エコキュートの水圧は弱いの?

 

オール電化にするご家庭が増えるとともにエコキュートの普及率も格段に上がってきました。ガス給湯器からエコキュートに変えたお客様の中には水圧が弱く感じられるという声がありますが本当でしょうか?結論から申し上げれば、ガス給湯器からエコキュートにするとお風呂シャワーの水圧が弱くなるのは事実です。理由としてはエコキュートが1日に使用するお湯をまとめて作り、貯湯タンクに貯めおきをする貯湯式の給湯器だからです。ガス給湯器は水道直圧方式と呼ばれるように、お湯が必要になったときにお湯を作りますので水道水の水圧のままでお湯を供給することが出来ます。一般的な水道の水圧が500Kpaぐらいですが、貯湯タンクにお湯を貯める場合には水圧を保てないため減圧弁で減圧させてから貯湯タンクに溜める必要があります。ほとんどのエコキュートでは貯湯タンクに溜める場合の水圧は180kapまで減圧されるため、その差が水圧が弱いと感じる原因になっています。エコキュートを使用されていないお客様が聞くと、なんだが不安になるかもしれませんね。しかしながら、実際に使用しているお客様からは“ガス給湯器に比べれば水圧は弱いが通常のお風呂やシャワーで不便に感じることがなく使える” との感想が多数です。それでも水圧に不安があるようでしたら、各メーカーから「高圧給湯タイプ」のエコキュートが発売されております。こちらの商品はタンクの水圧を300kpaぐらいまで高くできますので、シャワーの水圧に不安がある方や水圧を保ちたい方にお勧めの商品になっています。また、2階浴室の場合には水圧の弱さが問題となるため、対策として高圧給湯タイプにすることをお勧めします。

リフォームコールセンターで販売している「高圧給湯タイプ」の一部がこちらになります。

※460Lのフルオートタイプで抜粋

 

 

 

 

 

 

また、既にエコキュートを導入していてシャワーの水圧に不満がある場合には以下の対策を試してみてください。

エコキュートの設定温度を上げてみる

通常のエコキュートは40℃前後の設定温度で使用する方が多いのですが、この使い方だとエコキュートからの給湯でシャワーを使うことになります。もし、エコキュートの設定温度を高くして使用すれば、シャワーからお湯を出す時に混合カランで水道水を混ぜて設定温度のお湯を作るため、水圧が上がる可能性があります。注意すべき点は、設定温度を高くしておくと“お湯”のみを出したときに高温のお湯が出てしまうため危険です。

低圧用シャワーヘッドに交換する

シャワーヘッドから出る水の量を調整できる『低水圧用シャワーヘッド』を試してみる。低水圧用シャワーヘッドはヘッドの大きさ自体を小さくしたり、穴の数を少なくしたりすることで水の出る量を抑えて水圧を高めることができます。

 

二箇所で同時に使用しない

蛇口(台所)とシャワー(浴室)など、2ヶ所同時に出湯すると水圧が弱くなるので同時使用を避ける。

 

今回はエコキュートの水圧について調べてみました。最新のエコキュートは進歩が進み、十分な水圧でお湯を出すことができますが、水圧の感じ方には人それぞれな部分もあります。ガス給湯器のように勢いがある水圧を求めるならば「高圧給湯タイプ」にしておく方が安心かもしれませんね。