お湯張りで故障かな?と思ったら

「お湯張りが途中で止まる!」という症状で考えられる原因と処置方法

よくある修理依頼の内容の中に「お湯張りが途中で止まる」というものがあります。
今回は、どのような不具合が考えられるのかについてまとめました。
check1

設定している湯量が張れない
フルオートタイプや、オートタイプを使用、停電がなかったか?

使用している給湯器がフルオートタイプ・オートタイプの場合、浴槽にお湯が入っている状態で停電やブレーカーが落ちてしまうと、お湯張りをする湯量設定が狂ってしまうことがあります。
フルオートや、オートタイプの機械には、浴槽にどれだけのお湯が入っているのかを記憶している部品があるのですが、浴槽にお湯が入っている状態で給湯器本体の電源が落ちてしまうと、給湯器の設定はリセットされてしまい、実際には浴槽にお湯が入っているという誤差が生じてしまうことがあります。
もしこれが原因なのであれば、湯量リセットという作業をすることで改善する可能性があります。

湯量リセットは、メーカーや機種によって操作方法が異なるので、詳しくは取扱説明書をご覧ください。「故障かな?と思ったら」の欄に記載があるのではないかと思いますので、修理依頼をする前に確認してみてください。

check2

自動湯張りでお湯がたまらない
浴槽の循環アダプターにゴミ詰まりしていないか確認

お風呂の浴槽の中に取付られている循環アダプター。循環フィルターとも呼ばれています。この循環アダプターにゴミ詰まりしていないかを確認してください。
ゴミ詰まりしていたりすると、給湯器で温められたお湯が浴槽に入る前にフィルターによって邪魔されてしまい、給湯器で温めたお湯がそのまま給湯器に戻ってしまう現象がおこります。
すると給湯器側では「設定温度に温めたお湯がそのまま戻ってきた=お風呂が沸いた」という認識され、お風呂が沸いていなににも関わらず「おふろが沸きました」とアナウンスが流れてしまいます。

循環アダプターのお手入れ・清掃方法について参考にしてください。

1、フィルターを左に回して外します(機種によっては、取り外し方が異なる場合があります)。

2、ついたゴミをブラシなどで取り除いて洗い流します。

3、フィルターを元通りの位置に取りつけます。