大きいほど、一度に大量のお湯を使うことができます。
家族の人数や使用頻度を確認しましょう。一般的には、一人暮らしの方は16号の給湯器がおすすめです。年間を通してシャワーを問題なく使用することができます。しかし、16号では2ヵ所での同時使用はできませんので注意が必要です。夫婦で住んでいるなど、複数の場所でお湯を同時に使うなら、シャワーと給湯が同時に可能な20号がおすすめです。一人がシャワーを使いながら、キッチンでもお湯を使うことができます。家族が4~5名おり、お湯を複数の箇所で、同時に使いたいという人は、24号がおすすめです。
ご自宅で設置するのに最適な号数を選ぶためには、家族の人数だけでなく、どれくらいお湯を使うことになりそうかを考えることが大切です。

 

16号 1~2人のご家族 年間を通してシャワーが使用可能、1か所での使用
20号 2~3人のご家族 シャワーと給湯を同時使用可能、2~3か所での同時使用が可能
24号 4~5人のご家族 冬場でもシャワーと給湯を同時使用可能、複数箇所での同時使用が可能

 

お風呂の機能

オート(シンプルオート)
「オートタイプ」は、スイッチ一つで設定の温度・湯量通り自動でお湯はりを行ってくれます。
また、自動機能をONにしておくことで保温を行い、湯温が低下すると自動追い炊きを行ってくれます。
機能が限定されている分、「フルオートタイプ」に比べ費用を約1万円程抑えることが可能です。

フルオート
「フルオートタイプ」も、スイッチ一つで、設定の温度・湯量通りに、自動でお湯はりを行ってくれます。
また、自動機能をONにしておくことで保温を行い、湯温が低下すると自動追い炊きを行ってくれます。
ここまでは「オートタイプ」と同じですが、フルオートタイプ特有の機能のひとつに自動たし湯機能があります。浴槽のお湯を使用して湯量が少なくなると、自動的に「たし湯」を行います。
もうひとつの大きな違いに、追い炊き配管の自動洗浄機能があります。フルオートタイプなら浴槽の栓を抜いた時に、追い炊き配管を約5Lのお湯で自動洗浄してくれます。汚れやせっけん、入浴剤などヌメリの原因が残りにくく、いつも清潔なお風呂を保ってくれます。
お風呂をより快適に便利に利用したい方はフルオート、できるだけ本体価格を抑えたい方はオートがおすすめです。

一般型か省エネ型(エコジョーズ)か

給湯器には、従来からの標準的な「一般型(非エコジョーズ)給湯器と、少ないガス量で効率よくお湯を沸かす”エコジョーズ給湯器”があります。

一般タイプ:従来からある標準的な給湯器です。エコジョーズに比べて価格が安い。

省エネタイプ(エコジョーズ:湯を沸かす時の熱を再利用するため、ガス使用量が抑えることができ、CO2排出量も少ないので環境に優しい。ドレン排水工事が必要。

ガス代の節約もでき環境に優しいことから、省エネタイプ(エコジョーズ)を選ぶ方が増えています。
ご家族の多い方やお湯の使用頻度が多い方には省エネタイプ(エコジョーズ)がおすすめです。
しかし、お住いの人数が1~2人の方で、必要最低限のお湯しか使用しない場合は、本体価格が安く工事費などが必要ない一般型の方が安く済むこともあります。


いかがでしたか?交換の際は基本的には今使っているものと同等のものをおすすめしますが、ライフスタイルの変化や機能の追加など一度見直してみてもいいですね。一般的に給湯能力や機能が高いタイプほど価格は高めですが、給湯器は快適な毎日に大きく関わる大切な設備機器ですので予算やライフスタイル、使用するお湯の量や使い方などトータルに考えて選んでみて下さい。また選ぶ際には、取り入れたい機能や性能など優先順位も考えて、現在だけでなく、数年後の将来の生活パターンを予測しておくことも必要です。
リフォームコールセンターでは多数の給湯器を取り扱っています。撮った写真を送っていただくだけで簡単スピーディーにお見積りを出させて頂いております。ぜひご利用下さい。