やっぱり選ばれるIHの使いやすさと安全性

新築やリフォームをきっかけに、IHクッキングヒーターを導入するご家庭がますます増えています。 安全性をはじめ多彩な機能も充実し、多くの方から高い評価をいただいています。

毎日使うキッチンは、「食」を通して家族の健康と笑顔を生みだす大切な場所。 IHクッキングヒーターにすれば、安全性・機能性はもちろん、対面式やアイランド型といった家族とコミュニケーションしながら調理するオープンなスタイルも実現できます。

料理を楽しく、家族を元気に。IHクッキングヒーターは、暮らしをより良く変える調理器です♪

高い熱効率で省エネ

IHとは電磁誘導加熱(Induction Heating)、つまり電磁調理器を意味しています。 電流を流した「コイル」から発生する「磁力線」が、ヒーター面(トッププレート)に密着

した鍋を通る際に「うず電流」となり、鍋そのものを発熱させるしくみです。

鍋自体が発熱するため、まわりの空気を熱するといったロスが少なく約90%という高い熱効率が実現できます。 火力調整も200Vの高火力からとろ火まで、さまざまな料理に合わせて自由自在、操作も簡単です。

また、火災の心配が少なく安心・安全、キッチンの空気や壁などをクリーンで清潔に保てるなど、火を使わないIHクッキングヒーターならではの嬉しいメリットも豊富です。

IHのお鍋選び

「鍋底の形状」・「大きさ」と「材質」がポイントです

IHクッキングヒーターは磁力を利用して鍋そのものを直接発熱させるしくみなので、鍋の材質がポイントになります。 また、ヒーター面に鍋底がしっかり接するかどうかも重要です。(アルミや銅なども使用できるオールメタル対応のIHクッキングヒーターもあります。)

 

電磁誘導で鍋底自体を温めているIHクッキングヒーターは火を使うことが無いので、 袖からのもらい火や、消し忘れによる発火、燃え移りの危険性がとっても低いです。 そのためお子様や、お年寄りの方でも安心して調理をすることが出来ます。
ただし、調理後の天板と鍋底は高温になっていますので、やけどには十分に注意する必要があります。
また天板の空きスペースに物を置いたり、食材をこぼしてしまっても引火することが無いので スペースを有効活用して調理をすることが出来ます。

使いたいシーンに合わせてボタン一つでラクラク火力調整

IHの火力は低いと思われがちですがそんなことはありません。 ガスコンロではつまみなどで直感的な火力調整をしますが、 IHはデジタル目盛のためボタン一つで調整可能です。
大火力を瞬時に設定できるため実はガスコンロよりも早く加熱することが出来ます。
また、熱した油に食材を投入して下がった温度もすぐに戻して設定温度をキープします。
そのため揚げ物はもちろん、スパゲティなどお湯を大量に使う料理はIHの得意分野と言えるでしょう。
他にも一番火力の弱い保温モードを使えば鍋に焦げ付かせずにチョコレートやバターを素早く溶かしたり、食事中、スープやおかずを焦がすことなくずっと温かい状態に保ってくれます。

システムキッチンを変えるような大掛かりなリフォームじゃなくても、 コンロを入れ替えるだけでキッチンの快適さは大きく変化します。この機会にぜひ、IHをお考え下さい☆